マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

6/6(月) 「目的」が無いと危険!?アプリ等で遊ぶときの自分の「ボーダーライン」(*_*)

記事を書いた人:だちまえ あとで読む


f:id:dashchan8318:20160606193152j:image

どうも、だちまえです(^-^)v
先月の「大量消費」の決済から早2週間。ようやく金銭的な問題も解決しそうになってきました(^-^;
(詳しくはこちら)
 
ブログのお掛けで最近は、「この記事の書くために(ゲーム等を)プレイしよう」と思いつつも、金銭的な面も考慮しながら生活していく術を身に付けられたと思います(^-^)v
いわゆる、「目的意識」でしょうか?
 
記事作成に必要な体験をして、残りはスマホと向き合って文章考えよう!(@_@)
この頃はそうやって時間や金銭と向き合いつつ生活するようになり、自分の中での欲求に対する基準、言わば「ボーダーライン」が明確になってきました♪
 
自分で言うのも何ですが、「ようやく無駄遣いが減るかも」と、胸を撫で下ろしている次第です☆
 
それはそうと、今のようにボーダーラインを明確に出来ていなかったニ、三ヶ月前はと言えば、自分で考えてもアプリのガチャやパチスロに対する認識、特に金銭管理が凄く甘かった気がします( ω-、)
 
たまたま最近思ったことではありましたが、せっかくなのでその辺りを記事にまとめてみました(^-^)v

・目的を持つことの重要性 

 

例えば僕の例で行くと、大学生の頃の話です。
ガチャを初めて知った僕は、「ガチャってお金さえあれば何回でも回せるんだ」と考え、個人で貯めていたお金をそれなりに使っていました。
そんな認識で社会人になってからもガチャを回していたため、「ガチャの終わり=最高のカードを引けたとき」と言う認識が心のどこかにありました( ゚A゚ )
 
そんなこともあり、引いては外し、引いては外し。ただ一回の当たりを引く時の幸せを夢見て、心を削る生活を現在までしていたのです( ω-、)
 

f:id:dashchan8318:20160606192559j:image
 
とは言え、自分が楽しんでいるアプリゲーム等のドロップ率、金額を設定するのは制作者側。
 
そのゲームが面白くて金銭を使った以上、それは誰に誘導されたわけではなく「自分の意思で支払って」ガチャを回した訳です(^-^;
(誘導したらしたでルール上、制作者側に責任が生じますが)
 
ここで、一旦話を戻します( ゚д゚)ノ
ボーダーラインが必要だと考えたのは、「目的(ゴール)が無いなら幾らでもお金使うよね」、と言うところにあります。
 
ガチャって引いてるとき楽しいと思います♪
(自分自身そうです)
そんな楽しみも「いつか来る幸せのために引いている」場合が多いと思いますが、その幸せの確率、どこかに必ず明記されていませんか?
その具体性の無い夢を夢見る心が、お金の大量消費に繋がってしまうのだと僕は思います(;´゚д゚)ゞ
 
正直、自己満足のためだけに同じことを繰り返すのは、自分にとっても無意味だと最近ようやく気付きました(^-^;
 
では、意味のある行為とは何なのか。
自分なりに簡単にまとめると。
 
例えば、特定金額以内にレアカードが出るかをブログや動画にアップするのは、自分の体験を語る意味で意味のあることだと思います。
また、「本当にレアカード出るのかな?」等の確認のため、明確な区切りを付けた上で遊びに挑む分にはまだ良いと思います。
 
そうやって、自分のやりたいこと、試したいことをきちんと考えた上でやっているのであれば、意味のある経験をしているのではないかと。
そう言う目的意識を持っていて良いんじゃないかなと思います☆
 
ただ、自慢したい、幸せになりたい等でガチャやパチスロを回した時点で向かう先は底無し沼。
 
先の大学生の頃の話にせよ、「あ、新しいガチャが始まったから引こう。良いカード出ると良いな」と引いてみて。
良いカードが出なかったからまた引こう、と。
 
僕は、そう言う生活はもうこりごりかなと。
皆さんも是非注意してみてください。
 
以上!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。