マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

月収1000万の人でも他人のコンサルティングを受ける理由3つ

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170410223016j:plain

だちまえ(@dashchan8318)です。

じつはドМなりに、人材育成コンサルティング業の友人を見つけ、

ブタがムチを打たれるレベルで目標設定に付き合ってもらっているこの頃。

 

と言うのも、月に100万稼ごうと1000万稼ぐひとでも、じぶんを磨く手段として、ひとにじぶんの習慣をコンサルティング(見直し)してもらうなんてよくある話。

習慣こそが、ひとの成功を導く「道しるべ」。とは言えじぶん一人だといくらでもぶれますよと。

その週間のブレを治すには、他人との質疑応答が一番なんですよね。

 

ぼくはこう言うコンサルを受けてから、

  • 目標の立て方が明確になった
  • 目標に合わせた行動が出来るようになった
  • 目標に対する結果が出ている

と言うメリットが沢山。

そういうチェックを他人に入れてもらうことには、それだけの価値があるのです。

 

と言うわけで今回は、「金持ちでもコンサルティングを受ける理由」をお送りします。

 

金持ちだって受けるコンサルティングの理由

一応これは、せどり(転売)の専門家に聞いた話で。

 やはり事業に挑むとき、

  • どこから始めればいいか分からない
  • 他人と甲乙つけてしまう
  • なにを優先すればいいか分からない

と言った問題に陥ることもよくあるそうで。

そういう時に備え、そう言う人材育成の専門家から、習慣に関するコンサルを定期的に受けるのだそう。

 

結局のところ、こういうコンサルにニーズが生まれるのも、

  1. どの事業も必要な習慣は一緒
  2. 忘れている物事の本質を思い出させてくれる
  3. 悩みや不安を取り除いてくれる

と言う3つのポイントがあるから。

 

と言うわけで、その3つの理由を詳しく解説します。

 

1.どの事業も必要な習慣は一緒

まず初めに、どの事業も必要な習慣は基本的に一緒だという話から。

例えば、最近学んでいる「7つの習慣」と言う内容から、初めの3つの習慣を抜粋するとして。

  1. 主体的になる(じぶんから動く)
  2. 終わりを決めてから始める(目標設定から行動を逆算する)
  3. 一番大切なことを優先する(目標達成に必要なことからこなす)

と言う習慣がまず挙がるわけですが。

例えばブログやせどり、その他不動産でもなんでもそう。

これ、目標達成に向けてどの事業家もやっていそうなことであり、だからこそ重要だというのは皆さんもなんとなくわかると思います。

 

じぶんにとって幸せや成功をつかむ習慣と言うのは、どの分野も共通してます。

だからこそすべてのベースとなり、あなたの財産を築いていくのです。

 

2.忘れている物事の本質を思い出させてくれる

次に、忘れた物事の本質を思い出させてくれるという話。

上で挙げた「共通した習慣の話」も、読書で学べばあえてコンサルを受ける必要もないのではないかと思う人も多いでしょうが。

その本に書かれている内容もあくまで概要。

その本質は、人に会わないと学べません。

 

例えば、あなたとて「目標」と言う言葉の意味を聞かれると、

「具体的な数字や期間を決めて、その数字に向かって努力すること」だということは分かるでしょう。

しかし、それをやっているかと問われたとき、「できていない」と言う相手が居なければ、じぶんの反省にもつながりません。

 

本はあなたに反論できない。ひとならそれが出来る。

そうした細かいところまで確認できて初めて、無駄な習慣をいじくりまわせるんですよね。

 

そうした本と人の違いは大きく現れるのです。

 

3.悩みや不安を取り除いてくれる

「ぼく、こうしたいんですよね」

そういう心配や不安、誰にでもあります。

それを個人で解決するのは無理でも、

別の相手が居れば、客観的な意見をくれるでしょう。

 

例えば、じぶんが考えた内容と他人の見たそれは、大きく異なる場合がほとんどです。

それを不安がっていても、それは次の挑戦にはつながりません。

そう言う客観的な意見をくれるのもコンサルタントの特徴。

 

べつの意見を貰えて初めて、「こうするだけだったんだ!」と言う内容も見えてきます。

 

まとめ:ひとにやり方を見てもらうのは自分磨きに繋がる

やはりじぶんでも思うのが、

こういうコンサルを受けて初めて、ぼくもじぶんのブログと向き合う気になれたなと言うところ。

 

それまではと言えば、「毎日1記事挙げればノルマ達成!」と考えながら残りの時間は自由気ままに遊んでいましたが。

それなのに閲覧数を気にしても、いくら時間がたっても、伸びないことに変わりありません。

だって、その目標数に対する活動をしていないから。

ぼくとて目標設定は大の苦手ですが、そう言うところを見直してから、きちんと取り組もうと思うようになったくらいです。

 

そうした活動に専念し始めた結果、

1日350PVが、わずか1週間で500PVに伸びたりもするのです。

 

もちろんその人がコンサルの専門家であるかどうかという見分けも重要ですが。

そうしたコンサルティングを受ける相手を見つけられると、じぶんの目標や習慣に磨きをかけることも十分可能だと思いますよ?

 

磨きましょう!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。