マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

「社長=金持ち」は、ド素人が100%陥る勘違いな件

記事を書いた人:だちまえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20170413222200j:plain

だちまえ(@dashchan8318)です。

最近個人事業主(=社長)さんと出会うケースが多いのですが、

「〇〇業で成形立ててます」と言うと、

「スゴイ!金持ちなんですね!」とみんなに褒められるのだそう。

しかし、どの社長も実際そんなわけ無いんですよね。

 

ここはサラリーマンと大きく認識が異なる部分ですが、

サラリーマンを辞めれた=金持ち、

では無いんです。

 

では、どういうことなのか。

そこを紐解くと、なぜ事業主が事業主として頑張れるのかが見えてきます。

事業主は金持ちではない。計画性があるだけだ

例えば、サラリーマン生活を辞めれたAさんが答えてくれたのは、

「ぼくは別に金持ちじゃない」と言うこと。

 

そもそも今回の記事も、この方との何気ないやり取りから始まったのですが。

その方に「金持ちじゃないならどういう状態なのか」と聞くと、

 

「何年か先までのお金の使い道を決めているだけ」と答えてくれました。

 

ぼくもこの話を聞いて、「サラリーマンを辞める」というのはココに行きつくと思ったほどで。

勘違いしてはならないのは、お金をたくさん持っていてもいずれそのお金は尽きるということ。

そう言う状態を脱するには、お金の収入と支出のバランスをじぶんでコントロールするしかないんですよね。

それが結果としての独立や自立であり、それが出来るから事業家は事業家としてやっていけるのです。

 

そう考えると、「お金があればどうにかなる」と言う考えも見直すべきじゃあないかとぼくは思います。

お金があれば、生活は楽です。しかし、20代に1億円手に入れようと、金銭感覚がくるって全てに使い始めれば、

  • その他人間関係

などばかりに無計画に使い続け、結局手元からすべてが無くなります。

そんな状況でもし、仕事を辞めて生活してれば。

少なくとも、収入と支出をコントロールできないでしょう。

結局、その人は金銭的に何かに依存したままで、また会社などにお金を定期的に支払ってもらえるような環境に落ち着くしかありません。

 

少なくともぼくはそう言う話を聞いて、

やっぱりキャッシュフロー(収入が支出を上回ること)を管理できるっていいなって思いました。

 

皆さんは、お金の無駄遣いしていませんか?

「会社で働き続ければお金がいつか入ってくる」と期待していませんか?

どう思うかは皆さんの自由ですが、

少なくとも、いやいや働く会社に結局依存し続けるのがオチかもしれませんよ?

 

人生は皆さんの思うようにできるものです。

じぶんが、きちんと生き方をコントロールできればの話ですが。

 

考えましょう!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。