マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

コンパの自己中男がムカついて敢えてマルチのサークルをおすすめした話

記事を書いた人:だちまえ あとで読む

f:id:dashchan8318:20161005215220j:plain

婚活パーティ、通称コンパに行くと、必ずいる「ジコチュー男」。

基本僕は婚活パーティ行くと盛り上げる側になるんだけど、そんなときに限って「俺をフォローしろよ」「俺が主役でお前サポート」と言って色々かんちがいしてくれるムカつく人が居るわけで(^^;

そんなときどうしてるか。僕は、「あの人(マルチの人)のサークル面白いよと思うよ?僕は行かないけど」って流してます(;´д`)

 

 

 

コンパで凄く目立つけどムカつく「自己中男」

f:id:dashchan8318:20161005215308j:plain

コンパは基本、お金が掛かる。

男性にとってそれは切実な話で、都内のパーティで一人8,000円位の費用はほぼほぼ当たり前で。

行き馴れてるとそうでもないけど、女性を必ず連れて帰りたいと切望する男子には重大問題。

だから自分が目立とうとするのも分からなくはないんだけどね。

 

でも、自分のペースどおりに進まないとキレるジコチュー男は今でもムカつくかな(^^;

 

例えばだけど、こんな「ジコチュー男」は必ず居る。

  1. 男女が集団のなかで喋っていて、誰かが和を乱すと「お前しゃべんな!」と言ってくる。
  2. 今さっき聞いた、もしくは見た相手の失敗話を女性との会話のダシにする。
  3. ビジネスの女性に話しかけられているとも知らずに、こちらを和に誘ったときの一言が「俺が誘ってやった」。

 

こう言う「自分だけが美味しい汁を吸おうとする人」って自覚がないからなおさらヤダな~ってなるわけで(^^;

 

自分が上で醜いと思った相手が下。そう言う考えの人って上下関係に繊細で、一度決めた関係をくつがえそうとはしないのがジコチュー君のややこしいところ。

僕は絶対そう言う人と友達になりたくは無いかな(TT)

 

と言うわけで、そんなジコチュー男に僕はこんなイタズラを仕掛けるときがあります(O.O;)

 

ジコチュー男への僕なりのイタズラサービスがこちら

f:id:dashchan8318:20161005215341j:plain

ある婚活パーティで、たまたまとある男子に声を掛けたときの話。

男女がバラバラになって話してるのに、何で男子に声掛けるのって言われたら、こんな理由が無いわけでもなくて(^^;

 

  1. その時知り合った関係が後の合コン、イベントなどに繋がる可能性があるから。
  2. 声を掛ける女性が一時的に居なくなったときの一休みに。

 

で、そうやって僕が声を掛けても楽しく盛り上がれる男性もそりゃ沢山居ますよと。

でも、その時声掛けた人がたまたまジコチュー君だったんだよね(^^;

 

だちまえ「いやー、声掛けるの中々難しいですねー(定番の話題)」

ジコチュー「そうだけど、婚活パーティで何で男子に声掛けるの?」

だちまえ「いやー、そんなつもりもなかったんですけど~」

ジコチュー「じゃあ何?実はゲイだったりするの?キモッ!

 

…うん。言ってることは参加者からすれば正論だ。しかし、君に声を掛けたのは婚活パーティで暇そうにしてたってこともあるんだが( ̄▽ ̄;)

なんかカンジ悪いなってなり、その場を離れてたんだけど。

 

数分後、運悪く再度遭遇。

その時は女性二人と会話してたジコチュー君。

ただ、だちまえのセンサーには女性二人の違和感がよく分かっていた。

 

  1. 大体パーティにワンピ、ドレスなどのスカートで来るであろう女性がパンツ。
  2. ショートカットのビジネスカジュアル。
  3. 大体の勧誘場所である「社会人サークル」でフットサル、バスケ、読書会などをやっている。
  4. ジコチュー君のジコチュートークにノリノリだった。

 

あ、なるほど。この人たちビジネス勧誘の人ねと。

ジコチュー君、女性との会話にウキウキになって、その後の飲みとかの話をしようとしてた訳だ(^^;

とは言え、ジコチュー君にはそんなことは分かっていない。こちらを誘い(ボクは女性の素性確認のためだけに参加)、スゲーこっちをディスって盛り上げてくれる。

 

で、その人たちと別れた後にひとこと言われたのが、「俺が誘ってやったのに何女の子手放しちゃってんの?」

 

これにはだちまえもカチンと。

なので、「サークル誘われたの?」と聞いてみたら「うん」と言うもんなので、

 

だちまえ「行ってみなよ~。超楽しいよ!」

ジコチュー「何その勿体ぶり感。あの子たち(マルチの人)と連絡先交換しなかったの知ったかぶり?」

だちまえ「いやいや、ボクは一回行って超楽しい思いしたから是非行ってみなって!誘われたの君だけなんだからせっかくのチャンスだよ!」

 

と、その後ビジネスの話になるのわかってるのに、ビジネスやってる人たちのサークルをおすすめすると言う(((^_^;)

まあ、「良い経験が出来る」のは嘘じゃないし、大好物の「女性」に誘われたんなら行けば?って話。

 

その後はと言えば、「あいつらマルチだった!」とSNSで連絡来たから「ふーん♪」と思いながらジコチュー君を即刻ブロックするボク。

まあ、残念な気持ちで帰ってくることだけは分かってたから、十分満足です( ̄▽ ̄;)

 

そんな、絶対におすすめしない、ボクなりの意地悪話♪

 

まとめ

  • ジコチュー君は嫌われる。当たり前だけど。
  • パーティは楽しく、全員で盛り上がろう!
  • 怒っても反撃はダメ!ただ、変に正義感を持ってフォローはしなくて良い。

ケンカはダメ、絶対!

 

ではでは!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。