マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

5/19(木) キレる人は自分のワガママを言っているだけ?

記事を書いた人:だちまえ あとで読む

どうも、だちまえです(^-^)v

最近外出するケースも増えてきて、それに伴って人の会話を立ち聞きすることも増えてきました(((・・)
 
話す内容は人それぞれで、楽しそうな会話、難しそうな会話と、十人十色と言いますか。そんな話を聞いて「自分だったらどうするだろうな」と考察するのも色々楽しいもので☆
そんな聞いた話の中に、「何故そこまで感情的になる必要があるのだろう?」と思う話題を今回はピックアップしてみました♪
 
今回のテーマはこちら( ゚д゚)ノ
 

・「あんなにしてやったのに」と怒る人はワガママなだけではないか?

 

今回あったケース

 

たまに二、三人の会話でこんな話を聞きます。
 
A「Cの話だけどさ、俺が言ってやったのに何にも出来てないんだよ」
B「仕方ないよ。Cはいつも言われてるの見るけど、変わってないもの」
 
と、AさんとBさんが、同僚のCさんの仕事の出来具合に文句を言う話です。
実際自分が勤めている会社でも、似たような愚痴は多いです。「社長が給料を上げてくれない」、「あの課長は仕事をしない」、等が良い例でしょうか?
 
ただ、それらの話には共通点があるのです( ̄^ ̄)
 
「自分の話はしても、相手の立場、考えには触れないよね」、と。
 
僕からしたら、自分の思い通りにいかない相手に「分かって欲しい」と怒ってしまうことは、子供がワガママを言っているのとどう違うのだろうと感じてしまいます( ;∀;)
 
先に言うと、僕はアドラー心理学が好きで、この話もそこで知った内容に沿って話を進めようと思います。
 
このケースで、外側の人間だから思ってしまうのは、
 
Aさんは自分の優位性に同情してもらいたいのと、
Bさん周囲の意見に沿って「そうだね」と答えただけです。
 
Cさんに勤務態度を変えてほしいと望むなら、「別の対応案はないだろうか」と議題に出しても良いのではないでしょうか?
 
また、少し話が脱線すると、Aさんの「言ってやっている」と言う考えも非常に不味く思えます。
と言うのも、下記の理由(可能性)があるからです。
 
  1. 「言ってやった」分が必ず返ってくると思っている。
  2. 人に「怒って聞かす」ことが最善の教育だと考えている。
何故これらが不味いか。
1については、自分の正当性を訴えたい気持ちがあれば、相手にも「自分にも正当性がある」と、反発する気持ちを持ってしまうからです( 。゚Д゚。)
(この反発心は誰もが持ち合わせています)
気に入らない相手に「こうしろよ」と言われても、僕だったら不機嫌になりますが、そう言った心の捉え方があると考えます( `_ゝ´)
 
2については、上記1に重複しますが、方向性が合っていないのに、自分の知らない理屈や考えを最初から受け入れられる人が居るでしょうか?
 
詰まるところ、何の理屈も提案もなく、「分かってほしい」と訴えるのは、ワガママではないかと感じてしまいます( ;∀;)
ワガママをワガママで無くすには、「自分の考え」と「提案」が大事なように思えます(^-^;
 

・対処案(相手に大事なことを伝えたい場合)

これはあくまで僕だったらこうするかな、と言う案ですが、相手を反発させずに話すには、今のところこの方法に落ち着いています。
 
その方法とは「君はどう考えてる?」と相手の考えを確認した上で、それに沿って「僕だったらこうするかな?」と遠回しに注意することです。
 
と言うのも、相手(この場合はCさん)には相手の考え方があります。方向性(仕事に集中したいのか、遊んでいたいのか)等の問題もあります
その考え方を確認しないと、「相手が何故そうするのか」が見えてこず、どうアドバイスしたら良いか見えてこないのです☆
 
また、その考え方に沿って話をしないと、僕の経験上、ほぼ反発されます。僕だったら少なくとも、話を聞いてくれる人のことを信頼するかなと思います(^-^)v
 
その上で話が合えば良し、合わなくても、その人の愚痴を決して言わずに見守るようにしましょう(^-^;
相手の方向性が合わないのに注意してと「お節介」となり、返って反発されやすくなります( ;∀;)
 
・まとめ( ´・ω⊂ヽ゛
長らく書きましたが、
例え相手が気に入らなくても、まず相手に耳を傾け、相手の求める内容に沿って、話をすべきではないかと僕は思います♪
そうすれば、相手との関わり方も次第に見えてくると思うからです(*≧∇≦)ノ
 
以上!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。