まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

【経験者が語る】ネットワークビジネス/マルチの辞め方・辞めさせ方まとめ

記事を書いた人:Dachimae あとで読む

f:id:dashchan8318:20161108164208j:plain

知り合いがネットワークビジネスに魅了されてる!阻止したい!

正直「阻止」と言う言葉は好きではないですが、ネットワークビジネス自体乱雑になり始めたので、ちょっといやがらせ半分に記事を書いてみました。

もし友人がネットワークビジネス/マルチに勧誘された、もしくはネットワークビジネスに参加しようか迷っている貴方へ、ちょっとしたアドバイスをお送りします。

※もし具体的な意見やアドバイスを求めの方は、この記事のコメントか、ぼくのツイッターのDMまでコメントをお願いします。都内でネットワークビジネスの対応でお困りの方にも対応しますので、ぜひご連絡ください。

 

 

 

先にネットワークビジネスが成功しないと思う理由、ネットワークビジネスマンの生活を語ってから、辞めさせ方をお伝え出来ればと思います。

 

ネットワークビジネスを2016年以降に頑張ろうとしても成功しない

f:id:dashchan8318:20161108164243p:plain

まず語りたいのは、ネットワークビジネスを現在(2016年以降)にスタートしても結果に繋がりにくいという点です。

その理由は、複数あります。

  • ネットワークビジネスの世間評価が悪く、それを助長するように下手な勧誘をする人が増えている。
  • ネットワークビジネスが日本に来てから約40年。新しくスタートする人が極端に減った。
  • 今スタートしても「後追い」になり、うまみを得るのは先にスタートした人たち。

まとめるなら、ネットワークビジネスの人々は40年かけて収穫しつくされた畑で野菜を探しているような状況です。

2016年現在、日本だけで800万~1000万人もネットワークビジネスの関係者が居て、総人口1億人に対するその均衡は崩れないことでしょう。

そもそもネットワークビジネスはヒト1人に対して1社しか契約できません。(クロスリクルートと言います)

そのため、一部の人たちは、違反と知りながらネットワークビジネスの関係者にビジネス勧誘を始める次第です。

農作物がほとんど取れない畑に作物を期待する人はそうそういないと思いますが、皆さんはどうでしょうか?

 

ネットワークビジネスとその生活とは

f:id:dashchan8318:20161108164313j:plain

そもそもネットワークビジネスとは、「自社商品を人を介して宣伝・購入してもらい、その結果が収益として反映される」お仕事。

この記事を見ている皆様はある程度の認識があると思うので、ここらあたりの説明は省略します。が、実際に始めようか迷っている方に、その生活ぶりを簡単に紹介しようと思います。

 

・金銭事情が厳しい

まずお話ししたいのがコレ。

いろいろあってスタートしようと思って「ビジネス始める!」と覚悟した直後、待っているのは勉強会の前の「道具の準備」。

で、その道具の準備とは「製品の購入」です(;´・ω・)

なんでこの製品を購入しないといけないかと言うと、「そうしないと会社からのリターンが削減され、一部機能が使えなくなる」から。

なんか覚悟した後だと、「やんなきゃいけないのか」となり、会社で異なりますが、安くて30万、高くて100万以上を初期投資としてローンを組むことになります。(払えたならとにかく、大体リボ払いを初めて利用するかなと)

その後、身だしなみやアクセサリーをそろえるのに数万、友人探しのパーティ費、外食費などで数万、その他会社のセミナーで合計1万前後に、「商品買うか新規会員紹介しないと支払わないよ?」と警告が来て商品に何十万支払います。

なので、基本的にネットワークビジネスの方は皆さん外見とは違って金欠で、20万以上の手取りがあるのに、月末の全財産が3,000円しかない方なんてほとんどでしょう( ゚Д゚)

 

ちなみにぼくは足りないお金を両親の口座から合計30万ほど引き落とし、後でゴッツリ怒られました(^^♪

ちなみに会員登録から1年未満なら、使ってない商品の分はクーリングオフできるかもしれないけど、それも会社によります(-_-;)

 

・みんな「ここでなら成功できる!」と信じている

ネットワークビジネスからビジネスを始めようと思った人の多くは「ビジネス初経験」と言うのが共通点としてあります。

それもあって、「知らないことは全部信じよう」と言うスタンスになり、その発言に有名社長やスポーツ選手などの発言を取り入れるだけで、「成功できる!」と信じるまでの説得力を持たせます。

ネットワークビジネスの人と行動したら周囲もそれに合わせて行動するから、それに適応しようとする人間の心理効果もあったりはしますが。

で、そこで言われることと言えば、こんなこと。

 

  • ネットワークビジネスで成功している人もいるのだから、そこで成功しないのは自分の行動不足。
  • 自分のテンションを下げる情報は仕入れないほうが良いので、ネットは見なくていい。
  • まずはネットワークビジネスで成功してからほかの副業に手を出すべき!

 

まとめると、「まず一つの事業で成功しないと次に繋げられないし、ネットワークビジネスに成功することに専念して、それ以外のことは考えなくていい!」と言うこと。

でも、その問題点は「ネットワークビジネスの人とて仕事が楽しいから続けるのに、何も知らない素人にネットワークビジネスに専念するよう言い聞かせていいのか?」と言う話。

人が何に自信を持とうが自由ですが、ここは自分自身で利益を上げる手段を調べるべきだし、勧誘する側もそう言った例を紹介したうえでネットワークビジネスのメリットを紹介すべきではないかなと思います。(とは言え、仕事なのにデメリットとして自分たちの業種以外を紹介する人も居ないでしょうが)

改めて思うと、ちょっと怖いです(;´・ω・)

 

・その他ネットワーカーの一週間の流れ

まず平日の流れはこんな感じです。

  • 月曜~木曜:バーなどで友人作り、もしくは合コン
  • 金曜:パーティなどの人の集まりやすいところで友人作り
  • 土曜~日曜:セミナー(5~7時間)、友人作り

そもそもシラフで友人作りをしようにも深夜まで頑張らないといけないので、寝る時間はあっても5時間。

また、毎日(会社にもよりますが)日記で毎日の活動を報告したり、セミナーの感想を書いたり、コンプライアンス(ルール)を順守している定期メールを出したり。

その他合コンの取り仕切りをしたり、10人位と同時並行でラインしたり、人を勧誘したらその人の毎日をチェックしないといけなかったり。

場合によっては外部セミナー受講のために、仕事を平日に3日連続で休まなくてはいけないかもしれません。

もちろん専念しないと利益は出せませんが、ネットワークビジネスを始めると、病気になろうが骨折しようが、最優先は「ビジネス」です。

なので、かなりハードワークです。

 

こんな方は勧誘されている

f:id:dashchan8318:20161108164410j:plain

もし今自分が勧誘されているか確認する方法は、いくつかあります。

それは下記のとおりです。

  • 「金持ち父さん」、「ユダヤ関連のビジネス本」などの本をすすめられ、今読んでいる。
  • 「自分でお金を稼げるようにならないと将来何があるか分からないよ?」と言う人がよく食事にさそってくる。
  • 友人に「事業家」「師匠」と呼ぶ人物がいる人が身の回りにいる。
  • 「お金に詳しい知り合い」、もしくは「人づきあいのプロ」を紹介されたことがある。
  • キャッシュフローゲーム(ねずみのゲーム)に誘われたことがある。
  • 異常に友人のテンションが高く、キャラが濃すぎる。
  • 女性がジーンズなどのパンツをはき、まじめなビジネスウーマンみたいに関わってくる。
  • 普段よく会う男性の私服が全部スーツだ。

ネットワークビジネスは幸い、セミナーへ紹介者と行く前に「事前告知」と言う、勧誘する側に自分たちの身分と活動内容を告知する義務が課せられているため、最終的には判明します。が、中には強引な勧誘方法をする人がいるかもしれません。

なので、もしお金の重要性を説く友人に食事に誘われたら、カフェや居酒屋など、人がいるお店を選び、店員さんなどに助けを求められる場所以外での食事、会話はしないようにしましょう。

 

マルチに勧誘されてどうしようと思ったあなたへ/勧誘された友人が居るあなたへ

f:id:dashchan8318:20161104201321p:plain

まず先にネットワークビジネスの現状と生活をお伝えしたのは、前置きがないのに話をしてもナンセンスな気がしたんです(;´・ω・)

変な正義感やプライドで人を説得するのは相手を刺激するだけなので、ぼくは現実から伝えることを好みます。

そのうえで、「勧誘されてるんだけどどうしよう」、もしくは「友人が勧誘されそうになってるんだけど」と言う方に向けて、4つのケースに沿った対応をお伝えします。

※相談が必要な場合はこちらで受け付けますので、ぜひこの記事のコメント欄へ要件をお書きください。

 

ビジネス・不労所得の種類を知ってみよう【勧誘されて始めようか考えている方へ】

まず自分に聞いてみましょう。「自分はどの程度ビジネスについて知っているのか」と。

自分の実力でお金を作りたいという考えは、ぼくも「よく思い切った!」と思いますが、残念ながらぼくらは学校でお金に関する教育を受けていません。お金のど素人です。

それを初めから稼ぎ方をネットワークビジネスに限定してしまっていいのでしょうか?

これを読まれている貴方の継続性は分かりませんが、何も知らない以上はまず、いろいろな成功者のセミナーに通ってもいいと思います。

今の世の中、DMMラウンジやFACEBOOKのコミュニティで動画配信、広告収入などに特化したものがたくさんあります。

まずはそれらと関わって、各ビジネスのメリット、デメリットを知るべきだと思います。

 

・参考サイト

biz-shinri.com

 

本当にマルチの仕事を楽しめているかよく考えよう【マルチをやっている・やり方に疑問を持った場合】

ビジネス成功の秘訣は「楽しむこと」。そこからしか継続性は生まれません。

ぼくは元より人づきあいが苦手だったうえ、「自分の知る方向ばかりに話を持っていく行為」に疑問ばかりしか抱けていませんでした。

嫌ならやめよう。それがすべてです。

実際、「成功できる!」と言い聞かされてネットワークビジネスを5年、10年と継続している人もいますが、そういった人はある意味「やめどきを見極められなかった」ヒトでもあります。

自分の貴重な20代、30代をすべて同じ分野に捧げるか、いろいろ挑戦して自分の個性を見つけ、伸ばすかは、あなた次第です。

 

すべきは「阻止」ではなく「アドバイス」【友人がマルチの話を真に受けている場合】

身の回りにマルチに勧誘されている友人が居て、今にも始めようとしている。

もし相手がネットワークビジネスだと知らずにかかわっているなら、そのことを伝えるだけで済みますが、「ネットワークビジネスって楽しそう!」と前知識もなくやる気な人を引き留めるのは苦労します。

それに、おそらくその友人は「周囲は否定するだろうから言わないほうが良い」と言われているので、「本当なんだ」となって逆効果です。

なので、一番効果的なのは、「ネットワークビジネスの現状」を知った上でのアドバイスを伝え、最終的な判断は本人に任せること。

例えばこの記事の内容を伝えてみたり、上の「不労所得の種類」を伝えてみるのも良いでしょう。

 

残念ながら、ネットワークビジネスをやったことがなく、相手の嫌う環境(会社など)のやり方を信じる人の意見はこういった場合信用されません。相手にもプライドがあり、否定で相手を説得するのは逆効果です。

まずは同調し、相手に自分の知る限りの方法をアドバイスすることが一番効果的な手段でしょう。

※もし具体的な対処法を知りたいという方は、ぜひコメントでご連絡ください。

 

友人が困った時のみ手を差し伸べよう【友人がマルチを始めた・続けている場合】

この場合、もうその友人の心のうちは「ネットワークビジネスで頑張る!」と決まっているので、干渉はまず無理です。

そもそも自分の人生は自分で決めるもの。その友人に「自分で判断して、ココが良いんだ!」と言われればそれまででしょう。第一、あなたとその人の立場は全然違うのですから。

 

そういった場合、あなたはあなたとして判断し、余計な正義感やプライドを持たなくて大丈夫です。

そして、本人が精神的に弱り、支えが必要な場合のみ、関わりましょう。

人は、必要な時にこそ必要なことを聞き入れ、信じるものです。

 

会社のルールを破った、会社に既存しないか、と言う反感は、あいての信頼を失うだけなので、「お前のためにやってやった!」は絶対NGです。

 

まとめ

もしネットワークビジネスについて知りたい、対応に困っている、友人をやめさせたいという方は、ぜひこのコメント欄、もしくはぼくのツイッターまでダイレクトメッセージをお願いいたします。

 

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。