読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

お金があるのに使えない1週間でぼくに起きた禁断症状

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170409223602j:plain

だちまえ(@dashchan8318)です。

じつはこの記事を書いた日に、1週間ほど岐阜へ出張へ行っていましたが。

その時に起きた禁断症状について。

 

会社の出張の良いところは、こんなところ。

  • 宿代負担してくれる
  • 食事代負担してくれる
  • 消耗品の費用負担してくれる

しかし、当然そこには「一般論」が絡んでくるわけで。

 

そんな出来事と戦いながら過ごした1週間を、簡単につづりました。

金銭的には楽。でもつらかった1週間

転職してから初の1週間出張は、なかなかに長かった。

一応現在メーカー系に勤務しており、その出張目的は工場立ち上げ見学。

そんな勤務中のお仕事と言えば、

  • 施設の勉強
  • 工事の一部作業のご協力
  • 上司のミスで直径20cmのローラ160個にビッチリ乾燥・付着し巻かれたガムテープ剥がし

とか言う意味あるなし色々な代物で。

まあ、そこは別に今回の話とは違うのですが。

 

そんな期間中、食事や休憩中の飲食物、宿代はすべて会社持ち。

おまけに足りないお金は会社に前借可能。

最初こそは金銭的に苦しかった背景から、「そこそこ便利!」と、ありがたく思っていたのですが。

 

しかし、あとあとその問題が少しづつ見えてきて。

と言うのも、好き勝手ものを買えないことが何よりのネック。

  • 買い物をするときは全員が行くときにしか買えない
  • 近くのコンビニまで距離があるため行けない(加えてその1週間は雨)
  • 会社の人に買うものの値段をそこそこチェックされる(例:1回の食事費は1,000円前後、など)

買う量やタイミングをその都度決められるため、

好きに食べたり買ったりできなかったんです。

 

途中で起きた禁断症状

好きに食べたり買えない。

そんな状況のおかげで、若干の禁断症状に陥った今回。

  • 1日目:会社負担!?ラッキー!
  • 2日目:そうか、買っても良い範囲はあるのね
  • 3日目:糖質制限してる分食べたいな買いたいな~
  • 4日目:こっそりホテルのレストランで食べるには単価高いよ~
  • 5日目:食わせろぉ!!
  • 6日目:(ホテル周りのコンビニを夜間11時に駆け回る)
  • 7日目:(帰宅後)好き勝手食ってやる!←今ココ

他人や会社の目を気にしてばかりだと、

やはり自分の自由が無くなるわけで。

その自由を奪われると、

買い物だけでも不愉快に感じてしまった今回でした。

それも、不要な出費をたくさん増やすレベルに。

 

お金はあっても、使えないと自由が無い。

そう言う苦しさを、今回は身をもって味わいました。

 

やはりお金は〇〇に使いたい

やはりお金は自由に使いたい。

それを今回あらためて思いました。

 

もちろん会社勤務なら、

などをフォローしてくれるわけですが。

そんな手当に甘えているうちは、結局会社の目から逃れられません。

 

自由な生活は、じぶんで物事を行って初めて実感できます。

そうした自由は主体性を持って生活が1人でできるようになってからなんだろうなと、今回本当に実感しました。

 

甘えるも厳しくも皆様の自由ですが、

他人の目を気にするうちは、「自由」なんてそもそもないかもしれませんよ?

 

変えていきましょう!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。