マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

剛力彩芽を思い出すと就活時の絶望的なトラウマが甦る理由

記事を書いた人:だちまえ あとで読む

f:id:dashchan8318:20161023164512j:plain

今回はまあ、あれです。完全なネタです(^^;

ボク、剛力彩芽のことが嫌いではないです。

しかし、昔どうでもイイ地雷を踏んでから、思い出すだけで寒気がするようになったんですよね(TT)

 

 

何故ボクが剛力彩芽がトラウマレベルで苦手になったか

 

f:id:dashchan8318:20161023164555j:plain

そもそもボクも、剛力さんが昔大好きだったんです。

でも、その好きだった剛力さんの名前を「ある場面で使ってしまってから」苦手になってしまったんです。

 

それは大学の就活時のお話。

このころはまだ「彼女作りたい!」とか言う方向に走っては居なかったんですよね(^^;

でも好きな女優は居て、それが剛力彩芽でしたよと。

 

で、行きなり場面が変わるのですが、そこは面接場面。

面接官:「次の方、どうぞー」

ボク:「はい!」

 

f:id:dashchan8318:20161023164737j:plain

 

と言って入り、緊張するところへ。

当時地方に居たボクは、何となく面白そうだなと都内のそこそこ有名な企業へ。

まずは書類選考を通過しているので、そこまで自信がなかったわけではないのですが(^^;

 

とは言え、面接がかなりムズい。

準備不足とは言え、なかなか難しい質問をかなりぶつけてくる。例えばこんな感じ。

  • 自分を色で例えると何色ですか?
  • 当社の製品を使ってどんなものを作ってみたいですか?
  • もしご両親がご病気になられた場合、実家に引き返したいという願望はありますか?

 

これら質問に全滅は全滅です。

で、それらの対処をしようとしたときにこんな質問が。

 

Q、「憧れの人物は居ますか?」

 

先に、この質問への適切な回答を教えましょう。

恐らく、偉人、会社の社長や会長、といった、偉業を成してきた人物名を回答すべきです。

十中八九、理由も用意すべきですが。

 

ですが何を考えたか、ボクはこう答えました。

 

ボク:「剛力彩芽です。最近テレビ出てますし」

面接官:「は、はぁ…そうですか…」

 

f:id:dashchan8318:20161012095948j:plain

 

…うん。超冷めた。

もう一回言うね。超冷めた。

もう、意図を間違えただけでこの世の終わりくらい死にたくなったね(TT)

 

で、その面接はと言えば、もちろん不合格。

その時すでに、上記の質問の意図がよくわかっていたので、「なんでまともに答えなかったんだろう」と超後悔。

そのせいで、いまだに剛力彩芽さんの名前を思い出すだけでトラウマがよみがえる訳で(^^;

 

意図の捉え間違えはなかなか大変なオチに繋がります(TT)

 

えー、大学生の皆さん。上記の勘違いを防ぎたければ、経験あるのみです。

面接で言うと、とにかく企業の大中小を問わずで関わり続けましょう。

でないと、恥ずかしい思いではなかなかに響くものです(^^;

 

あばよ!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。