マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

仕事を辞めたいなら他のことで結果を出そう!

記事を書いた人:だちまえ あとで読む

f:id:dashchan8318:20160725191557j:image
どうも、だちまえです。

最近は、「仕事を辞めたいな」と考えながら、「ブログのための費用を稼ぐ」ために日々生活を続けています。

 

全ては、「自分自身により良い未来を提供する」ため(^-^)v

それ以外に何もありません。

 

今回の記事は、たまたま電車の中で、「大事なときに休暇を取るなんて、仕事より優先することなんてあるはず無いのに!」と、同僚?に不満を持つ人を見かけたときに思い付きました(^-^;

 

社会人1、2年目の僕だったら、仕事以外の道を知らなかったし、教わってこなかったので、同じことを考えたことでしょう。

ですが実のところ、不労所得」と言う言葉があるように、会社勤務以外で収益を生む方法は沢山あるのです。

 

僕の知るだけでも、こんなにも方法が(*´∀`)つ

(あくまで知っているだけで、おすすめする訳ではありませんが)

 

  • 広告、商品宣伝
  • 書籍、商品作成
  • 不動産(土地の収益)
  • 株(株の売買ではなく、株を所持しているから得られる分)

実際にこれらが挙がるのも、これらで結果を出した(収益を得ている)人がいるから。

 

仕事を辞めたいなと言う人ほど、その後の収益に不安を覚え、辞める気持ちを捨てようするかもしれません。

しかし、その「辞めたい」と言うエネルギーを結果に変えられるなら、やってみたいと思いませんか?

 

勿論、今回語ること自体、決して簡単なことではありません。

それでも、「例え難しくても人生を変えていきたい」と言う方に向けて、今回はセカンドオピニオンを提案していければと思います♪

 

 

 

○初めに:目的を持つと色々楽しくなる!


f:id:dashchan8318:20160725191616j:image

何よりまず語りたいのは、人生目的を持てた方が断然面白いと言うこと☆

今回の場合、それが不労所得と言う目的にあたります。

 

僕個人の意見ですが、会社の業務はどこか単調で、「やることをやっていれば給料が出る」といった感じです。

そこに個人の努力が反映されることは余りなく、結局出るのは基本給と残業代で(*T^T)

 

そう言った業務にストレスだけが上乗せされるため、「辞めたい」と思うのではないでしょうか?

 

そこに「仕事に楽しみを見出せ」と言われても、何の誇りや楽しさをもって業務に当たればいいのか僕は分かりませんでした。

反面、このブログそのものは実費で運営していますが、実費だからこそ「結果を出そう」と拘れ、様々な数字が伸びる度に、その楽しさを実感することが出来ますv( ̄Д ̄)v

 

僕個人の意見ですが、やはり褒め言葉が無くとも結果が目に見える様になればこそ、物事は楽しくなっていくのではないかと思います。

そして、今では多少きつくとも「辞めたい」とは少しも思わなくなれました。

 

そう考えると、仕事に楽しさを見出せることを選ぶことは重要と考えられるかもしれません♪

 

〇何故不労所得なのか。

 


f:id:dashchan8318:20160725191633j:image

僕が何故不労所得セカンドオピニオンとして提案するかと言えば、自分が頑張るほど結果が反映されて楽しいからです。

元々僕自身、人間として最悪な上司が上に来たことがあり、そのときに散々苦労したことや、相談する相手が自分の事しか考えていないことを知り、人間不信にすらなったことがあります(^-^;

だからと言うわけではありませんが、少なくともその頃「自分で行動することでしか人生は変えられない」と実感した次第です♪

 

ならばこそ、思いつくのは転職不労所得

 

転職は「同じような環境に行き当たると」となってしまいますし、結局自分の人生は勤め先の会社に握られたままです。

反面、不労所得を得始めれば、少なくとも自分の仕事時間は自分で決められます(^^)v

また、自分の努力が結果として反映されるため、会社で務める以上に収入が得られるわけです。

そこに上限などありません( *゚A゚)

 

僕自身は自分の生活を自分で選べたらなと思い、不労所得の道に生きることを考えました。

 

○僕の考える不労所得と必要な考え方。

 


f:id:dashchan8318:20160725191645j:image

僕は不労所得自体、「相手が動く以上に自分が働くこと」だと思っています☆

この考え自体はネットにある「働かずして収入を得る」と言う意味に反していますが、そこには訳があります。

 

その訳とは分かりやすいもので。

「サボる人に人は見向きもせず、良質な物を提供する人にほど人は集まる」と言うものです。

 

仮に結果を出して「月額分は補えるようになったしサボるか」なんてやってしまうと、同業者の誰かに追い抜かれたり、情報が古くなったりで、しばらくしたら収益が無くなり始めるでしょう。

 

そのため、もし会社以外で利益を挙げようなら、「常に最先端を走る気持ち」が必要かなと僕は思いますo(`^´*)

そのためにも、「相手が動く以上に自分が働く」ことが重要であり、誰にも劣らない、もしくは自分が初めを行く想いを長くキープしていく必要があります。

 

ラクして生きたいなら、仕事に就かず家で時間を過ごす手段もあるでしょう。ですが、そこは「自由になりたい」と「自由にやりたい」の違いです。

仕事から自由になりたいなら、経済的に「仕事をしなくても老後まで生きていける」までは働き続ける必要があります(O゚皿゚O)

 

そのため、安心安定を求める人、及び、我流にプライドをもつ人には、外で収益を上げる方法はおすすめ出来ません。

経験上、そう言った方々ほど気持ちが長続きしないので、むしろ定期的に収入の入る会社勤めの方が良いかもしれません。

 

それを踏まえた上で、読み続けて頂けると幸いです( ゚∀゚)つ

 

不労所得についてはネットより人をあてにすべき。

 


f:id:dashchan8318:20160725191732j:image

ネットの検索エンジンとは、基本的に人が疑問を抱いたからこそ使うものだと僕は思います。

とは言え、その情報は良質なものから批判で内容が終わるものまで様々。結局は、生の声を聞くことが一番になってきます。

 

僕とて最初は「聞かされたことしか知らない会社員」でした。

それを「頑張ろう!」と成れたのは、やはり友人の知り合いから直接説明を受けてからです。

 

全く知らない環境に偏見なく足を踏み入れるには、実際に自分のやりたいことをやっている人に話を聞くのが一番だと思います。

 

ネットと現実ではここまで差があるので、参考にして頂けると幸いです( ゚∀゚)つ

 

・ネットで調べたとき

  • 「一番儲かる」などのうたい文句で、意味の無い広告やセミナーへ誘導されるケースがある。
  • 自分の知りたい情報が無い場合がある。
  • 何も知らないとどの情報を信じれば良いか分からない。

・人に聞いたとき(※)

  • 相手の人柄については実際に会って判断できるので、信頼するかしないかの参考になる。
  • 相手に自分の聞きたいことをピンポイントで聞ける。
  • 自分のやることのイメージを持て、自信が付く。

※勧誘を警戒される場合、SNSで相手を知った上でコンタクトを取る方法をおすすめします。法律上、勧誘側はSNSで連絡を取った後に会った相手を勧誘できません。

(SNSを使えば勧誘側は連絡し放題なため)

 

○周囲の言うことは「普通に生きる人」の意見。

 


f:id:dashchan8318:20160725191722j:image

例えば、もし「不労所得を目指したい」と、社内の誰かに相談した場合、こんな回答が返ってくると思います。

 

  • 不労所得なんて実現できる訳がない。
  • お金無くなるけど大丈夫なの?
  • 今のことを続ければ将来必ず役に立つから、現職にその熱意を注ぎなよ。
  • 今の仕事を放り出すなんてどうかしているよ。
  • 一つのことに専念できないやつが他の分野で成功できるわけがない。
  • 仕事があることが幸せだと何故思わない?

これは実際に僕も体験しており、その時の台詞も混ぜていますが、他の回答もきっとあることでしょう(*T^T)

ですが、これらに共通して言えるのは、「お金にも結果にもならないし、何故頑張ってみてから物を言わないのか」と言うこと。

 

問題なのは、新しい考えを受け入れられない人ほど拒絶的な方向に走り、相手の考えを改めさせようとすることです(^-^;

基本的に結果を出している人は結果を出しています。そういった方ほど都内に集中している傾向にあるので、キチンとした意見を求めるなら、そういった方に聞くべきでしょう。

 

間違っても、そこは信用していても周囲に絶対話をしないように(^-^;

聞く相手はキチンと選ぶことをおすすめします。

 

○人がどう思うかではなく自分がどうしたいか!


f:id:dashchan8318:20160725191753j:image

今回語ったことに左右される人も多いと思いますが、そんな時、一つの言葉を自分に語ってください。

 

「自分はどうしたいのか」と。

 

両親や周囲の視線を気にして生きるも良し。

自分の生きたい方向に生きるもよし。

 

しかし、それぞれに問題点はあります。

 

周囲の視線を気にして何もしない人ほど、それを本当にやっておくべき時期を逃し、得られる収益を逃すことになります。

反面、目的の為に生きれば、周囲の反発は凄まじくなるでしょう。

 

でも、その道を選んだあなたは自分の為に行動を起こした筈v( ̄Д ̄)v

 

答えは自分が知っているはずです。

ならばこそ、目的の為に生きることがカッコいいのではないかと僕は思います!

 

ではでは(@^^)/~~~

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。