読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

つむじはげって、シャンプーと洗い方を変えればモサッ感が出る件

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170401201754j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

若いうちに育毛対策は始めたほうが良いと言いますが、正直、

  • つむじはげの見分け方
  • つむじはげの対処法

と言うのは急に言われてもどうすればいいか分からないと思います。

ぼくとて大学の頃につむじはげが始まり、今では前方後円ハゲ状態ですが。

そのころ有名だったスカルプなどに手を出しても、なかなか効果が出ないので泣きたくなった夜もあるほどです。

 

しかし、ここで言えることが2つ。それは、

  1. つむじはげの対処は意外と出来る
  2. 若いうちから育毛したほうが守れる毛根がある

そもそも今あなたが使っているシャンプーや洗い方が原因で、いくらきれいに洗っても抜け毛を推し進めるだけなんですよね。

つまりは、つむじはげであろうと無かろうと、20代になって薄毛でなかろうと。

今、対策しないとその分の毛根が死にます。

そんな体験を、ここ1ヶ月でやってまいりました。

 

と言うわけで、育毛1ヶ月の体験を踏まえて、

  1. つむじはげの見分け方
  2. ハゲや薄毛のメカニズム
  3. つむじはげに使うべきシャンプーと洗い方

の2点をお送りします。

 

諸注意

まず、今回の話をお送りする前に、この記事の表現方法について、申し上げておく必要があります。

この記事では表現があいまいになるため、その点ご配慮頂きたく思います。

 

理由は薬事法と言う、薬品に関しては明確な表現をしてはならないという法律があるからです。

個人差も多い薬の業界。そんな製品を誤った表現により購入、拡散されることを防ぐため、「なるかもね」レベルでどの薬品の宣伝もされています。

そのため、その基準にこの記事もならわせて頂きます。

 

1.つむじはげの見分け方

そもそも、つむじはげとは、

つむじ(頭の髪のうずの中央)から肌が見え、頭皮がさらされている状態のこと。

例えば、こういう風であれば一般的は髪の成長具合だと思いますが。

f:id:dashchan8318:20170401192105j:plain

 

こういう風な髪であれば、「ちょっと気を付けたほうが良いかも」となります。

たまたまオフ会で出会った方で、薄毛に悩んでいる方もこのくらいでした。

f:id:dashchan8318:20170401192230j:plain

 

2.ハゲや薄毛のメカニズム

ここで一度、髪の育ち方を説明します。

髪は基本的に、1日100本のペースで抜けていき、

 

  1. 毛が生まれる
  2. 毛が伸びる
  3. 毛が抜ける
  4. 毛が生まれる

と言う風なサイクルを、すべての髪が抜け変わるまで約3ヶ月で繰り返します。

だから、まず頭に入れて頂きたいのは、

髪が抜けるのは人間当たり前

と言うこと。

 

しかし、ハゲや薄毛の場合、

  1. 髪が生まれる
  2. 髪が伸びる
  3. 髪が抜ける
  4. 髪がなかなか育たない

と言う感じで、髪が生まれ変わるときに育ちきれない状態が繰り返された結果です。

なので、

  1. 最近のびてたなー
  2. 最近のびづらくなってるなー
  3. 最近はえないなー

と言うのを長い間で繰り返すのが薄毛やハゲと言う結果。

そこまでつかんだなら、何故そう言う生え変わらない状態が作られるのかを説明します。

 

3.なぜ薄毛やハゲになってしまうか

ここから表現がアバウトになりますが。

一般的に薄毛やハゲの原因として、

  1. 悪性男性ホルモンの増加
  2. 毛穴に脂が詰まりすぎている
  3. 栄養が足りない

と言われています。

 

現状、悪性男性ホルモン(男性ホルモンと5αリアクターゼと言う物質が結びついて出来たもの)を防ぐ方法は明確にコレ!と言うのは判明していないので、現状の予防策として2と3に触れますが。

ここでシャンプーの大事じゃないかなと思う話に繋がります。

 

まず、こちらの画像をご覧ください。(若干閲覧注意)

f:id:dashchan8318:20170401194127j:plain

これ、わたくしの頭皮(つむじ辺り)でございます。

赤いマーカーで囲ったのは、人の汗とあるもので髪をコーティングしまくっているゴミなのですが。

これ、一般的に売られているシャンプーを使うからこうなります。 

 

一般的に売られるシャンプーは石油が原材料で、その石油が汗に混じると塩化ビニールつまりはプラスチックと同じようなゴミになって、髪をコーティング(包むこと)します。

このゴミの正体は、そんなシャンプーのなれの果てと言うことです。

 

これがなぜまずいか。

それは、

  1. 毛根を詰まらせて髪の成長を妨害し、将来的に毛根を頭皮と一体化させてしまう。
  2. これらゴミにコーティングされた状態では、コンディショナーも育毛剤も届かない。
  3. 石油性シャンプーを使うと、脂で脂まみれの頭皮を洗っているのと同じ状態に。

と言う3つの理由から。

「嘘だ」と思う方は、容器に垂らしたシャンプーに食塩を混ぜて見てください。

ヤバい奴は、次第にシャンプーと食塩が混ざって固まっていきます。

それが頭皮で起こっている現象であり、本来これは塩が混じってもトロトロではないとまずいんです。

 

そのため、シャンプーはとにかく植物性油のものを選んだ方が良いんじゃないかなと思います。

その理由を、次に語る1ヶ月の体験談で説明します。

 

4.植物性油のシャンプーを1ヶ月使ってみた

今回こんな記事を書いているのも、先日じぶんで「良いんじゃないかな?」と言われるシャンプーを試した経緯から。

いっぺん、一か月前の先ほど頭皮がどう変わったか、紹介しましょう。

 

それが、この写真。

f:id:dashchan8318:20170401194203j:plain

先ほどのヤバい頭皮が、若干サラッとなった気がします。

先ほどの画像を上に並べるとこんな感じ。

(上が1か月前、下が記事を書く2日前)

f:id:dashchan8318:20170401194233j:plain

 

具体的な表現は避けますが、

ヤバい状態がうーん、ぐらいにランクアップしました。

そのうーんな状態を、つるんっ!な状態にするのが、約3ヶ月後。

髪の状態がリセットされたときです。

 

ここはダイエットと同じなのですが、続けないと髪もキレイになりません。

その点、大手育毛会社でも1年と言うスパンを取っているように、育毛も長期間の勝負なのです。

 

5.洗い方とシャンプー

さてさて、最後になりましたが、洗い方。

ここは難しい話ではありませんが、二度洗いすると脂が落ちやすいんじゃないかと言われます。

やり方は簡単で、一度シャンプーで洗った後、もう一度シャンプーで洗うだけ。

マッサージも効果的じゃないかと言われますが、洗い方、シャンプー、マッサージを併用するとワオッ!と言う感じだそうです。

 

と言うわけで、つむじはげのみならず、これからを生きるすべての人へのシャンプーと洗い方の説明でしたが。

個人的に「おおっ!」となったものが調べてみるとあるもので、こんな感じです。

 

ぼくはこんな感じので1か月後に髪を触って「ワオ!」となりました。

 

なお、

頭皮をきれいにしてからのほうが、育毛剤は「うんうん」となるので、

  1. 3ヶ月、植物性のシャンプーでゴミを除く
  2. その後、育毛剤を毛根へチョンチョン、とする

と言う感じかなと。

 

何事も、トライからです。

育毛、頑張りましょう!

ではでは!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。