マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

新入社員、終業間際に「ママーッ!ママに会いたいー!」と叫ぶ

記事を書いた人:だちまえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20170405225211j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

たまたまネットを見ていて、「これ使わないわけないだろ!」と言うネタを引っ張ってきてみました。

 

世間は入学式や就職で忙しい中。

それだけトラブルも多いらしく、

世の中には、つい母親への愛を口に出してしまう社会人も居るみたいです。

 

問題のツイート

もう、この時点で相当「この人やばいな」とすごく思いましたが。

  • 母親が子供に愛情を注ぎ過ぎた
  • 息子(?)は母親にすべてを頼り過ぎた
  • 世間で言えば距離を置かれる言葉が分かっていない

と、たかだかツイッターの一言とは言え、

この人の自立は20年30年先になりそうだなと凄く思ってしまいました。

 

このレベルの社会人が「ついに現れたか」と言う実感

正直、人がどう考えるかなんてその人次第。

それを笑うのは本当はやってはいけない行為だと自覚はしていますが。

それでも、「この先こうなるんだな」と言う実感を語るうえで、避けられないんですよね。

 

正直、こういう社会人、今後も出てくるんだなとすごく思いました。

例えば、

  • 辞表をメールで済ます
  • 上司や取引相手を友達と思う
  • 何も言わずに急に休みだす

と言うのは、少しばかり「どうだろう」と思いつつも、本人がやりたいように自主的にやっているんだろうなと何となく感じます。

 

しかし、公然の場で母親の呼称を叫ぶのは、

  1. 自主性が無い(じぶんから動けない)
  2. 言葉を選べない
  3. 場の空気を乱す

と言う、社会人どころか人としてどうなんだろうと思うことが沢山です。

もちろんこれから学んでいくことも多いのが新入社員とは思いますが、

こういう「人に頼りっぱなしの大人」と関わっていくことを思うとちょっと嫌に。

 

やっぱり人として、ぼくは相手に独り立ちしてもらえてこそ喜びを感じます。

そのベースが見受けられない人たちが増えていくのも、正直問題かなと思いました。

 

正直そのあたりは、「大人だからフォローはするけど、限度はあるよ?」と言う状態。

さすがに考え方は人それぞれとは言え、20歳を迎えるころには自分の考えを持ってその後を生きて頂きたいものです。

 

と言うわけで、皆様こそ急にどこかで叫んだりしないほうが良いと思います。

ではでは!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。