マエタビ-人生マジメにズル休み!-

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

【奇跡】薄毛を1ヶ月ネタにしたら、育毛モニターの話を頂いた話

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170308213232j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

こんなこともあるんだなと、本当に思います。

じつはこの度、スカルプシャンプー(よくある育毛用のシャンプー)のモニターの話を頂きました。

人前で薄毛をネタにして回った結果、頂けた話です。

 

本当にモニターだけで済むのか。

負担分はどのくらいなのか。

まだそのあたりがどう転ぶか分からないにせよ、薄毛を主張し続けた結果と流れをご紹介できればと思います。

 

育毛モニターの話が来た経緯

ぼくとしてはネタのつもりで薄毛について触れていましたが、意外と需要がありました。

 

そもそもこのモニターの話が来た経緯と言うのは、ぼくが人前で薄毛をネタにし続けたところから始まりました。

ぼくは自分の薄毛を大して気にしないのは、活かし方によってはブログでも人間関係でも十分に活きるポテンシャルだと感じているから。

実際、今回のモニターの話を頂くに至った交流会でも、「ハゲだねー!」と主催の女性に触れられまくっています。

 

で、後日。その主催の方からこんなご連絡が。

「私の知り合いにスカルプシャンプー(育毛用のシャンプー)のモニターを探している人が居ます!」

曰く、主催の交流会の常連さんなのだそう。

 

こういう時やはり思うのが、

ネタでもなんでもやり続ければ、結果は出るということ。

どういう結果がいつ、と言うのは分かりませんが。

適切な相手に必要な行動を示せば、どのような結果でも必ず現れるものです。

誰でも良い訳ではないので、そのあたりはニーズをきちんと見極めるのがポイントです。

 

モニター内容と今後について

モニター内容そのものとしては、

  1. お店訪問
  2. マイクロスコープで頭皮確認(毛穴の状態をカメラで確認)
  3. 流れ次第でスカルプ施術
  4. その後について

と言う流れになるのではないかと感じています。

詳しい内容はこれからですが、実は今のところ期間も回数も不明は不明。

もしかしたら1回で終わるかもしれないんですよね。

 

後は、「テータ提供の代わりに育毛費用を安くできる」と言う育毛サービスの定番もあるかもしれないので、その時はその時かと思います。

 

詳細そのものは、この記事を書いた2日後にお店に行ってみてからです。

 

個人的には楽しみにしている

実際の内容はこれからですが、個人的にはすごく楽しみにしているこの一件。

なんせ、失おうが増えようがとにかく激変する今の頭皮。

その最良のきっかけになるのではないかと非常に楽しみにしています。

ぼくの髪の毛は薄く、細い。

もともとネタとしてしか活かせない髪の毛がより豊かになるなら、ぜひ挑んでいきたい。

そんな状態です。

 

今後また進展があれば、ご連絡いたします。

ではでは!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。