まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

5/13 「保険」に対する疑問

記事を書いた人:Dachimae あとで読む

どうもです(^-^)v

だちまえです♪
本日は日記で御座います☆
 
たまたまですが、今日会社に保険のオバチャン(俗に言う)が来て、せっせとお仕事されて帰ってましたが、
社会人になって当初は「皆入ってるし入った方が良いんだろうなー」と思ってばかりいて、特に思慮せず毎月1万も払うようになってました(^-^;

 

そんな語り口調でスタートする訳ですが、
なぜこんな言い方をするか。
それにはこんなことに気付いてしまったためです。
 
問:今まで3年間保険に使った額を急遽回収せねばならないとなったとき、解約金は幾らになるか。

回:支払金約360,000円に対して解約金約220,000円(とある保険会社の場合)


f:id:dashchan8318:20160513230132j:image
(金額見てこんな感じでした(^-^)v)
 
そうやって、140,000円の差が三年間で発生しているのです。
かと言って、保険以外に災害時の金銭的サポートをしてくれる物を僕も思い付くわけではありませんが(^-^;
 
ただ、そもそもの話、「皆保険に入っているのだな」となったとき、「何故皆保険に入りたがるのだろう?」と今の僕は思います。
 
「万が一があるから」。CMでお馴染みのフレーズです。
その万が一はいつ発生するのだろう?と言うところから入ると、そういったCMも「かつてガンや怪我をした方々が保険に入る重要性を語る内容」になっています。
 
で、入ってなければ何が起きるか。
「医療費が高くなる」。
「一部サポートが受けられなくなる」。
良く聞きます。
 
でも、「CMに出た人は何とかなっているからこそテレビに出ているのでは?」と思ってしまうのです( ´゚д゚)
それに世の中サプリや医療ブームも盛んになってきました。「老後を安泰して生きられるように」と言う考えもあれば、「老後も元気に生きられるようにサプリ等で体を補強する」と言う考えがあっても良いのではないでしょうか?
(僕はどちらかと言われると後者側です)
 
そう思うと、「人伝に広がったことがいつの間にか「当たり前だ」と思うような状態になっていった」のではないかと考えられます。
「当たり前」から事業が広がるケースはかなりありますが、「当たり前こそが当たり前だ」と怒っている人を見ると、少し「ちょっとちょっと」となりかねないですね(^-^;
 
そういう考えを踏まえ、個人的には現在、年金保険も老養保険も入っていますが、多分両方とも「必要最低限の額に減らそうと」思います。
 
どうせ死ぬのが一瞬なら、その分金銭を自分のこの先の人生のために投資していきたいから。
それだけです♪
 
それに後日増額しようと思えば出来なくはないでしょうし(^-^;
 
散々言いましたが、僕自身は保険について訓しい訳ではないですし、保険に入っていればサポートを受けられることも事実です。
ただ僕の知る限り、日本国内には、「金銭のやり取りだけで成立している事業」があります。
 
「保険」と「年金」です。
 
さて、大昔にネズミがチューチュー騒いだような大惨事も、「金銭だけ渡して何も貰えなかったから騒いでいた」ような・・・( ´゚д゚)
 
皆様は是非、「今の自分のすべきこと」と「老後のサポートになること」の比較をよく考えてみてください(ФωФ)
 

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。