読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

男性が女性に言われてみたい愛の言葉を5個考えてみた

記事を書いた人:Dachimae あとで読む

f:id:dashchan8318:20161001200125p:plain

※今回は女性向けに時期を書いてみました。

「やっぱり告白は緊張する!」

そこは誰だってそうだと思います。

ですが、人の人生40年。ずっと同じところで踏みとどまるのももったいない!

と言う訳で、「男性が言われてみたい愛の言葉」を4個ほど考えてみました♪

 

 

 

今回は性格別に愛の言葉を考えてみました♪

告白。それは人生の大一番。

イメージするだけでも、初めての経験の場合は特に緊張してしまうものです。

とは言え、長い長い人生、40年も「恋人未満」の付き合いだけで終わらせくない人がここを見ていると思います。

 

と言う訳で、今回は性格別に男性が言われてみたい愛の言葉を考えてみました!

 

・男性の性格がフランク・面白い場合

f:id:dashchan8318:20161001200141p:plain

「じゃあ(私と)結婚しようよ!」

面白い、もしくはフランクな男性は、「年齢差を気にせず相手と関われる」特徴があり、ある意味告白の成功率が一番高いといえるでしょう。

もちろんある程度雰囲気を作る必要はありますが、居酒屋でも若干高めなレストランでも、こういう男性は細かなことを気にせず関わってくれる場合が多いので、告白フローとしてはこんな感じ。

  1. (友人などの)結婚の話を出し、男性が結婚に前向きか後ろ向きか確認する。
  2. 前向きなら「こんな感じの家庭って良いよね」という感じの話を進め、後ろめたいなら「こう言った家庭だったら楽しそうだよね」と言う「楽しい雰囲気」を思い描かせてみる。
  3. 2が終わる時点である程度男性側に結婚生活のイメージを持たせられれば、話をぐわっと切り替え、「じゃあさ、結婚しようよ!」と言ってみる。

もし相手の男性が結婚に元より前向きなら、話を出すだけで成功はしやすいです☆

・男性がインテリ系・インテリぶる人の場合

f:id:dashchan8318:20161001200159p:plain

「私でよければ、結婚してください!」

インテリな男性は良くも悪くも「知識豊富」。よく言えばある程度テンプレに沿えば女性の思惑に感づいてくれ、悪く言えばテンプレ以外のことに馴れていない場合が多いため、「テンプレどおり」に話を進めるのが理想的。

フローとしては、こんな感じ。

  1. 長かれ短かれ、ある程度の期間相手の男性と関わり、相手のことを把握する。
  2. 相手の恋愛像に沿ったデート、生活を取り入れてみる。
  3. 予め「その気がある」ことを常々語り、最終的にレストランなどの整った場で「私でよければ、結婚してください!」と言ってみる。

男性とて、「会いたかった」、「会えなくてさびしかった」と言う言葉に弱いので、そこは常々本心を語っていくのがインテリ系相手のポイントです。

・男性が将来を真剣に考えている場合

f:id:dashchan8318:20161001200220p:plain

「私と結婚して頂けませんか?」

相手が真剣に結婚を考えている。そういう相手に一番やってはいけないのが「不真面目さを示すこと」。

自分が相手の真剣さと釣り合っているかはわかりませんが、結婚を前提に付き合っている時ほど、結婚の話をいつかはすることが分かっているので、結婚の話がしやすい反面、その想いを否定しただけで後々やり辛くなります。

そのため、フローはこちら。

  1. 自分の中で告白までの期間を決め、それまでの間、なるべく相手の男性は「いい面を表に出そう」とするので、関わりの中でそれを受け入れ、相手を否定しない。
  2. 1を続けていれば、相手の弱さも自然と見えてくる。そこでフォローをするように心がけ、「男性を受け入れる姿勢」を見せましょう。そうすれば告白の成功率アップです!
  3. 自分の中での期間が過ぎるころに、相手の男性をちょっと真面目な話をしてみて、そのなかで「私と結婚していただけませんか?」と切り出す。

真面目な相手に「否定」は絶対NGです!

・男性が結婚に奥手な場合

f:id:dashchan8318:20161001200250p:plain

「私は貴方と結婚してるだけで安心だよ?」

結婚に奥手な男性、いると思います。こう言った男性と結婚するのは中々にハードルが高い。なんせ、こう言った男性は「責任感が強すぎて、支えきれる自身のないものを支えたくない」という心境にあると思います。なので、「何で結婚言い出してくれないの?」と相手を追い込むのは完全な逆効果です。

なので、理想は相手に「自分が相手(男性)の負担ではないこと」、「結婚することのメリット」を示すのが一番早いと思います。

と言う訳で、こんなフローを考えてみました♪

  1. 結婚を言い出さない相手を攻めず、追い込まず。デートなどで相手をほめたり、フォローに回ったりと、自分と関わるメリットを相手に抱かせる。
  2. 相手が自分への好意を示している、もしくは気持ちが上向きなときに、さりげなく「私は一緒に生活できてるのが幸せだし、安心だよ?」と言ってみて、その上で結婚の話を切り出してみる。

結婚生活自体、近年は保ち保たれるな関係を持てている夫婦のほうが長続きしているので、プライドや我慢に関係なく、相手が本当に好きなら相手が結婚に前向きになるのを待ちましょう♪

 

まとめ

今回の記事では、すべての男性のケースをまとめ切れているわけではないので、残りのケースも随時更新していければと思います。

話は変わりますが、以前、僕の大学の教授こんなことを言っていました。

 

「就職も結婚も、人が相手を見るのだから一緒だ」と。

 

僕がその言葉を聞いたのは就職活動中でしたが、結局のところ、恋愛も相手が自分を、自分が相手を選んで成立するんだなと思ったくらいです☆

だからこそ、こんなところを守っていれば告白は成功するはずです!

  • 相手の否定はしないこと。
  • ありのままの自分を相手に見せ、相手に良し悪しをきちんと認めてもらうこと。
  • 結婚をしたい雰囲気は出しても、詰め寄らず、雰囲気だけを作っていく。

今回はこんなところで!

 

 

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。