読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

【まとめ】「オフ会」とは何?意味や選び方を徹底解説!

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170319155357j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

恐らく、交流会にこれまで100回以上参加してきて。

色々と概要が掴めたので、ひとつの記事にしてみました!

 

と言うわけで今回、多くの方が思う「オフ会ってなに?」を、

色々紹介・暴露してみました!

社会人になって暇、もしくは寂しくなりがちな方には重宝する情報だと思いますので、そんな方々も合わせてご覧ください。

オフ会の基本

f:id:dashchan8318:20170319155629j:plain

オフ会は基本的に、

「ネットで募集する小規模なイベント」

です。要はイベントの一種。

 

オフ会の特徴

  • 500円、1,000円と格安で参加できる
  • カフェやバーのスペースで行われる場合が多い
  • 参加者は約4~6人。多くて10人ほど
  • テーマはフリートークの時もあれば、決まっているときもある
  • 時間は1時間30分前後(無制限の場合もあり)

 

「オフ会=オンラインゲームのプレイヤーの顔合わせ」

と言うイメージを持っている方も多いと思いますが、

そこはあくまで趣旨の1つ。

そう言うテーマを、カフェなどのテーブルで手軽に盛り上がれるのがメリット!

 

婚活やパーティなどとの違い

一般的なパーティなどと異なるのは、

  • 恋愛が趣旨ではなく、「友人作り」や「交流の幅を広げる」ことがメイン
  • 年代や性別にとらわれない
  • 婚活に比べて多種多様な職業の方々と出会える

と言うところ。

 

人との出会い=婚活と思われる方も多いでしょうが。

そこまでの関係を求めず、友人を増やしたい方20代~40代におすすめなイベントです。

 

オフ会の値段

先にも書きましたが、

参加費500円~1,000円が相場で、飲み物代金は別。(男性、女性で差が出る場合もあり)

多くの場合、カフェで行われるイベントは男女均一で500円。

おしゃれな場所やバーで行われる場合、1,000円の場合が多いと思います。

なお、支払いは開始前の時もあれば、開始後の時もあります。

 

オフ会の種類

これまで参加したイベントの内容はこんな感じです。

  • フリートーク
  • 〇〇さん(有名人、声優など)を祭る会
  • ダイエット・健康会
  • カラオケ会
  • ゲーム会
  • ビジネス会 など

主催さえされれば、その趣旨に沿ったイベントは沢山出てきます。

そのため、婚活に比べてバリエーションが多いのが特徴。

 

オフ会に参加する人

種類が多いので、明記したい職業だけをピックアップしてみました。

  • サラリーマン
  • せどりの人
  • コーチングの人(ライフスタイルを提案する事業)
  • ネットビジネスの人(webを利用した集客、販売業)
  • 不動産の人
  • 保険会社の人
  • ネットワークビジネスの人
  • 宗教の人 など

例えば、ぼくはネットビジネスの人として参加しているようなもので。

副業や事業をやっている人も多く参加するので、

  1. ライフスタイルを見直したい
  2. 友人を増やしたい
  3. 相談に乗ってほしい・単純に話がした

と言う方々にお勧めだと思います。

 

また、「参加はする」と言うことでリストに付け加えましたが。

ネットワークビジネス、宗教、保険、不動産の関係者は参加NG。

ただ、保険や不動産の人は、カフェ会で仕事をしなければ参加可能な場合が多くなっています。

 

とは言え、安さ=参加しやすい、ということで宗教やネットワークビジネスの人が参加していることも多いのも事実。

そういう時は、

  • 「じぶんの友人にあなたと同じ趣味を持っている人が居る」とすごく強調する
  • 「あなたと同じ境遇にある、あなたと仲良くなれる」とすごく感じる
  • 「人生もっと良くしたいと思わない?」と、すごくライフスタイルを提案する
  • プロフィールを入念に確認される(フルネームや仕事、休日、住む場所など)
  • 相手についてメモを取り、徹底的に覚えようとする(主催がネタフリのためにメモを取るのは別)
  • カフェ会中に「今度会わない?」と、予定を決めようとする

 と言ったポイントから判別するのがお勧めです。

 

メリットとデメリット

メリット

  • 自分のニーズに応じたイベントを選べる
  • 色々な方面の方と仲良くなれる
  • 人の生き方や楽しみ方を学べる
  • (事業展開者限定)仕事をもらえたり、アドバイスをもらえる

デメリット

  • カフェ会に勧誘される場合もある
  • 参加者の性格に差がある
  • 2017年現在、人口の多い場所で開催される場合が多い

個人的な感覚

ぼくは友達を作るのが好きで、触れ合うのが好き。

また、人の考えや世界観を知るのが好きなのもあって。

  • 新しいことを知りたい
  • 人と触れ合いたい
  • とにかく楽しいことが欲しい

と言う方々にお勧めです。

 

カフェ会の選び方・参加方法

ぼくはよく「コリュパ!」と言うサイトからオフ会を検索、参加しています。

ここは婚活パーティやオフ会、お茶会のポータルサイトです。

ぼくはココから、

  • 参加可能な時間
  • 自分に合う趣味
  • 移動可能な場所

の3つでオフ会を選んでいます。

 

その後、リンクに連絡先のメールアドレスが書いてあるので、

そこへ記入事項を内容に沿って送るだけ、参加申し込みは終わりです。

あとは現地へ向かい、オフ会を楽しむだけです!

 

オフ会を主催したい方へ

なお、オフ会はあなたでも主催可能です。

その際、広告を出す場合と出さない場合で告知方法が変わってくるので、

その2種類に分けて方法をまとめました。

 

・広告を出す場合

広告を出す場合、コリュパなどを始めとした広告サイトに掲載するのが早いです。

しかし、多くの広告サイトが2017年現在、法人登録(会社として成り立っている)している場所からのみ広告を受け付けます。

そのため、広告を出すなら法人登録が先。

多くの場合、お茶会などのイベントを主催している会社は、主催者を募集しています。

その流れに沿って、法人関係者として広告を出せるようにしましょう。

後は、法人の説明に沿って、イベントを掲載するだけです。

 

・広告を出さない場合

広告を出さない場合、友人の数がものを言います。

そのため、

  1. 人と会って、「イベントやるよ!」と言い続ける
  2. イベントを開催する
  3. 開催したイベントから、人づてにイベントを紹介してもらう

と言う流れが基本になります。

それを続けるだけ、イベント規模が大きくなっていくのです。

 

しかし、ぼくがこの方法をお勧めしたいのは、下記の理由から。

  • ファン(続けて参加してくれる人)が増えやすい
  • 広告費がかからない
  • イベント内容をじぶんで取り仕切れる

ぼく自身、まずは広告を出せるようにしましたが、

SNSツールで将来的には取り仕切り、広告費を掛けずにイベント展開出来ればと思っています。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、

  • オフ会とは
  • オフ会の選び方
  • オフ会を主催するには

の3点をまとめました!

 

ぼくはブログ活動のためによく参加していますが、

単純に人と話したい方には特におすすめです!

 

また、ぼくも今後、東京は池袋でカフェ会をやっていくことにいたしました!

今後、

  • フリートーク
  • 趣味会
  • 飲み会
  • バカ騒ぎ会

と言ったことをやっていければと思います。

もしご興味があれば、是非、下記のLINE@からご登録ください。

友だち追加

ではでは!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。