マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

30,000PV以上を保証する、人気ブログを作る習慣とは

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170406174612j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

いきなりですが、皆さんSNSを有効活用出来てますか?

今回はそんな、SNSと日頃の習慣のお話。

 

この記事こそブロガー向けに書いてますが、

初心者卒業と言われる閲覧数3万回にたどり着けないブロガー、

多いと思います。

ぼく自身そう言った状況を抜け出したいと思い、「あること」を習慣付けました。

その習慣は、月間10万回以上閲覧されるブロガーさんと、毎月3万回以下の初心者ブロガーを分ける「通過点」の1つであり。

デキる人とできない人のアカウントを見比べると、その差が一発で分かります。

 

そんな何気ない意識も1つの習慣にしていけば、

閲覧数30,000回や50,000回も一切夢では無くなります。

ここ3日間その習慣を試したところ、ぼくのブログも閲覧数が1日300回から400回以上に急上昇し、以降も伸び続けているくらいです。

 

と言うわけで、今回は人気ブログを作るための大切な習慣を、ご紹介いたします。

 

人気ブログを作るための大切な習慣

人気ブログを作る習慣。

それは、

  • ファン作り
  • ブログ告知
  • 閲覧数稼ぎ

そのすべてに関わります。

そんな習慣とは、

友達をとにかく作ること。

これだけ。

 

そもそも、ブログの本質を見直しましょう。

ブログやその記事は、読まれるから検索されやすくなります。

そうやって読んでくれる人をいくらSEO(検索キーワード)重視で頑張っても、

そもそも初めから読まれない記事が、検索で上の方に来るはずもありません。

だって、あなたのブログがそもそも知られていないんですから。

 

と、若干キツめに書きましたが。

じぶんのブログや記事を最初に読んで、読まれるような状態を作るには、

まず友達に読んでもらうのが1番手っ取り早いんです。

その中からあなたのファンが増えたり、

定期的に読んでくれる人が表れたりするわけで。

 

例えば、有名なブロガーさんのフェイスブックの友達数を見てみましょう。

大体2,000人前後かそれ以上と言う圧倒的な数です。

こういう人たちは、

  • じぶんから友達を増やした
  • もともと友達がかなりいた
  • ブログを書いていたら増えた

のいずれかのパターンだと思いますが。

少なくとも、何もせず200人前後の友達数で納まるブロガーほど、

ブログの認知度が一定に留まり、記事配信直後のスタートダッシュにも成功しません。

 

そうやって作った人間関係しだいで、一番最初に記事を見てくれる人の数が段違いに変わるわけです。

 

ちなみに、ぼくも友達を増やそうとスタート150人程度の状態から、この記事を書いている段階で250人前後に友人の数も増えましたが。

それだけで、1日300回と言う閲覧数が、楽々400回を超えるようになりました。

(正直、ぜんぜんまだまだですが)

加えて言うなら、そうやって友達の数を増やすだけ、ブログや記事が閲覧されるチャンスも増えるんですよね。

それだけで、ひと月10万PVも視野に入れられるようになりました。

 

人間、何事も成功のためには友人が不可欠。

いっけん当たり前に聞こえるそれも、こういったところで意味を成してくるのです。

 

注意点

勿論今回「友達増やすとためになるよー」とは言いましたが、

絶対、一気に友達数を1000人とかに増やそうとしないでください。

だから「方法」ではなく「習慣」なのですが。

 

など今の時代、SNSは種類が豊富。

しかし、スパムなど、有害な情報が不特定多数に拡散されないよう、

突然友達の数を増やそうとするアカウントは即座に警告、もしくはロックされます。

 

ここは定かではありませんが、

いい塩梅に「いいね!」、コメントと友達申請を繰り返さないと、まずブロックされると覚えておくと良いでしょう。

そもそもそうしないと、友達になってくださった相手にも失礼ですし、ぼくの場合でも相手を勇気づけるために「いいね!」やコメントを送っていきたいですからね。

 

ブログで成功するためにも、人として成長するためにも。

この習慣を身に着けると、いいこと沢山あると思いますよ?

 

ではでは!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。