マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

ぼくが20代で若ハゲになってから気にしていること7つ

記事を書いた人:Dachimae あとで読む

f:id:dashchan8318:20170203200254j:plain

(いつかの朝に撮影した薄毛)

 

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

早速ですが、わたくし20代で若ハゲになりました(´;ω;`)

20代で若ハゲになったかた、かなり多いと思います。

ぼくもまさか大学の部活中に薄毛がバレ、そのまま薄毛キャラとしていじられ続けるとは考えもしませんでした。

そういった苦労って多いと思います。しかし、ぼくが今回ご紹介する7つを考え始めてから、特に気にしなくなったんです!

 

今回紹介する「若ハゲになってから気にし始めたポイント7つ」は、精神面、外見など、今後自分の外観と向き合うために必要な知識で、これらに気を遣うようになってから、ぼくは自分の薄毛と向き合えるようになりました!

こう言った知識と経験は気付けば簡単なもの。しかし、気づかなかったら一生自分の外観に自信を持てず、生えてこない髪の毛と周りからの言われように悩まされ続けるかもしれませんよ?

それでは、参りましょう!

若ハゲになってから気にしていること7つ

ハゲになった。さて、どうするか?

問題はそこで、ハゲになっちゃったのはどうしようもないです。

そんなとき「はげちゃった!泣きたい!」で終わると、一生自分の頭皮と向き合えなくなります!

 

人生、ハゲたからと言って終わりではありません!

むしろ、他人より早めにハゲたおかげで、今回のポイントと早めに向き合うことが出来たと考えましょう!

と言うわけで、参ります。

 

1.世間の言い分をあてにしない

他人の言うことは基本無視でOK!

「お前ハゲじゃん!」とか言われたことを悩んだことはありませんか?

若ハゲの一番の悩みはここですが、そう言った他人の言うことは基本、「自分がならないなら他人はどうでもいい」程度でしか言われません。

つまり、第三者はあなたの髪が元に戻ろうと他人はどうだっていいのです!

ぼくが基本物事のアドバイスは専門家に求めるのは、こういう「お前なんてどうでもいいんだよね」前提の意見、アドバイス(例:昆布食ったほうが良いよ!的なヤツ)は一切こちらを考慮したものでないのであてにならないから。

それよか専門家に尋ねたほうが、データや実証に基づいた意見を提供してくれます!

 

加えて、ハゲてる人でも「ハゲだ!」と言われる言われないがあるはす。

その違いが何かって言えば、その人が持つカリスマやポテンシャルの話。

言われる人は元から言われる「イジりやすい人」だったり、言われない人だったら部活のリーダーや集団のとりまとめ役を務める「カリスマ性」を持ち合わせてる場合が多いです。

そのあたりは活かすに限ります。いじられる人ならそれをネタに人間関係を広げたり、その時点からの変化を全員に見せつければOK!

 

自分がどうありたいか、と言う願いに、周囲の常識は必要ありません!

 

2.ハゲのイケメンを目指す

たとえば、

と言う「ハゲだと言ってるけどイケメン」な人は大勢います。

(著作権の問題で画像はカット)

 

こう言った人たちって、

  1. 痩せてる
  2. キャラがカッコいい
  3. スタイルが良い

と言うポイントを兼ね備えてます!

 

そう。ハゲたからと言って伸ばすべきは他にあるんです!

EXILEのATSUSHIだって一時期ハゲでした。

でもカッコいいのって、肉体とか喋り方とかカッコいいからですよね?

太ってるなら痩せれば良いし、ファッションがヤバければ直せば良し!

 

日本のハゲのイメージって、 

  • デブ
  • キモい
  • ダサい

の三点を兼ね備えてるからヤバイわけで、そのダメなところを分かっているなら、出来てないところを直せばすべてが終わります!

 

3.ワーストケースを受け入れる

これはどこかの書籍にかいてあった内容で、

  1. 状況を理解する
  2. その最悪な状況を想定する
  3. そんな最悪な状況で自分に何が出来るか、どうできるかを踏まえる
  4. 想定した対処方法をやってみる

と言う、「ワーストケースの想定」が活きてきます。

たとえば、こんな感じ。

  1. 私はハゲだ。治療のお金もないし、今はこの状態で受け入れるしかない。
  2. ハゲになったら弄られるかもしれないし、印象も悪くなるかもしれない。社会的立場も無くなるかもしれない。
  3. でも、痩せたり清潔さを取り入れれば変われるかもしれない。ハゲで雇わないなんて会社も無いだろうし、今後生きてけないなんてことはない。
  4. まずハゲ以外に、自分がいじられている部分を良くして、人として変わっていこう。

少なくとも、

  • 薄毛は他人に劣る
  • 薄毛じゃ就職できない
  • 薄毛じゃ彼女作れない

なんて考える人多いけど、それは全て嘘!

何もやらない人の言い訳に過ぎません!

実際、就活中も転職時もハゲだったぼくでもフツーに社会人として働いてます!

 

もしそんなワーストケースがあなたの足を引っ張ってるなら、まずそれを受け入れ、そこからどうすれば良いか考えましょう!

 

4.キチンと風呂に入る 

毛根が弱いのは遺伝だったりしますが、そこに油がたまるとなおさら毛が抜けやすくなります。

ぼくの体感として毛が抜けやすい、もしくはフロに入っているときに抜けやすくなるのは、やはり入浴せず頭皮の油を放置したとき。

頭はかゆいわ、ねばねばするわ、変な癖っ毛まで増えるわで良いことなしなので、そのあたりは善し悪しに関係なくお風呂にきちんと入りましょう。

 

特に、清潔感の無い人って嫌われます。

そう言った生活習慣とエチケット意識の改善のためにも、一度生活を見直し、頭皮をケアする方法を学べると最適です!

 

5.変に髪を伸ばす・固めるということをしない

変に髪を伸ばしたり、ジェルで固めたりと言うのもあまりよくないです。

ジェルを使ったり髪の毛を伸ばせば頭皮が隠せる、というメリットはありますが、

  • 結局薄毛と言う根本的な問題が解決していない。
  • 変に髪を長くすると、髪の手入れ時に手に絡まりやすくなって抜ける。
  • ジェルで固めると、髪を手入れする時に手に髪が引っ張られて抜ける。
  • 細い髪は結局立たないので、雨に濡れるとジェルも溶けるので髪が倒れて頭皮丸見え。
  • そもそも薄毛の人の髪は伸びない。もしくは伸びる段階で抜ける。

と言うデメリットもかなりあります。

そういう髪伸ばしやジェルは安く解決しようとすることだけ考えているので、

  1. ハゲを受け入れる
  2. ハゲを対処する

と言うどちらにも当てはまらないので、トラウマを引きずるままですよ?

時には必要な金銭もあります。守りに入っても解決しないものはしないので、本格的に対処したいなら、専門家に依頼するのが一番です!

 

f:id:dashchan8318:20170126210749j:plain

もし髪を整える場合、個人的なおすすめは髪をソフトモヒカンにすること!

変に伸ばした時と、ソフトモヒカンにまとめたときとでは、これぐらい見た目に差が出ます。

 

6.頭皮以外の外観に気を遣う

ハゲを気にする人は、大体ファッションとかに気を使うことを忘れてます。

それ以外にも忘れてることは多くありますが、

  • ファッション
  • 気遣い、言葉遣い
  • 体形(デブ、ガリ)

この3つ、イケメンになるためには大事な項目です。

ハゲな人って、イケメンじゃないから「じぶんより劣ってる」と思われていじられる場合が多いです。ハゲの世間的な認識って、そんな「いじめの材料」みたいなもんです。

ですがその共通点、あなたは気にしてますか?

 

ハゲであることがデメリットなのって、「自分がイケてると思われなくなるから」と言うところだと思うのですが、「イケてる自分」になるにはヘアスタイルだけどうにかしていればいいという問題でもありません!

せっかくハゲになったのであれば、自分にこれまで足りなかった部分で補うためにも、ファッション、言動、体形(特にデブ)の3点は最低限見直しましょう!

 

少なくとも体形については、ライザップできっちり食生活を見直せれば最高です。

ここの良いところは、レトルトなどを提供されずに自分で食事を選ぶため、「何を食べればいいか」と言う食事意識が身につくところです。

何も知らない状況からダイエットを始めるのと、何を食べて暮らせばいいかを把握するのとでは訳が違います!

今お金出すことをしぶっても、太っている人は太ったままです。その状況を卒業したいなら、今すぐ申し込むことをおすすめします!

 

RIZAPはこちらから!

 

7.自分の理想像を明確にする

貴方はそのハゲを治して、どこへ向かおうとしていますか?

簡単な目標でもいいのですが、

  • 彼女を作りたい。
  • 印象を良くしたい。
  • 好きな芸能人みたいになりたい。

くらいのものが一つは無いと、

「他人に笑われないようにしたい」

と言う思いで薄毛治療をやっているようでは、

  • バカにされること。
  • 見た目を気にすること。
  • どこを自分のゴールとするか。

と言う3点から、一生薄毛をストレスの種として抱え続けます!

 

例えば「彼女を作りたい」と思うのであれば、

  • 髪の毛を〇〇さんくらいにする。
  • 体形を〇〇さんくらいにする。
  • 言動を〇〇さんくらいにする。

とすれば目標が出来、「そのために何をすればいいか」が明確になるわけです。

「そのために何をすればいいか」は自分の行動を促すキーワード!

ぼくの場合、ネタとして薄毛を活かしたくて「今日の薄毛」なんて更新してますが、そういう「目的」が分かってないと、ぼくとて毎日頭皮をあらわにするだけ薄毛の無駄です。

 

そのためにも、

  1. ゴールを決める。
  2. ゴールに至るまでの必要作業をまとめる
  3. 作業達成に向けて思いつくことをやってみる

と言う3点は心がけましょう!

 

薄毛を本格的に対処したい場合

もちろん、頭皮が見えるのが耐えられないという人も多いでしょう。

なので、先にも挙げた通り、こういった時は慣れるか治すか。二つに一つです。

 

薄毛を治すには、

  • 専門家の知識
  • 専門家の治療
  • 専門家のアドバイ

の3つが必要で、要は専門家を頼れって話。

これまで薄毛について全く考えなかった人が急に対処できるとは考えられません。

ならばこそ、学びと対応が必要なのです!

 

幸い今の時代、薄毛のケアを専門とする会社がかなりあります。

今回は3つほど、おすすめや面白そうなものを紹介します!

 

・ゴリラクリニック

97%の治療率を誇る、脱毛、育毛などの毛の専門家!

ゴリラクリニックはこちら!

 

・SORAコスメプロ

育毛剤シャンプーとして有名なスカルプシャンプーの販売元!

スカルプシャンプーはこちらから!

 

・Persona(ペルソナ)

育毛革命!あなたの遺伝子が導く、あなたのための育毛剤

育毛剤Personaはこちらから!

 

まとめ

実践できることは多いほうが良いということで、今回7点まとめてみました!

大学生のころが若ハゲの最短スタートだと思いますが、そう言った「実は薄毛だった」と言うことに気付くとかなりショックだとは思います。

 

しかし、若ハゲをチャンスと思いましょう!

人より早く自分の問題に気付き、それを対処できるって、長い人生におけるデメリットを一つ減らしたようなものですよ!?

そうすれば、

  • 早めにカッコよくなれる。
  • 早めに自分の頭に合わせたファッション、生活が送れるようになる。
  • 早めにハゲの対処法を考えられる。

と言う、自分と向き合う最高のチャンスになります!

 

ハゲはなってしまったらどうしようもありません。

しかし、AGA治療などで回復の見込みがあるかもしれませんし、「実は持病を抱えてたんだな」程度に受け取って、その対処法を考えれば気持ちも楽になります。

そして一番大事なことは実践!

そうすることで、若ハゲのストレスや対処も時間の問題となるはずです。

 

ではでは!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。