まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

ブログ日記:注目されたいと思って書いた記事ほど注目されない!?

記事を書いた人:Dachimae あとで読む

f:id:dashchan8318:20160706121942j:image

どうも、だちまえです(^-^)v
誉められた時ほど調子に乗りやすく、「どうにかしないとな」と思うこの頃です(^-^;
 
読者の皆さんにもよくあることだと思いますが、行動に対して誉められたり、「良いね」をSNSで貰うと嬉しい気持ちになると思います。僕だってそうです(^-^)v
そう言った誉め言葉を自分から受け取ろうとし、他人に認めて欲しいと願うことを承認欲求と言い、新しい物事を始めた際の一番の壁になってきます☆
 
認めてほしいから、ブログ等を頑張る。
僕とてその気持ちが無いわけではありませんが、その気持ちを表に出してしまうと、「成果」から一気に遠ざかってしまいます(*T^T)
 
今回は、その辺りをまとめてみました♪

 

○他人に求めるのではなく自分に求めよう!

 

f:id:dashchan8318:20160706123328j:image
 
例えば子供の頃、「誰かが誉めてくれるから」と言う理由で勉強やスポーツに励んだ人も多いと思います。
子供に対する親は親。的確な目的を与えることが、親と言う大人のやるべきことだと僕は思いますが、それはあくまで子供の頃までの話。
 
社会人になった後は、自分から他人に物事を提供するスタンスを取らなければ、誰も新しい目的や生き方など与えてはくれないでしょう(^-^;
 
その寂しさや不安を「承認を求める」と言う形で解消しようとする人の欲求が、「承認欲求」の生まれる理由の一つかなと僕は思います。
 
人にはそれぞれ各々が求める物があり、それが人を人たらしめているのでしょうが。
承認を人に求め始めると、周囲が「めんどくさい」、「くどい」と言う理由から、その人と関わるメリットを感じなくなって距離を置こうとしてしまいます( *゚A゚)
 
ブログで言うところだと、人気になっていない人の記事が日の目に当たることはそうそうありません。それを、「何故人が読まないのだろう」と周囲に答えを求めても、誰も反応しないでしょう(^-^;
このブログの傾向でもそうですが、単発コラムを掲載しても、「興味がないから」と余り読まれないみたいです(*T^T)
むしろ、継続的にやってきた艦これアーケードの記事の方が読まれています。
 
結果的に、「何をやろうにも、注目を集めるような結果を出すには継続性が伴い、そこから周囲は評価を始める」と言えるのかもしれません(^-^)v
 
むしろ、自分がしたいことは自分が一番よく分かっている筈です。その目的を達成するために必要な手段は、自分に問えばこそ明確になる筈です。
だからこそ、他人ではなく自分に必要な手段を自問自答する必要があると僕は思います(^-^)v
 
そこに「他人の承認」など、含まれているでしょうか?
 
これまでに書いた記事の中には、情報提供より話題性を優先して書いた記事も沢山あるので、ある意味「自分もまだ承認を求めている」と言えるのです☆
承認欲求を無くしてこそ、「人に物事を与えられる人」として注目を集め始めるかなと僕は思い、自問自答している次第です♪
 
ではでは(@^^)/~~~

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。