まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

四度目の正直ダイエット:続け方のポイント

記事を書いた人:Dachimae あとで読む

どうも、だちまえです♪

最近ワイシャツの首元を閉めると、「あれ?呼吸できる?」と言う時がよくあります(*T^T)

 

冬になると本格的にワイシャツの首は閉めるもの。

それを想像すると、「時間が無いな」と絶望的になった訳で、久しぶりにダイエットを本気でスタートすることに(^^)v

 

数年前まで学生だったかと思えばいつの間にか社会人に。

まだ学生の頃は自由な時間にダイエットを優先出来ましたが、社会人になると時間を見つけることから勝負になってしまう気がします☆

 

僕は学生時代を含めると四度目のダイエットになりますが、今回はこれまでの経験を踏まえて、どのようなダイエットの考え方が理想的かを僕なりに説明できればと思います♪

 

 

 

 

○始めに:ダイエットは「生活に組み込む」もの!

 

f:id:dashchan8318:20160729223219p:plain

まず、これまでの自分のリバウンド体験、及び、ダイエットしようとして失敗した体験を語ります♪

これまで僕は体重が増える度に、「明日からやろう」と思って生活してきましたが、そう思うだけでは上手くいきませんでした。

 

何かある度に「ちょっとくらい良いや」と、食事に走ったり、筋トレや整体トレを疎かにしてしまうのです(*T^T)

例えば。

 

  • 仕事でストレスが溜まったらたっぷり食べる。
  • ひとつ前の食事をガッツリ食べたのに「まぁ良いや」と次もガッツリ。
  • トレーニングの成果が出ないと「本当に成果出るの?」と疑心暗鬼になって結局やらず終い。

 

基本的にダイエットが長続きする人と、痩せた状態をキープ出来る人は、それ相応の食事量と運動を「当たり前」と認識出来ているのだと僕は思います。

 

外から見ていると、太い人と細い人の食べる量を見るだけで差を感じると思いますが、その二人ともが自分の食べた量で「満腹だ」と言う場合が殆どでしょう。

自分の体重を落としたい人ほど、その「当たり前」にメスを入れていく必要があるのです!

( ̄^ ̄)

 

そのためにも、今回のダイエットの説明は「長続きさせるためには」をテーマに語っていきます♪

 

○自分の特徴の理解が長続きのポイント!

 

f:id:dashchan8318:20160729222729j:plain

僕は今回、家の近くのフィットネスジムに足を運ぶことを選びました。と言うのも、僕は「周りの雰囲気に流されるタイプ」だと把握しての判断でした(^^)v

 

 ダラダラするタイプほど施設にお金を使って「結果を出そう!」となるのも良いですし。

 

自分が限りなくストイックなら、「食事は鶏肉、豆腐、野菜、納豆の低カロリー高タンパク製品のみ!」と言うのでも良いでしょう♪

 

住む場所などの環境が整っていない人は、一日1600kcal(男性の場合)を守って、痩せられる環境や方法を探すのも良いかもしれません。

 

とは言え、5、10kg痩せるには一ヶ月以上の時間が掛かります( 。゚Д゚。)

 

生活に組み込める限度以上のことをやろうとすると、すぐに失敗します(*T^T)

そのことを人は「ダイエットに失敗した」と語るのだと僕は思います(^-^;

 

そのため、まずは自分の性格を見極めて、ストイックに自分で出来るか、環境に流される中で持続させるかを判断してみてください♪

その上で、食事を取るか、筋トレを優先するか(本当は両方するのが一番効果的ですが)をキチンと決めて、無理無く生活に組み込める程度にダイエット生活を続けることをおすすめします(^^)v

 

そんなアドバイスが出来る人が僕は身近に居なかったので、そう言った免許を持っている方の集うジムに僕は行くことにした訳です♪

 

基本的にはジム、整体、食事管理などの方法がありますが、まずは自分の試してみたい方法をよく知る人、または場所を訪問し、意見を聞くのが一番だと思います(^^)v

 

○まとめ( ̄q ̄)zzz

大事なことは「やり過ぎに注意」!

「ダイエットがしたい!」と言う気持ちは生まれたばかりの赤ちゃんのようなもので、短期間で痛め付けるとか弱い気持ちはすぐに消えてしまいます(*T^T)

 

僕もジムに早速行ってきましたが、日頃から動かしていない筋肉が悲鳴をいきなりあげました(*T^T)

(危うくジムの中で「ドクター!」と叫びそうになりました)

経験上、そう言ったときほど心が折れてしまうものです(^-^;

 

運動する場合は、下記のことをキチンと守り、まずは生活習慣にダイエットを組み込むことを優先してみると効果が出ると思います♪

 

  1. ストレッチをキチンと行い、始めての方ほど、ジムなどの専門家が居るところで危険の無い運動を行いましょう☆
  2. 運動の負荷は「自分の限界のちょっと上」程度にし、最初はそれを筋トレの場合は2セット程度に抑えましょう(^^)v

 

一週間、二週間と進めば、そのまま流れに乗れるはずです!

ではでは(@^^)/~~~

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。