マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

6/15(水) 類は友を呼ぶ?ブログに綴る内容が読者を選ぶ!

記事を書いた人:Dachimae あとで読む

f:id:dashchan8318:20160615072133j:image

どうも、だちまえです(^-^)/
いきなりですが、もし皆様ブログに記事を書くとして、何を書くことを選ぶでしょうか?
 
記事に書く内容を選ぶときに僕がやっているのは、「書きたいなと思ったことを書く」こと。
そうすると、次の記事を書くときのアイデアが生まれたり、そもそも自分で書いてて楽しいので、すらすらと書ける場合が多いんですよね♪
 
そんな内容が今の読者を選び、読んでいただいているのならありがた物です(*- -)(*_ _)ペコリ
 
そんな読者を選ぶのも自分の記事一つ。
 
定期的に読んでくれる読者を集めるか、過剰な反応を示す読者を集めるかは、書き手次第なのです(^-^;
 
今回は、「読者は記事の内容で決まる」ことを綴っていきます♪

 

・読者にも良い人良くない人が居るもの。


f:id:dashchan8318:20160615073302j:image
 
例えば読者の中に「自分が正しい」、「自分の想いを理解して欲しい」と言いまくる方が居たとして(^-^;
そんな方が不満発散のために、誰かのブログに意見ばっかり書き込んでいるとしましょう(*T^T)
 
(実際にあるケースとして、相手が乞食(生活の為の金品を求めること)を行っていることに「働いて稼ごうよ!」と怒ってみたりするケース等です)
 
そんな人が視聴者、もしくはブログの読者の中に居たら、面倒ですよね(^-^;
 
僕は過剰ではない限り、意見に対応できればと思うのですが、ふと疑問に思うのです。
そんな不愉快な読者は一体何処から来たのかと?
 
過去の自分のブログを読んだのかもしれないし、「こんな記事があるよ」と他の方が勧めていた内容を読んで飛んできたのかもしれない。
そう考えると、自分のやってきた結果が特定の人を呼び寄せる訳です(^-^;
 
その反対も同じで、その方にとって良い記事を書けば、定期的に読んでいただいた上で「面白い」と感じて貰える。
そう言った方が集まる場所は、良いブログと言えるのでしょう(^_^)v
 
そう言ったことから、ブログや動画サイトの雰囲気を選ぶのも、読者の層であり、自分の行動だと思うのです♪
 
僕自身、最高なブログを作ることを望んで居ますし、その上では絶対迷惑、不快なことはやってはいけないなと。
だからこそ、健全なユーザーに読んで貰えるよう、自分のベストを毎日尽くしていけたらと思います♪ 
 
ではでは(@^^)/~~~

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。