読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

何を待ってるの?ブロガーが自分で仕事を勝ち取るべき理由

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170222073426j:plain

どうも、だちまえです。

この頃、アフィリエイトサービスってすごく便利だなと思います。

企業も依頼さえすれば多数の人がそれを取り扱い。

取り扱う人は収益にこぎつけられる。

しかし、みんなやってるアフィリエイトにこだわる理由ってなんだろう。

結果を出していないながらも、その疑問に行きついたのはある意味必然でした。

 

実はブロガーにとって、もっと大事なことがあります。

方向性にもよりますが、

ブロガーが一番やるべきことは、「仕事を自分から探しに行く」こと。

さもないと、いざ今回の状態に陥ったときの対処ができなくなります。

 

皆様にこそそれを回避して頂きたく、「仕事探し」を始めてから1週間の記録をまとめようと思います。

ぼくがアフィリエイト以外を探そうと決意した理由

たかだか1週間と言えば1週間。

しかし、その1週間は濃厚すぎて、前の日にまとめた記事や体験した出来事を彼方昔のように感じるほどにゲッソリしております。というのも、

実は今現在「自分の技術をどこかで活かせないか」と思い、都内で事業家の皆様に身売りをしています。

 

一番の原因がアフィリエイト

アフィリエイトを完全に捨てるのは今は難しいですが、

と言う3点から、「マニュアル化(確立)された分野でトップを狙うのは無理」と考え、少しずつアフィリエイトから距離をとろうとしている訳で。

ここはぼく個人の妄想に過ぎませんが、「方向性の決まった分野では個性が活かせない。既にレールが敷かれているから」と言う考えに基づいてのものです。

そこにレールが敷かれているなら乗るのが早いにせよ、乗って甘えようとする人も居れば、無意識にレールにのってからそれ以外のことが出来なくなる(決まった方向以外を考えられない)ケースだってあり得ます。

 

世の中にはごまんと言う数の事業家が居ます。

事業家の数だけサービス展開があるなら、そういう未だに公開されていない情報を属戦するのも道ではないかと考えている次第です。

結果として、じぶんから動こうと判断しました。

 

実際の動き方について

現在、まずは事業家や投資家で、「格安でもいいので」とブログにニーズのある方を探しています。

皆さんの中には「事業化ってそんなに簡単に出会えるものなの?」とお考えの方も多いでしょうが、出会うだけなら簡単です。


事業家の皆さんこそ人間関係とそこから派生する関係を重宝します。
そのおかげもあって、実のところ、一般的な交流会に出席されているケースも多いです。

とは言え、ぼく個人として警告しておきたいのは、

  1. 勧誘、宗教等、あとあとデメリットを提供する人が多い
  2. 移動とイベント参加費にそこそこお金がかかる

と言う価値ある人と出会う難しさを分かっていないと損する手段を使っているので、そう言った経験が無く、かつ安易な想いで活動するのはやめたほうが良いと思います。

 

話に戻りますが、ステップとしては、

  1. イベント、もしくは事業を展開している方に出会う。
  2. ブログに掲載できる案件をお持ちか尋ねる。
  3. 2が難しい場合、そう言った案件を持つ、もしくはためになる方をご存じないか尋ねる。
  4. 1に戻っての繰り返し

と言う手順を踏んでいます。

これの難しい点は「とにかく数をこなさねば意味がない」と言う点。

ぼくとてこの1週間でかなりの数の方とお会いしましたが、「ここまで人に合えば十分だろう」と思っていると、いきなり「これ以上紹介できる方が居ない」と言う状態に陥ります。
そのため、常にだれかと関わることが、この方法のポイントでしょう。

 

信頼が無い状態を痛感する

さて、事業家の皆さんと出会っていると一番痛感すること。
それは、「じぶんがビジネスマンとして素人」と言うこと。

 

先日お会いした方にも気を遣わせてしまったのが、

「営業の方をご紹介することもできますが、ご自身のお仕事の値段が分かっていないと対等な交渉が出来ないと思います」

と、人を紹介して頂く方にフィルターを設けさせてしまったのです。

 

そんな時ほど思うのが、

やはりじぶんは未熟なんだなと。

恐らくこれはどのブロガーも陥る問題ですが、仮にネットで有名になろうとも、実際に企業相手に売り込もうとするときは無名状態です。
今回お送りしたかった警告はコレで、お金について詳しくないと交渉相手として見ていただけません。
ぼくとて交渉前は「ぼくはまだ値段がつけられていないので」と説明する予定でしたが、それでは「お仕事ではなくタダ働きになってしまう」と言う点を留意していなかったため、仕事を依頼する側に失礼なんです。

そうなると、結局信頼を築けません。

 

すべては自分の努力次第

上記のことを踏まえてですが、ぼくはしばらく同じことを繰り返そうと思います。
その理由は簡単。今から信頼を作り、実績を残さないと、このまま30代40代と動く時に同じ失敗を繰り返すからです。

もちろん、その時にデスクワークで不労所得を得られる状態ならベストですが、引きこもっていると動き回って得られる分の収益が一生得られません。

結果、月100万が200万以上に増えません。上を目指すならばこそ、その100万の損失はかなり大きいです。

 

第一、サラリーマンなら仕事を待っても良いと思います。

しかし、じぶんからものごとを発信するブロガーがそうあってはいけません。

待っていても、だれもブロガーに仕事はくれません。

それに、将来的に仕事を頂けるようになりたいなら、自分から動くというのも一つの捉え方でしょう。

 

そう言った点から、ブロガーは自分から動く時代が来たんだなと思います。

たしかにブログは格安で開設でき、発信ツールの一つとして万能です。

しかし、引きこもっていても、個人の質は変わりません。

 

動いてこそ、価値がある。

ぼくは「人より動ける」と言う長所を活かして、自分のポジションを確立しようと頑張ります。

ではでは!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。