まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

超簡単!暇な社会人生活を1発で卒業できる過ごし方3つ!

記事を書いた人:Dachimae あとで読む

f:id:dashchan8318:20170124175534j:plain

どうも、だちまえです!

元々趣味は暇な社会人として過ごすことでした!

暇な社会人なんて、「仕事が常識」と言う理論を地で行く人がそうなると思う生態ですが、

  • ともだち出来ない
  • からだ動かさない
  • 魂のぬけがらになる

と言う最悪の三大病気に掛かってしまいます。

まれにインドアなことが誇りになってる人が居ますが、そんな誇りはホコリ同然。

そんなのは給料の使い道が分からない未熟な大人の言い訳でしかありませーん!

 

ぼくがそんな暇な社会人生活を卒業出来たのは、今回の3つの方法を試してからでした。

暇な社会人状態で10年過ごしてると、そのうち「会社に行くことだけが生き甲斐」になって、人生おしまいかもよ?

と言うわけで、今回は暇な社会人生活を卒業できる、3つの具体的な方法と過ごし方をお伝えします!

 

この記事が参考になる人
  • 暇な社会人
  • 「暇」の卒業方法が分からない人
  • 外に出る理由を見つけたい人

 

暇な社会人を卒業できる3つの方法・過ごし方

f:id:dashchan8318:20170115192508j:plain

個人的には今回の方法3つともを参考にして頂きたいです!

それだけ今回の方法は大きいのと、将来的に何かしらの挑戦で成功する上で重宝する知識です。

 

「暇」って言うのは基本的に、

  • グータラしてても生きられること
  • 新しいことを寝てても知れること
  • 用事が無いこと

と言う3つから生まれるとぼくは思います。

今回の方法や生き方は、そのダメな部分を簡単に捨てるための方法です♪

では、参ります。

 

1.テレビを捨てる

f:id:dashchan8318:20170124175637p:plain

一人暮らしなら、まずそのテレビと録画機を捨てましょう!

テレビって延々と広い世界や娯楽を与え続けるので、

  1. 新しいこと、面白いことを沢山頭に詰められる
  2. 外で新しく面白いことを見つける理由が無くなる
  3. 外に出る理由がなくなり、社会人的に終わる。

と言う依存に近い状態に陥ります( ω-、)

おまけに動画配信やネットと違い、

  • 時間の限られた動画などと違い、CMさえ我慢すれば1日中番組が続くから区切りがない。
  • 録画機(デッキ)などと組み合わせれば、延々と見たい番組を貯められる・見続けられる。

と言うメリットのようなデメリットさえあるのです。

今の時代、スマホ、パソコン、その他にもいじるだけで簡単にものを調べる方法が沢山ありますが、その中でも一番暇な社会人を作るのはテレビ!

そんなテレビも一人暮らしなら身内に迷惑かけることなく捨てれます!

と言うわけで、テレビはまず捨てましょう!

 

2.趣味などの用事を作る

f:id:dashchan8318:20170105210211j:plain

じぶんの娯楽は自分で作るものです。

例えば、

  • 吉原や有楽町でお姉さんたちと遊ぶ
  • ブランド品を買い漁る
  • とにかくガッツリ食べてみる

と言う多種多様な大量消費でも良いので、じぶんの一番好きな趣味に時間を使えば暇では無くなります!

趣味は何でもいいのです! 今あげた最低に近い趣味でもいいですが、生活を変えるために最も適しているのは自分の大好きなことに熱中することです!

だから極論、ゲームにはまることだって「暇」とは言わないんですよね。

ゲームで生計立ててるグループだってありますし。

 

ここで考えたいのは、

  • 自分が好きなことは何か
  • その好きなことを叶えるためにはどこへ行けば、どんなことをすればいいか

と言う2点です。

これさえどうにかできれば、「ぼく(わたし)ひまだから~」と言う口癖はすぐになくなります!

 

3.ともだちを作る

f:id:dashchan8318:20161214143059j:plain

これは暇をなくすだけでなく、将来的にストレスやトラブル、その他いろいろな問題解決につながる糸口にもなる大切な要素です。

アドラー心理学と言う学問があるのですが、そこで語られている内容で、

「人のトラブルは全て人間関係に行きつく」

と考えられています。

 

いま、この記事を読んでくださっている方の問題をまとめると、「暇を解消したい」と言う問題に行きつくはず。

そうなると、

  • イベント、出来事に呼んでくれる友人が居ない。
  • まわりの人と趣味、思考が合わなくて用事に誘いづらい。
  • そもそも身の回りの友人の数が少ない。

と言う感じの悩みが多くあると思います。

そのすべては最終的に「交友関係の質と量」に行きつくわけです。

 

そういう情報、イベント、楽しみのすべてが人間から生まれます。

例えば、音楽イベントとか合コンとか、一度は行ってみたいと思いませんか?

そう言った第一歩も、関われる人を増やしてこそ連絡を貰ったり誘ったりできるんです。

だからこそ、ともだちは増やすべきです。

 

まとめ:暇を解決しようとする心からすべてが始まる

f:id:dashchan8318:20161217013952j:plain

暇を持て余したくないという心と、そこから生まれる行動から、今回の問題は解決します。

いま挙げた3つの解決方法もそうですが、

  • テレビを捨てる→家に戻る理由を減らす。
  • 用事を作る→熱中する何かを作れる。
  • ともだちを増やす→情報の入手手段を増やす。

と、次の考えや行動に繋がる一歩になってきます。

その先で、「たまたま外にいたからクラブやバーに行ってみよう」とか、「たまたま友人宅まえを通ったから寄ってみよう」とか、色々なことが出来るわけです!

そうすると、自然と暇な自分から卒業できてます!

 

おそらく暇を卒業する方法は数多くあり、具体的な手段は数えるだけかなりあります。

だからこそぼくも今回の記事は書き直すでしょうし、それくらい手段は沢山あるんです!

 

そのすべては、暇を卒業したいという心から始まります!

その結果として、ぼくの記事は読んでもらえているわけです(^^♪

 

ではでは!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。