まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

【人生ハック】不労所得にストイック過ぎて今日クビになりました♪

記事を書いた人:Dachimae あとで読む

f:id:dashchan8318:20161223140302j:plain

ぼくにとっては、分岐点でしかありません。

会社勤務あたりまえと育てられ、24年目に不労所得を知り。

25年目にして、自分の生き方を見つける楽しみを知ることが出来ました。

そして生誕26年目の7ヵ月目、初めてのクビを経験します(爆笑)

 

クビになるまでの経緯そのものは色々あったので、それはこの記事で紐解くとして。

今回の出来事は、会社に従わない人間の行きつく末路としては自然なものでした。

だって、ブログとかで不労所得を目指すほうが、簡単でなくても有意義なんだものw

 

と言うわけで、皆様にもあるでしょう「人生つまんねーなー」と言う独り言。そんな独り言を語ってばかりの人生から、一足先に卒業させて頂きます。

今の在り方に、ぼくはそれだけの価値を見いだしています。

 

今回の記事では、その卒業までの半生を語ります!

今回の経緯について

f:id:dashchan8318:20161218181332j:plain

そもそも今回の経緯としては1/2(月)の記事で述べたとおり、遠まわしに会社から、と言うより上司の独断でクビを勧告されたと言う話。

詳しく語ると、

  1. ブログが面白すぎてストイックになり、会社で楽しめるものが無くなる。と言うかそもそもワガママばかり押し付けられるの無理
  2. 会社側がこちらのあつかいに困る
  3. クソな上司が独断で「熱意に欠けるから」と、遠まわしに「辞めさせろ」と告げる
  4. 両親がまさかのそれを承諾。正月にぼくをサラリーマンとして矯正すべく、退社&実家帰宅を発令
  5. そのワガママにつきあう理由を無くしたぼくは、仕事はやめるけど実家を出ると決意。辞表を出した翌日、物件&仕事探し開始。
  6. 1月中盤、物件と仕事探しに目処が付き始めたので、住民票の分籍と連絡先の変更を実施中←今ココ

と言う感じで、正月休み明けにさっそく辞表を出し、本日1/19(木)がクビ改め最終出勤日、その1ヶ月後の2/15(水)に晴れて正式にクビです!

 

で、本来クビって涙ものだと思うのですが、不思議と笑顔の方が出てくるんですよね。

なんでかって、

  • 親を見限る最高の機会になった
  • ムカつく人と会わずに済む
  • じぶんの人生と向き合うことに興奮中

と言う、長年の悩みだった両親からの脱却と、これから生存本能フル回転していくじぶんの底力と向き合えるからです!

 

さて、経済的にも関係的にも終わった今を、なぜそれだけ喜べるのかは、次の項目から語っていきます。

 

そもそも不労所得って何?

f:id:dashchan8318:20161223023248j:plain

早い話、不労所得は文字通り、「働かずして所得を得る」と言う言葉です。

たとえば、

  • 書籍
  • 実績
  • 不動産

など、これまでに生んだものを定期購入か利用して貰うことで、寝ながらにして所得を得る生活を送れると言うことです。

 

それに、不労所得のメリットは、「上限無く稼ぎ続けることができる」こと。

会社のように、限られた人件費を全社員に配るのとは違い、個人の力量次第で給料の上限が無くなるのが大きいです。

すくなくとも、ぼくはこの点を「給料少なかろうと高かろうと、正当な評価が全て」だと思っているので、結果を出せていないなら貰えない、結果を出せばもらえるということそのものが正当な評価じゃないかと感じでいます。

 

それに、「かっこよく生きようぜ!」と言うならとにかく、「安心安全が当たり前じゃん!」と保身全押しでキレるのって、みっともなくないですか?

そこはいまだにぼくの目指す先であり、人生における一番の楽しみです。

 

どこで不労所得なんて知ってしまったのか

f:id:dashchan8318:20161223023752j:plain

残念ながら、そんな価値観の変わる不労所得を学んだ先はMLM、マルチでした(^_^;)

人生狂わせる勇気無いならマルチに関わるな、とも言えますが、ぼくはその事情を知らずに関わっちゃったので、ドップリ不労所得の魅力にはまっちゃいました。

なんせ、

不労所得が成功すれば仕事の時間選び放題だし、異性にもモテるよ!

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
マルチの人
 
f:id:dashchan8318:20161223204951j:plain
だちまえ

やります!

っていう具合に、自分の欲望には忠実だったところがあるので(;´・ω・)

 

と言う感じで色々あり、ネットワークビジネスがなかなか厳しいことを知った今ではこんな記事を書くようになり、彼らとの関係が終わって2年経ちます。が、人と関わる娯楽や現代社会の欠点、そして、じぶんが在りたい姿と言うところは、全てがすべてで否定できませんでした。

結果、「ネットワークビジネスは失敗した。なら、どんな方法で不労所得を勝ち取ろうと」と言うモヤモヤとした思いだけが残ったんです。

 

そこが、その後のじぶんの活力へと変わっていく出来事でした。

 

不労所得にこだわりすぎて失敗した出来事

f:id:dashchan8318:20161220195150p:plain

今回のクビの件もそうですが、そんな不労所得にこだわりまくったせいで、数多くの失敗を踏んできました。

具体的には、

  • (やっちゃだめと言われてはいたけど)ネットワークビジネスの素晴らしさを説こうと宣教師ごっこをやったせいで、社内で嫌われる。
  • 上の話が上司にばれ、そこから身内にもばれ、両親が遠方からぼくのアパートに突撃して説教しに来る。
  • 「サラリーマンあたりまえ」と言う考えが「生き残りたいなら自力で結果出せ」に変わり、サラリーマンの考えが理解できなくなった。
  • サラリーマンの考えが理解できなくなり、たぶん会社で共存(依存)出来なくなった。
  • 「こうしないと生きていけないよ!?」と言う上司の言葉に心で「それはあんたがサラリーマン以外の道を探さなかったからでしょ?」と思うようになり、それが顔に出てそのたびに怒られるようになった。

と言う感じで、周囲に異端児扱いされながら、そのうえでサラリーマンとして生きていけなくなりました(´;ω;`)ウゥゥ

そこは「考えが合わなきゃ頑張っていけない」と言うやつです。サラリーマンの大半って会社以外でお金を貯められないと思っているでしょうが、努力次第ではいくらでも稼ぐ方法はあるんですよね。

例えば起業も手段だし、副業も手段。それ以外にも方法はあれど、ほとんどの人ってそれを試さないのに人生を理解したかのように威張るんですよね。その考えについていけなって、

  • サラリーマンとの共存
  • サラリーマンとしての生き方
  • サラリーマンとしての社会貢献

そのすべてが出来なくなりました。

考えを変えるというのはそれだけのリスクが伴い、不労所得を自分なりに頑張っただけでも、これだけ人生の歯車を狂わせてるんです。

それをどう捉えるかは皆様次第でしょうが、ぼくはこれでよかったと思います。

なんせ、人生を変えるってのは、これだけのリスクを伴うのがあたりまえですから。

 

不労所得への道が生き甲斐へと変わった瞬間

f:id:dashchan8318:20161223140303j:plain

ぼくにとって人生の生きがいは、不労所得に限らずですが、そんな自由でいられる自分を目指すことです。

そんな自由を目指すことが生きがいになった瞬間は、もちろんぼくにもありました。

 

それは、目指すものがある人がカッコいいと思った時でした。

 

世の中の99%は、

  • 世論
  • 家族
  • 常識

に押し負けて、自分が持っているであろう夢を諦めて生きています。

ぼくも正直最初はそちら側でした。家族や親戚のために貢献し、喜んでもらうことが幸せだと感じていたからです。

ですが、その「幸せ」に疑問を感じたのは、家族をはじめとした周囲の違和感を感じてからでした。

 

例えばいくらぼくが両親の前でまともに、喜んでもらえるかなと言う振る舞いをしても、

  • お前は馬鹿か。
  • お前は甘い。
  • お前はいつまでたっても成長しない。

そんな言葉しか会社の上司や家族から返ってこなかったんです。

 

で、不労所得などの「道を外れたところ」で人間関係を学びながら、ふと思ったのです。

「この人たち、自分たちの都合を周囲に叶えてほしいだけなんだな」と。

それがわがままだったり、喧嘩だったり、一方的な攻撃だったり。

それを「両親や周囲の考えを察して行動しないお前が悪い」と相手の責任にし、じぶんの都合を優先しようとする親世代の意見に阻まれて自由になることを諦めるのって、どこかアホらしいなと実感しました。

 

ものを目指すって言うのは、世間や状況に負けず、金銭的や実績として結果を出すことだとぼくらは小説やドラマ、部活、世間から学び取っているはず。

ならばこそ、いまこそ経済的にも精神的にも自由になるため、不労所得を目指そうって言うのが、ぼくの至った答えです。

 

正直、その先に不安なんてありません。

じぶんよがりなのかもしれませんし、ただ世間知らずなだけかもしれません。

ですが、何もしないより物事をかなえるために動いていたほうが何倍もましです。

そうやって物事を達成させるために行動できている自分のあり方が最高で、いまこそが幸せです。

 

これからの独立に向けて

f:id:dashchan8318:20170102111629j:plain

さて、上で語った部分もありますが、これからの課題もまだまだ山積みです。

例えば、

  • アホ両親の追跡を振り切るための手段の検討
  • 経済的に生き抜くための手段の構築
  • 社会的信用の低い状態をいかに脱するか

などの問題が山積み。

 

しかし、これを解消してこそ、ぼくはさらに一回りも二回りも自力で生きていく力を身に着けていると思います。

それが、たまらなく興奮するのです。

 

現在でいうところでは、

  • 籍の分籍、および、電話番号・メルアドの変更
  • 早めに就職できる派遣に社員登録し、ブログで収益性を伸ばす
  • 将来的な起業と人間関係の構築、読者さんからの信頼の確保

と言う自分の課題と向き合っていくことが、今の問題の解決の近道だと信じています。

 

もし夢があるなら、

  1. 夢をかなえるために自分が何が必要かをリストアップしてみる
  2. 自分が出来ることを消し、出来ないことをまとめてみる
  3. まとめた内容が自分の真の課題

と言うまとめ方で、じぶんの壁と向き合ってみることを皆様にお勧めできればと思います!

 

まとめ

f:id:dashchan8318:20161223204951j:plain
だちまえ

今回の内容

  • 仕事辞めます
  • 派遣にまず入ります
  • 夢はあきらめません

夢ってのは、壁がつきものです。

それを乗り越えるからこそ、達成感を感じ、楽しいと言えるのではないでしょうか?

ぼくは、そう思います!

 

ではでは!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。