マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

米軍がミサイル発射した超簡単な理由と、どうでもよく思う僕

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170407203907j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

たまには世間の話題にと、試しに書いてみました。

 

たまたまニュースを見て、

「アメリカ軍がシリアにミサイル発射した!」

だから何?みたいな。

 

輸入や外交によって成り立っている日本にとって、

  • アメリカが戦争すると経済がどうなるのか
  • これから戦争が始まるのではないか
  • 兵役が始まるのではないか

と心配する人、どうなのって話。

 

もちろん、いきなり攻撃されたシリアや、それをフォローするロシアが怒っても当然。

しかし、それに慌てる人に告ぐ。

なんでシリアが攻撃され、ロシアが怒ってるか知ってる?って話。

 

それを踏まえて今回の話を見てみると、

そこそこバカバカしく思えてくる今回の話です。

そもそも米軍がシリアにミサイルを撃ち込んだ理由

まずは全体像をつかむために超簡単な説明をザックリ。

ようは、アメリカがロシアにいい顔されたくないからミサイル打ち込みました。

それだけ。

この可能性自体は、中東政策がニュースで取り上げられるようになった頃から、かなり騒がれていました。

 

歴史的に言うなら、

  1. 9.11等、中東に嫌がらせされたアメリカは中東政策(中東の武装勢力を一掃する政策)に乗り出す。
  2. 中東政策の対象にはシリアも含まれており、シリアはWMD(大量殺戮兵器)を所持・使用した「かも」と乗り出す。要は「分かってないけど確認させろや!」と言う「あてずっぽ」。
  3. シリアは経済・軍事面でロシアとソ連時代から密接に関わっており、そのためシリアに乗り出したアメリカにロシアは激怒。
  4. あてずっぽでも一度政策に乗り出したせいで、アメリカ、ロシアに「シリア出兵はなんだったんだ!」と言われかねない状態に。
  5. アメリカ、早めにシリアを攻略して理由でっち上げたいからシリアにミサイル発射(話によれば50発以上)
  6. 安倍首相、よく分かんないけどアメリカの言うことだしとアメリカを支持。

と言う感じ。(2017/4/7 20:00時点)

参考記事:アメリカはどうしてシリア攻撃に踏み切ろうとしているのか? | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 

北方領土の話どないしたん?」と、総理大臣の言ってることが矛盾してたので、最後に安倍首相の話をちょいと付け足しましたが。 

要は、アメリカとロシアのにらめあいっこにシリアが巻き込まれただけ。

だから、話はアメリカとロシアのケンカなだけなんです。

 

日本がアメリカとロシアのケンカに巻き込まれる理由は無い

これが、ぼくがこの件に関してわりと無関心な理由。

たとえば国に急に「銃を手に取れ!」なんて言われたら即刻拒否しますけど、この話はアメリカとロシアのそれ。

日本がわざわざ参戦する理由は無い。

そこは断言しておきます。

国だってじぶんから参戦するほど、愚かでは無いはずですし。

(と言うかそれしたらしたで、クーデターが起きかねないけど)

 

それなのに日本の方の8割が、

  • こどもが出兵したらどうするの!
  • 日本が戦争に巻き込まれたらどうするの!
  • じぶんたちに兵役が来たらどうするの!

とか考えますけど。

 

それを考える暇があるなら、

  • ほかの国の国籍を取る
  • 国外逃亡の必要性を考慮する
  • 国に頼らず生きていく手段を考え、行動する

と言うことがいくらでもできるはず。

だから、「どうなるのよ!」と主婦が騒ぐ間はいつまでも平和です。ハイ。

 

だから、ぼくはこの件に関しては一切無関心であり、

今日できることをとにかくこなし、いつ死んでも後悔無きよう生きるだけです。

それが、ぼくにとっての幸せです。

 

そう言う幸せや平和にこだわるならこそ、

じぶんにもできることは沢山あるはず。

 

デモや反政治活動に加担する前に、

じぶんに出来ることを最優先に考えたほうがかなりマシです。

 

ではでは!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。