読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

本気でキレたモデーアの教え方と、その犠牲となる両親の涙

ネットワークビジネス・宗教の勧誘
f:id:dashchan8318:20170423192439j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

今回の内容には本当に怒りを感じつつも、むなしく感じてしまう事件でした。

 

ことの発端は、偶然ネットワークビジネスに関するお問い合わせが来たこと。

名前、場所等はその方々の名誉のためにも伏せますが、

お問い合わせ内容は、「モデーアの商品を買うために借金を繰り返す息子を脱退させたい」と言う案件。

 

ぼく自身、この案件には本気で取り組ませていただきましたが、

ただただ強い怒りを感じていました。

5年間モデーアを続けてきた人は初めてお会いしたのですが、その息子さん、周りを巻き込んでさえ「俺は行けるんだから信じて!」と語り続け、身内を不幸に落とし込むことでさえ「必要な行為だから当たり前」と本当に信じていたんですよね。

その詳細はこれから語るとして。

 

そんな事件で一番やるせなくなったのは、

その息子さんのご両親の涙を見た時でした。

続きを読む

「相乗りタクシー」から見た信頼の重要性と「安さ」の本質

オピニオン
f:id:dashchan8318:20170422144719j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

ただ安いだけが商売では無いと、このニュースを見て思いました。

headlines.yahoo.co.jp

この記事単体で見ると、相乗りタクシーは、

  • 方向が同じなら値段が折半できる
  • タクシー利用者が増える
  • スマホとの連動で利用者を探せる

と言うメリットがあるように聞こえます。

しかし、「安さ」だけが商売では無いと、ぼくは感じたんですよね。

「自宅を他人に知られたくない」と言う意見もあるようですが、そこには信頼の重要性が絡んでくるんです。

続きを読む

なんだろう。最近すごく(男に)ビンタされると嬉しい

ネタ
f:id:dashchan8318:20170422134106j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

最近、自覚はしてますすが、いじられることが多くなりました。

そんないじられる、という行為もエスカレートすれば、ビンタにまで至るようになり。

そんな愛のムチを、心のどこかで喜んでいるぼくの雑記記事です。

続きを読む

ネットワークビジネスの成功者に操られて5ヶ月で133万円(親の金を)使った話【マルチに騙されて】

ネットワークビジネス・宗教の勧誘
f:id:dashchan8318:20170420222442j:plain

どうも、ゲス(@dashchan8318)です。

普段はだちまえを名乗っておりますが、今回の記事ばかりはゲスでございます。

最近、いろんなブログの「ぼくはこうして騙されました!」と言う記事を読んでいて、

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
ゲス

まだ喋ってないなー

と思ったことがあったので、マルチでの出来事をちょっと面白おかしく書くことにしました。危険性であることに変わりはないのですが。

 

恐らく、2016年12月以降にモデーア(正確にはそのグループのひとつの「ワンダーランド」)からビジネスを紹介された方の多くは、検索よりわたくしのこんな全暴露記事をご覧になられた方が多いでしょう。

記事のとおり、わたくしモデーア改めワンダーランドの敵でございます。

正直、100人に1人だけが成功し、それ以外の人は10年経っても「必ず成功するから!」と、サラリーマンを続けさせられるという残酷な世界に騙されるのだけはやめた方がいい。

実際、今回改めて計算してみましたが、たった5ヶ月で133万円も使わされた経緯があるくらいですし。

 

しかし実のところ、その133万円の大半、親の貯金だったりしたんですよね。

しかも、それ以外にもネットワークビジネスのゲスさが相まって、金銭的にとんでもないことを繰り返すことに。

そんなお金をべらぼうに使って過ごしたぼくのゲスな5ヶ月を、改めて見直してみました。

続きを読む

友達500人増やす中でfacebook「いいね!」が役立つ訳

オピニオン
f:id:dashchan8318:20170419214352j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です!

最近Facebookの友達を500人ほど増やしたのですが、増やし過ぎてアカウント停止一歩手前まで来てしまいました。

幸い、その一歩手前と言うことで今日もFacebookを便利に使えているわけですが。

そんな中で感じた、「いいね」ボタンの利便性。

 

単純にその投稿が「いいね!」と思ったら押せる便利なボタンですが、

そんなボタンも、いろんな所に効果を出してくれるものなのです。

 

今回は、そうやって感じた「いいね!」の利便性を、お伝えできればと思います。

続きを読む

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。