読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

コラム:怒るかどうかはメリットの有る無しで判断してみよう♪

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20160719225817j:image

どうも、だちまえです♪

今回は、どうしても怒りっぽい方向けの記事かもしれません(^-^)v
 
起こること自体、僕は「わがまま」と同じように、自分の気持ちを理解して欲しいからとやってしまう行為だと思います。
 
僕とて不快に思うことは山ほどありますが、怒った後が気まずくなることが分かっているからこそ、本格的に不満を爆発させることはありません。
喧嘩そのものは十中八九相手の不満を買ったり、実は自分に間違いがあったことを見落とす可能性もあるのです(^-^;
 
そう言ったことほど、ルールどうこうで正しい、間違っていると語るより、自分にとってメリットがあるかないかで行動を判断した方が有意義のように思います♪

 

○理由がどうあれ怒る人は嫌われます(^-^;


f:id:dashchan8318:20160719225830j:image
よく有るケースで、「言うことを聞かなかった相手に言って聞かせる」と言うものがあります。
例えば子供に「何で言うことが聞けないの」と自分の価値観で話を進める両親が居ますが、それは実は逆効果で(*T^T)
 
実のところ、なつかれる親ほど子供は倣いたくなるものなんです♪
 
例えば、こんな言葉を選ぶだけで憧れを持たれる場合が多いです(僕はこれをいとこの子供に試していて、結構好かれてます(^-^;)
 
  • 「君はもっと出来る筈だ」
  • 「ここは良かったが、もっとこうする方法もあった筈だ」
  • 「これはいけないと思うが、ここは良くやってくれたと思うよ?」
そう言う言葉を選ぶだけで、子供は自然と進むべき方向に気付いていくものです。
 
そこを感情に任せて怒ってしまうと、返って子供に反感を持たれ、「お父さんとお母さん苦手だな」となってしまいます(*T^T)
 
もし相手が怠けていれば、「いつもの君じゃないな」と言っても良いでしょうが、相手の行動をまずは肯定してから提案を始めないと、相手は耳を傾ける筈もありません。
 
勿論言うまでもなく、理由がどうあれ怒る人ほど相手には嫌われます(*T^T)
 

○人はその後の結果より、目の前の幸福を考えて行動する。


f:id:dashchan8318:20160719225839j:image
仮にメリットがないと分かっていても、何故怒る人はそうするのか。
 
怒ると言う行動そのものは、人が自分のルールに反しているかどうかで判断されるもの。
次に挙げる理由で人はよく怒っているイメージがありますが、これらは正にそれに該当するもので(^-^;
 
  • 相手が組織や自分の思惑に反している、またはそれに沿わなかったから。
  • 自分が行動していて相手が何もしていないから道理に合わないから。
  • 相手の失敗を自分の責任にされることが我慢ならないから。
(ある心理学では、「自分の課題を相手に押し付けている」と言います)
 
僕だってそうでしたが、怒っていたときは基本的に自分の正当性を相手に認めさせて満足しようとしていた訳で。
言い方を変えれば自分の自己満足に相手を付き合わせているに過ぎません( 。゚Д゚。)
 
つまりは、目の前の安心や満足と言う幸福を求めているようなもの。
 
「自分のやっていること自体に正当性があるから怒る」と言うのは、良くも悪くもその通りなのです。
 
大人だって怒られることを嫌い、誉められることを好くもの。
その事実に気付いていれば、例え自分が過去に同じ体験をしていようが、メリットの無いことをしない筈☆
 

○何故「良し悪し」ではなく「メリットデメリット」か。


f:id:dashchan8318:20160719225848j:image
良し悪しではなくメリットデメリットで考えれる方が、後々良い結果に繋がっていくと僕は考えます。
返って良し悪しで考えると、自分の道理に合わないからと毎回怒る人になってしまいます(*T^T)
 
例えば先程挙げた「人が怒る例」で言うなら、それらの状況に立たされた時にフォローを入れられる人ほど後々好感を持たれるものでしょう(^-^)v
そうすることを考える人こそ、自分のメリットを考えていると思います♪
 
実際にこの考えを試すようになってから、僕とてこんなに出来ることが変わりました(*≧∇≦)ノ
 
  • 怒る前に、「自分にも悪い部分があったな」と冷静に考えられるようになった。
  • 後々自分に不利になることが少なくなった。
  • 「何で反発するんだ!」と言う余計な喧嘩を招かなくなった。
  • 友人関係の幅が少しずつ増えている。
最初に挙げた「冷静になれる」と言うのは理由として一番大きいところで、後々怒って後悔することが無くなり、かつ、自分の欠点を見直しやすくなったのです。
 

○まとめ(´ω` )zzZ

 
散々長く書きましたが、冷静に物事を考えるには「良し悪し」ではなく「メリットデメリット」で考える方法が一番でしょう。
そうすることで初めて感情的になる自分からサヨナラできると僕は思います♪
 
ではでは(@^^)/~~~

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。