まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

アドセンスが取得出来ない人に薦めたい3つの個人的ポイント

記事を書いた人:Dachimae あとで読む

f:id:dashchan8318:20160911153731j:plain

だちまえです♪

気付けばGoogleAdsenseを取得してから3ヶ月が経過!

(いわゆる広告サービスのことです)

閲覧数が伸び始めてからは、少しずつ結果が出始めてます♪

 

で、ここらで一旦、取得に苦労したときのポイント・注意点などを書いてみよう☆

 

ちなみにこの記事全体に言えることで、GoogleAdsenseのポイントを公開しているわけではありません。

そのため、あくまで個人的感想や経験を踏まえての話です♪

 

とは言え、自分なりに参考になるようにはまとめていこうと思います(*^^*)

 

 

 

Google Adsenseとは?

f:id:dashchan8318:20160911153810j:plain

Google Adsenseとは、Google先生が運営しているサービスのひとつ。ブログ内にその広告を貼ることで、クリックされると報酬が発生すると言うもの♪

何が便利かって、広告をブログ内に設置したら、読者さんの閲覧内容から適切な広告(クリックされやすいもの)を表示してくれるので、「読者に対応してくれる」広告としてアフィリエイト導入の登竜門となっているくらいです☆

 

Google Adsenseはどの程度稼げるのか?

f:id:dashchan8318:20160911153840j:plain

Google Adsenseは1PVあたり0.2~0.5円ほどの収益!

大きく幅がある理由はあつかう記事のジャンルによって配信される広告の単価が変わってくるから☆

例えば、カード契約を「沢山したい!」なんて思う人はあまりいません。そう言う「見る見られる」によって単価が変わってくると考えればOK♪

 

で、単価の低いジャンルとして、ゲームや雑貨などの「みんなが利用する・見る」もの。

現在の僕のブログの主流はこれに当たります。高単価な記事は契約などを含むものが多いため、記事作成のための実体験ができないんです(^^;

 

そんな高単価なジャンルはこんな感じ。

  •  金融
  • クレジットカード
  • 住宅リフォーム
  • 自動車
  • 保険
  • エステ
  • ダイエット
  • 離婚・浮気

 

ここらはあくまで参考として、アドセンス取得前の方々はまず好きなことをブログに書き続けてみましょう♪

後で語りますが、アドセンス通過の鍵は「コンテンツ量」。ブログを長期間続けてこそ通過しやすくなると思います(*^^*)

 

Google Adsense取得どの程度難しいのか

f:id:dashchan8318:20160911153926j:plain

自分自身かなり取得に苦労しましたが、アドセンス自体かなり便利なだけ、取得条件がかなり難しいです(^^;

だちまえの場合、取得までに500~1,000文字の間の記事を43個、一ヶ月間毎日書き続けてやっと審査通過したほどですから(^^;

 

おまけにドメイン(このブログで言うwww.dashchan8318.linkのlinkの部分)を取得してないと申請すら出来ない困ったちゃんなのです。

ドメイン?何それ!?って感じで当時は「脳内ボーン!」ってなりましたから(((・・;)

 

簡単に記述すると、審査は2段階あります。

 

難しいと言われる審査の手順

審査そのものは一次審査と二次審査で行われ、それを通過すると晴れてアドセンスが表示されるのです♪

 

1、一次審査

自分のドメインを使ってオリジナルアドレスができたら、そのアドレスを教えて「審査お願いします!」という項目。

主にコンピューターによる確認。きちんとドメインをブログに貼り付けられているか、ブログに繋がるかなど、主にシステム上のトラブルを確認する部分です。

 

ドメインの管理は多少苦労しますが、そこを攻略すれば一次審査は毎回通ります。その意味深な言い方のわけは次のステップに訳があります。

 

2、二次審査

一次審査後に「ためしに広告貼って頂戴。貼ったらその瞬間から、空白広告の状態で問題がないか確認するから」と言う部分。

人の目によるブログ審査が始まり、ここでは主に、「アダルト、ギャンブルへの誘導などの不適切なコンテンツがないか」、「ブログの徹底が行き届いているか」などをチェックします。

 

で、主にここで苦労するのは、「不適切なコンテンツ」ではなく「不十分なコンテンツ」

僕も4回くらいコンテンツ不足の連絡が来て、「どうなってんだろ?」ってかなり慌てました(^^;

Google先生の方針が見えないことが、更に不安になってくるんです(((・・;)

 

で、その原因は、単純にコンテンツ量が足りないとGoogle先生が判断しているから(^^;

 

で、そんな状態で1,000文字の記事を43個作って、やっとこさでの「有効化が完了しました!」の通知(^^;

1,000文字の記事を沢山作り続ける。これが一番重要なわけで。

 

ちなみにこの二次審査を通過すれば、コンテンツ量の確保は大体出来ているので、A8やバリューコマースなどのアフィリエイト会社の審査は大体通過できます(*^^*)

その登竜門とも言えるので、頑張って書きまくりましょう!

 

アドセンスが取得出来ない人に薦めたい三つのポイント

f:id:dashchan8318:20160911154022j:plain

ここからが本題。僕も「何でアドセンスが取得できないんだろう!?」と沢山悩みましたが、押さえるポイントが分かっていれば、精神的にもかなり楽になります☆

と言うわけで、さっそく「取得して思って3つのポイント」をご紹介します!

 

1、基本に忠実に!

一般的に、アドセンス取得時は「これらは最低限満たそう!」と言う4ヶ条があります。

  1. 1,000文字以上の記事が5記事以上
  2. パクってない、オリジナルコンテンツを用意している
  3. 画像や動画、外部サイトへのリンクが貼られていない
  4. 独自ドメインを使用している

僕は審査中、フリー画像を沢山使用していましたが、それが原因で43記事も蓄える羽目になったとも考えられます。

余計なトラブルを避け、必要最低限の期間でアドセンス取得を目指すなら、初めからアドセンス取得を視野に入れて記事を作るのも重要かなと思います(^^;

 

一旦通過すれば、そこからは広告、画像、動画、外部リンクの貼り放題!

なので、まずは後々の審査が厄介になるアドセンスの取得を優先しましょう☆

 

2、書き続ける!

審査に通らずに諦める方も多いと思いますが、それではアウト!

僕もブログを始めてから数週間後にアドセンスを知り、その時すでに画像やリンクを貼り付けまくった記事がめちゃくちゃありました(((・・;)

 

でも通過してます。書き続けました。

理由は、一ヶ月連続でアドセンス申請しまくって通過した人が居るって聞いたから(^^;

 

恐らくですが、まともな内容の1,000文字記事を1ヶ月書き続ければ、それまでには通過してると思います♪

なので、根気よく頑張りましょう!

勿論期間を置きながら記事を書いていくのも悪くはないでしょうが、早い内に1,000文字書く習慣と、ネタ探しの習慣を身に付けておくと、後々役に立つと思います♪

 

3、アドセンス広告配置を前提に記事を書く!

これはどちらかと言えばアドバイス。

最近の経験から、歳初期の記事からアドセンス広告の配置位置を気にして書くと、後々起こるトラブルが減らせると思います。

 

例えば、僕のケース。

僕は今でこそ記事上、記事中、記事下の三ヶ所にアドセンス広告を配置していますが、最初はバラバラな位置に配置していました。

で、後々配置を変更し始めると、色々トラブルが(^^;

 

例えば記事中に配置した広告の設定ですが、僕はHTML(プログラムみたいなもの)で、最初の見出しの上に広告が来るように設定していました。

しかし、最初期の記事には見出しがなく、設定で「見出しがない場合は広告を一番下に配置する」設定にしてたので、記事下に配置した広告と広告がダブる羽目に。

アドセンスの違反にあたる「広告の連続配置」になっちゃってた訳です(^^;

 

慌てて見出しを追加し、今は危機を回避していると思いますが、そう言った配置も最初期から検討すると効果的です☆

 

まとめ

f:id:dashchan8318:20160911154107j:plain

最近思うに、1,000文字程度の記事を書くのに、一時間も集中できれば簡単に書けるようになりました♪

なぜそんな話からまとめを始めるかというと、アドセンスを取得するまでの習慣が、今に生きているからです☆

 

アドセンスの取得は中々難しいですが、ここで記事作成の習慣を身に付けておくと、将来的に必ず役立ちます。

そういった習慣を身に付けている内に、アドセンスの通過基準にも達するはずです♪

なので、いくら「不十分なコンテンツ」と言われても頑張りましょう!

 

今回はこんなところで(-_-)/~~~

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。