マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

ウーマン村本さんの移民問題が超正論でオーストラリアな件

記事を書いた人:Dachimae あとで読む

f:id:dashchan8318:20170118225503j:plain

これからの時代、まねできない個性を持った人だけが生き残れます。

どうも、ぜっさん個性伸ばし中、だちまえです。

たまたまネットを見ていて、こんな記事を見つけました。

村本大輔が移民問題に言及「外国人が来て実力主義でやった方がいい」

 

簡単にいえば、ウーマンラッシュアワーの村本さんが移民問題

「(雇用を)奪われるほうが悪いんじゃない?仕事できないお前が悪いんちゃうか?」(ページより抜粋)

と発言し、移民に国内(この場合日本)の仕事を奪われることを心配する人をぶった切ったと言う記事なのですが。

 

正直、周囲の何百と言う意見以上に、村本さんの言うことの方が適切です。

 

それはなぜか?今回は、実際に移民を受け入れてきたオーストラリアのケースや、日本愛に燃える国民皆様の大きな勘違いを中心に、少しずつウーマン村本さんが言わんとしたことをぼくなりに紐解こうと思います。

 

移民受け入れとその経済効果を客観的に語る

f:id:dashchan8318:20170118225533p:plain

国そのものから見ると、移民を受け入れた方が経済的に成長できるんです。

たとえば、毎年25万人もの移民を受け入れているオーストラリア。ここでは、

  • 技術を持つ移民受入れにより失業率が改善
  • 少子高齢化による人口減少が軽減
  • 住宅や自動車、教育のニーズが増加

移民受け入れを初めてから、これらのメリットに恵まれ始めたそうです。

その効果は絶大で、移民受け入れによる多民族国家をサポートする議員さんも増えているそうです。

 

日本を見ても、

と言う、同様の問題が起こっています。

日本の成長と安心を求めるなら、こう言った「受け入れ」は積極的に行うべきだと見えてくるはず。

 

たとえば大家さんが部屋を貸し出したりしますが、部屋の管理の見返りに家賃を得られるようになります。

これと同じことが個人間や国レベルで起こせるようになり、国が何の考えもなく移民を受け入れるとは言えないわけです。 

 

日本愛の強い方々の根本的な勘違い

f:id:dashchan8318:20170118225600j:plain

アメリカに単語でパトリオット、日本語にして愛国者と言う意味の言葉があります。

こんな言葉があるように、自分が生まれた国に強い愛着を持つ人も少なくはありません。

しかし、日本人の場合、その国を愛する心がどこか違います。

 

たとえば、今回のようなオピニオン記事を書くにあたり、こんな批判があるでしょう。

f:id:dashchan8318:20161223204951j:plain
だちまえ

ぼくは移民受け入れ賛成です♪

技術持つ人が集まれば、国もお金増えますし!

そんなのあり得ねぇよ!日本乗っ取られたら責任取れるのかよ?

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
一般ピーポー
 
f:id:dashchan8318:20161223204951j:plain
だちまえ

そんなのルールや法律の問題でしょ?国だってそこまでバカじゃないし、国が国として生きられるよう、移民の自由と規則についてはきちんと決めると思うよ?

そんなわけねぇよ!大体、おれらの仕事が外国人に取られるんだぞ?

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
一般ピーポー
 
f:id:dashchan8318:20161223204951j:plain
だちまえ

人間一人が空いてる仕事、すべてフォローできるわけ無いですよ。日本でさえ400万と言う会社の数があって、派遣やフリーランスに偏見を持ってなければ席は必ず空いてますって。

日本人が仕事を選べないほど技術に劣ってるって言いたいのか?

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
一般ピーポー
 
f:id:dashchan8318:20161223204951j:plain
だちまえ

ぼくらだって技術的に劣ったりすれば、技術に優れる人、例えそれが移民であっても取られてもしょうがないと分かるはず。

それなのに、なぜ日本の仕事をするのが日本人でないといけないのですか?

そうじゃないといけないからだよ!

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
一般ピーポー
 

移民問題をほぼ知らない人の批判的な意見は、必ずこう言った感情論に行き着きます。

ここに日本人の愛国心の大きな勘違いがあり、日本人の国を愛する心って、国の成長を気にしてる訳じゃなくて、自分達が安心安全でいたいだけのわがままを「愛国心」と言ってるだけなんです( ω-、)

国の成長や自分のサイフの問題って、国が成長すれば給料やボーナスが増えるから長期的には結果出せるし、それをダメって言う人ほど、仕事を貰えなくなることや今月の給料貰えなくなることばかり気にするし。

かと言って技量が足りないことを怒って話そらすし、状況を変えようと何も勉強しない。

 

この国の「自称愛国者」なんて、その程度ですw

本当に愛国者名乗りたいなら、まず莫大なお金稼いで国への結果だそうよって話。

 

2017年以降に重視されるのは「プライド」ではなく「スキル」

f:id:dashchan8318:20170118225630j:plain

上でも若干ふれましたが、会社も雇いたいのは「自分達の環境に合う人」、もしくは「技術力の高い人」。

日本人にこだわらず多国籍で受け入れて、ぱっぱと仕事できるところはそれだけ成長してます。それが俗に言う「グローバル企業」です。

それを「スキル重視」と言います。

 

かえって日本人にばかり愛着を持ち、勝手に外交絶って限られた技術にこだわればこそ、そりゃ一部分のレベルが上がっても、全体でレベルアップしている世界に対抗するだけの技術は身に付きません。

その辺りは「プライド重視」と言うわけです。

 

日本の企業でもそうですが、たとえばトヨタ自動車ソニーを初めとした企業も外国へ飛び、変なことにこだわらずスキルばかりを極めた企業ほど、日本にこだわった会社に比べて一気に成長しました。

「スキル」と「プライド」にはそれだけの差があるわけです。

 

今後生き残れるのは他人に真似できないスキルを持った人

f:id:dashchan8318:20170118225656j:plain

今の時代、プログラムや機械による自動化がすごく進んでいます。

  • 機械加工
  • 自動処理
  • サービスのプログラム化

これらって、大体の人ができることをより簡単にするために、プログラム化や機械への置き換えが始まってる訳です。

ここらも移民問題で人が気にするところにかぶってきますが、誰にでも出来ることは他人や機械に置き換えても問題はないわけです。

人間なんて会社ではたかが歯車。それを機械に置き換えた方が人件費安いし言うこと聞きます。

 

だれにでも出来ることはこれから先、いくらでも機械に置き換えられます。

だからこそ、人と同じことが出来ても重宝されません。ならばこそ、極めるべきスキルは「誰にもできないこと」、もしくは「開拓中の分野」です。

 

たとえば、

  • 娯楽

などの人を満足させるサービスなんて人間の思考をもっとも反映できる分野ですし、

などの分野も開拓中の分野として、まだまだ参入の余地があるとおもいます。

 

これまでのことにこだわったプライドでは、将来性に欠け、10年続いても20年は続かないでしょう。

むしろ、20年30年先まで続く可能性のある分野に掛けた方が、よっぽど効果的です。

 

ウーマン村本さんの意図をぼくなりに解釈してみた

f:id:dashchan8318:20170118225730j:plain

上の話を踏まえて、記事の頭に戻ります。

ウーマン村本さんの「仕事を奪われる方が悪いんじゃない?仕事できない方が悪いんちゃうか?」と言う言葉は、

  • 今後生き残るためには個性をスキルアップするしかなく、言い訳しても何もしないなら移民にポジションを取って変わられても文句は言えない。
  • 誰にも真似できる技術なら、より精度や効率の良い機械や移民の方に仕事を取って変わられる(=仕事が人より出来ない)のも時代の流れ。

と言う風にとることが出来ます。

それがウーマン村本さんの意図かどうかは分かりませんが、少なくともそう言う社会的見解を客観的に見れる人ほど、感情論や私情を優先させた100万以上の意見より圧倒的に世の流れについて見えていると思います。

 

ウーマン村本さんと言えば、

と言ったオピニオンを数多く提示している方です。こう言った個人の見解でありながら、世間と全く違う意見を言える村本さん、実はぼく個人的にかなり好きです。

 

テレビを見る限り、

  • 遅刻
  • 下品な行為
  • 個性的な性格

などて有名なウーマン村本さんですが、この記事で語った「スキル」で言うなら、誰にも真似できない度胸と行動力を兼ね備えていると思うんです。

「何でこんな下品な芸人を応援するんだ!」と、この記事を読んでる方は言うのかもしれません。しかし、アイドルに卑猥な言葉を投げ掛け、世間に批判され、それでもテレビでゲスとして生きていく勇気がありますかって話。

客観的に見るなら、ウーマン村本さんはそう言ったポジションの確立者であり、そう言ったポジションのニーズがあるからこそ、各方面に必要とされているんだと思います。

こう言った価値観も、生存競争の激しいコメディ業界の中でこそ培えた考えだと思います。そんな現代の生き残り方と社会的価値観を知るウーマン村本さんこそ、今後の時代をリードできる人の一人だと思います。

 

今後の社会を生き残るための方法3つ

f:id:dashchan8318:20170115192321j:plain

移民問題はどうしようもなくても、じぶんが時代を生き残るために何が出来るかは考えられます。

その方法とは、下記のような方法があるのです。

 

・スキルを磨く

仕事を奪われたくないなら、自分を極めるしかありません。

サラリーマンにとってその方法とは限られますが、

  • 転職
  • 勉強
  • 資格取得

と言うものが挙げられます。

転職はその方法としてもっとも効率的で、環境を変えることで、自分の取り扱う技術ややる気、価値観を底上げすることが出来ます。

今のレベルに併せて安心安定を求めるようであれば、それはただの「真似事」。上で書いた通り、誰かに取って変わられる技術です。

そんな技術にこだわるようであれば、歯車のようにいつか切って捨てられます。

 

現在、リクナビNEXTでは「グッドポイント診断」と言う無料サービスで、じぶんの長所を把握しつつ、それに併せた転職先を探すことが出来ます!

時代や移民問題に負けたくないと言う方は、是非参考にしてみてください!

グッドポイント診断はこちら!

 

・副業を始める

副業も時代を生き残るための手段です。

今の時代、何をしようにも必要なお金。それを稼げてこそ、「時代を生き残る」と言えるんじゃないかなと、ぼくは思います。

そう言った身売りなどの挑戦の中でスキルや個性に磨きをかけ、誰にも負けないものを勝ち取るのも時代の生き残り方の一つです。

 

例えばBASEと言う無料で作成可能なショップページでは、

  • オリジナル商品
  • 技術
  • タレント

を売ることが出来、例えばホームレス小谷さんと言うキングコング西野さんが太鼓判を押す方も、ここで自分の身売りをやっています。

そういう感じでネットショップではなんでも売れます!

しかも、開設・維持が無料で、ホームページデザインが苦手な方でも簡単にネットページ設定できるのでおすすめです!

BASE登録はこちらから!

 

・友人関係を広げる

コミュニケーション力を養い、そこから自分にできることを探すのも個性です。

そもそも仕事なんて大きく解釈すれば、人が人を選んで選ばれるものです。

その選ばれる要素も、その人の個性が大きく関わってきます。

 

そう言ったじぶんの個性を知ってもらい、他人に響かせてこそ、周囲もあなたに力を貸したくなってしまうのです。

その力の貸し方には仕事の提供や人の紹介、はたまた協力の申し出なども含まれます。

逆に、身の回りに金銭的支援やアドバイス、サポートをしてくれる人が居ないと、なにも知らない状態から物事を始めようとすると特に苦労します( ω-、)

だからこそ、たとえばFACEBOOKなどで家出などに共感できる関係を探しておくべきです。

ぼく自身、そう言った環境から沢山の勇気、仕事、アドバイスを得ています。

 

最終的にじぶんの夢や望みにも繋がってくるのが人間関係。

より「君の力になりたい!」という関係を作るためにも、

  • 人を誉めれる
  • 助けるために動いてくれる
  • 呼べばすぐ動いてくれる

そんな人を友人として大切にし、作るべきです。

 

参考記事

焦点:移民受け入れで人口拡大、豪経済にもたらす「成長の果実」 | ロイター

村本大輔が移民問題に言及「外国人が来て実力主義でやった方がいい」 - ライブドアニュース

 

まとめ

f:id:dashchan8318:20161223204951j:plain
だちまえ

今回のポイント

  • ウーマンラッシュアワーの村本さんは皆さんの思う以上に現実を見ている
  • 今後、個性の無い人は生き残れない。他人に仕事を取られたりしても、取り柄がない以上仕方ない
  • 移民問題は国の成長を支える重要なファクター。じぶんの価値観だけでなく、国を想うならこそ客観的に捉えよう

生きると言うことは、ワガママだけで突き通せるような簡単なものではありません。

ならばこそ、動かすものは口ではなく体のはずです。行動しましょう!

 

ではでは!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。