まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

副業で稼げる人は100%、システムや方法にこだわらない

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170412222255j:plain

だちまえ(@dashchan8318)です。

最近カフェ会をやって参加費を貰い、「こんな簡単にお金貰えて良いんだ!」と感動したときの経験を踏まえて。

 

その時の儲けこそ、単純に1,500円ほどですが。

そもそも1月アドセンスで3,000円とか、アフェリエイトで利益でないとか。

そう言うことばかりにこだわりまくった毎日に比べると、断然簡単にお金を増やすことができるんです。

 

そう言うことを考えてみると、

  • せどりアフィリエイトなどに尽くしてみたが、なかなか成功しない
  • 民泊やマンション業に挑戦しようにも、資金が無い
  • 株でどの企業のを買えば成功するか全くわからない

そうやって難しいシステムや方法を使おうとするから結局何も成功しなくなるわけで。

 

ぼく自身そうした経験をしてみて、思ったことが。

システムや方法に絶対はなく、そう言うのにこだわるから何もできなくなるんじゃないかってこと。

 

その理由を、今回の記事でお伝えできればと思います。

世の中どんな方法でも「成功」できる

まずぼくがこの頃本当に学んだことで。

人がどの手段でお金を稼ごうと、その分野での上限と言われるところまでは稼げるということ。

必要なことは単純で、「やれ」と言われたことを徹底的にやり続けるかどうか。

ただそれだけ。

 

極端に言うなら、サラリーマンだって貯金額の目標を決め、その中で生活すれば必然的にお金はたまっていくわけで。

それも大体のサラリーマンにとっては「成功」のはず。

 

成功の本質は結局、本人が満足する数値まで物を持っていけるかどうか。

そのことを忘れずに、次の話に進んで頂きたい。

 

システムは難しいほど扱いにくい

そもそも、「システム」や「方法」なんて、あなたの願う500万であろうと1,000万であろうと、それに届くようにするための「道路」にすぎない。

それがいかに険しかろうと、歩む歩まないかで全てが決まる。

だから、方法やシステムがいかに素晴らしかろうと、それを使う人によってはゴミクズ同然。

加えて、その「方法」とやらが素晴らしく聞こえるだけ、実はその分お金を持っていかれていることを把握していない人が8割も居る。

 

例えばアフィリエイトは、売れた商品の手数料5%とかを、宣伝料としてもらえる仕組み。

売れば売るだけ売り上げも上がるが、よくよく考えると、残りの95%は会社に持っていかれている。その95%も貰えない以上、ぼくだったら頑張る理由なんだろうってなってしまう。

 

もちろんぼくだってお勧めしたい商品が世に沢山ある。

それを紹介するのもぼくの仕事だと思ってはいるものの、イベント1つ行った際の参加費のほうが、効率はかなり良いはず。会場費が仮に1万円で、1人1,000円のチケットが20枚売れればそれだけで1万円の利益だ。

そこでアフィリエイトにこだわらくなり、今後イベントを定期的にやっていきたいなと考えるようになったわけだが。

 

そうやって変に会社を挟まないほうが、貰える費用に対する出費が簡単に見えてくるのである。

そこを忘れて「1億毎月稼ぎたい!」で終わるあいまいな将来設計をするから、それを「叶えられそうな」システムや方法を探し始めるわけで。

 

よく考えてほしい。

みんなやってるとか言うその副業、結局だいたいどこかの会社挟んでますよと。

そんな会社がBtoB(対ビジネスセールス)なんてやってたら、その分のコストは計り知れない。

そんなややこしい金銭計算が出来るならとにかく、それができない初心者が無理やりそれを学ぼうと頑張るから、途中でこと切れるのだ。

 

ある人は言った。

「努力する時点であなたはそこに向いていない」のだと。

物を挑むなら好きであれ。

そんな好きさ具合も、その副業についてどれだけ学べるかにも関わってくるのである。

 

副業はじぶんが一番身近に感じるところから始めよう

正直のところ、ぼくはあまり頭がよろしくない。

アフィリエイトなんて正直なにがどうなっているのかまだまだ分からないことばかりで、そんな話をその都度周囲から、ブログを初めて1年経とうとしている今なお学び続けている。

ある意味そんな部分も、「アフィリエイトでお金を稼げるイメージが付かなかった」と言う理由が大きかったから、と言うのもあるのだが。

 

そんな具合に、

もしあなたがお金儲けで成功したいなら、お金を稼ぐイメージの付きやすいところから始めたほうが良いとぼくは思う。

例えば、

  • 写真撮影
  • 料理や掃除
  • お仕事コンサル

など、そうしたサービスを1時間1,500円以上とかで定期的に展開できるようになれば、それも十分な副業。

それが出来ないからとやりやすそうなアフィリエイトや株に走る人は多いけれど、そもそも「やりやすい」って何だろうって話。

 

やりやすいやりにくいは、最終的にあなたが精神的にやりやすいと感じるかどうか。

「楽に」なんていうのがあり得ないように、そう言う技術や人間関係など、下準備の必要なものは必要なのだ。

 

例えばぼくの場合、今後イベントを展開して当面1日1万円稼げるように頑張っていきたいよと。そうすれば1月30万円も夢ではなくなる。

そうすると、

  • 他のイベンターに負けないイベント企画
  • お客を呼び込めるだけの人間関係とその幅広さ
  • じぶんのトークテクニック

などが必要になるわけで。

先は遠いのは若干分かっているが、それでも必要な作業が分かりやすく、じぶんが楽しく厳密な数字を追いかけていけるとイメージできたので、なら後はやるだけ、と言う話。

 

そうしたイメージを追いかけるから目標と言い、それを実現させるから成功と言うわけで。

それができないからこそ、8割以上の副業家はお金だけ使って不透明な計画性に後を追われることになるわけで。

 

イメージと目標がつかめれば、どんな副業も成功するのだ!

やりましょう!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。