まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

お願いだ。Pコートにダメージジーンズは寒そうだからやめてくれ

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170215120822j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

記事を書いているのが2/15(水)。月の折り返しには来ましたが、まだまだ寒い日が続きます。

そういう日に出歩くときに限って、Pコートにダメージジーンズと言うすごい組み合わせで歩き回る人がそこそこ居ます。

こう言うヤツですね。(画像はネットのを組み合わせました)

f:id:dashchan8318:20170215105020p:plain

 

ハイレベルだと思う反面、ちょっと間違えると冬場は寒そうにしか見えません。

そのラインもなかなか難しいです。

 

と言うわけで、今回は個人的なおすすめをお伝えしつつ。

Pコートとダメージジーンズを組み合わせる際のアドバイスをお伝えできればと思います。

Pコートとダメージジーンズは組み合わせが難しい

まずは、それぞれの解説から始めようと思います。

Pコートとダメージジーンズをそれぞれ簡単に説明すると、

Pコート:オーバーコート。海軍発祥のため、しっかり、真面目と言うイメージを持ち合わせている。

ダメージジーンズ:ズボン。ジーンズに切れ線や穴を開けることで、不真面目さや崩した感を表現する。

と言う感じです。で、見てのとおり、そのイメージは「真面目さ」と「不真面目さ」が対立するため、どっちかに寄せないとケンカします。

上の画像をもう一度貼り付けますが、この画像を改めて比較すると、なんとなくそうかもとは思っていただけると思います。

おまけにPコートやジーンズの色そのものが青などの暗い系だと、肌色がどうしても目立ちます。そのせいか、冬場にこの組み合わせは「寒そう」となるんです。

f:id:dashchan8318:20170215105020p:plain

 

ここがファッションの難しいところですが、例えば人に会う時、その外観で印象の8割は決まります。

そこでしっかりならしっかり、攻めるなら攻めるでその「印象」を統一しておかないと、相手からしても訳わからなくなるんですよね。

ぼくも最初は自分が困らなければいいやと服装を考えていませんでしたが、異性も同性も訳が分からない外観=変な人として捉えられて、近づかれません。

と言うわけで、次の項目で「どうそれぞれコーディネートすれば良いか」をお伝えします。

 

Pコートで行くか。ダメージで行くか

既に持ってるし、金銭的に浮かしたい。

Pコートとダメージジーンズを日頃組み合わせている人にとって、そういう悩みが出てくるでしょう。

ぼく個人の回答としては、そのどちらかにイメージを合わせるしかないと思います。

とは言え、Pコートの真面目さとダメージジーンズの不真面目さは対立します。

と言うわけで、3通りの解決策を提案します。

 

・Pコートで合わせる場合

Pコートは細身をカバーし、しっかりさをアピールします。

女性でも男性でも、そういう「しっかりしてそうだけどカッコいい、もしくは可愛い」と思われたい場合に重宝するでしょう。

と言うわけで、ぼくならば、

男性:Pコートをビジネスカジュアルに使用

女性:Pコートとスカートを併用

と言う、「性別から来るカッコよさ、もしくは可愛さ」を前押しするコーデがおすすめ。

画像で言うなら、こんな感じです。

f:id:dashchan8318:20170215111723j:plain

普段ぼくもビジネスカジュアル常用の身なので、こういう「性別の前押し」はたまらないですね。

 

ちなみに、ぼくは男性のため女性のファッションは好き好みで選んでいます。

男性としては生足を見せられるとイチコロですが、さすがに冬場は寒い。

そう言った女性は、Pコートの色が暗い場合は明るいパンツを、明るい場合は暗い色のパンツを選んでください。

その際、チノパン(画像で男性が履いているそれ)でもジーパンでも構いませんが、足のラインが出ると男性からの印象は大きく変わります。

 

・ダメージジーンズで合わせる場合

ダメージジーンズに合わせる場合、上も下も傷付いている、もしくはラフさを前押ししていることが重要。

変にコートを羽織ったりすると、かえって「真面目なの?不真面目なの?」と見る側を混乱させます。

おまけにダメージジーンズは大体「細い」。

ガッツリしたPコートなどとは基本的に合いません。

 

と言うわけで、ダメージジーンズに合わせるとすれば革ジャンや薄着と言う、「細身」を前押しした服を選ぶべきでしょう。

ガッチリした服を着ると、ジーンズの細さに合いません。

f:id:dashchan8318:20170215113903j:plain

ちなみに個人的意見では、画像左の男性のようにひざの穴をがっつりあけたい場合、インナーは白であるべきでしょう。

ひざの肌色を、近くにあるインナーの白が補ってくれます。

 

Pコートにダメージジーンズは基本的に選ばない

今回の記事をつくるにあたり、色々調べてみましたが。

こちらの検索からも分かるように、基本的にPコートに組み合わせるのはチノパンやジーンズがメインです。

Pコートにダメージを選んではダメ、ということです。

ダメージジーンズ - Google 検索

 

服も色合いやまとめ方をきっちりとして初めて「凄い」となるものです。

そういう好き嫌いや第一印象を考えて着こなすのがファッションの醍醐味なので、ぜひファッションレベルを向上させていきましょう。

 

ではでは!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。