まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

家系のやりくりしたいなら、車を手放せば4,000万円浮く話

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170416120025j:plain

だちまえ(@dashchan8318)です。

たまたまニュースでこう言う記事を見つけました。

www.excite.co.jp

この記事、なかなかすごいのが。

サラリーマンが一生で稼ぐ1億5千万(生活費、食事費等込み込み)の内、4,000万円も無駄遣いしていることを証明してくれたのです。

 

多くの人は大体、

  • 車があれば移動が楽になる
  • 一般的な人は車を買っている
  • 車は一つのステータス

と考えますが。

ぼくは今回の記事で語ります。

 

ぶっちゃけ、その考えムダです。

車のメリットは「移動手段を増やすこと」だけ

ぼくの友人の多くにも、気付けば車を買っていたと言う人が多いですが。

そんな理由も、

  • 田舎だから車が必要
  • 実家からだと勤務先が遠すぎる
  • 20代になって社会人なら大体買い始める

と言う、特に理由のない内容。

 

そう言う時ほど、SNSに挙げている写真を見て思うのが、

たかだか一般向けの量産車をステータスとして何になるのだろう?

と言う話で。

 

そもそも、先ほどの記事の一部を引用すると、

以下、すべて1年当たりの費用に換算

●ガソリン代:15万6250円(日産キューブの場合)

●整備費用など:9万6000円

●税金・保険:8万1135円

●高速道路通行料:3万円程度(年間)

●駐車場代:14万4000円(1万2000円/月×12カ月)

これだけで年間50万7385円、月額で4万2282円がかかっています。

車にかかる費用は生涯で約4000万円! - エキサイトニュース(1/4)

ちなみにコレ、車のローンや不定期な事故・修理を抜いてです。

約5万と言う額が新卒の給料20万円から抜かれるのはかなりヤバいはず。

加えて、ローン費、維持費などは逆算で6万、7万はするはず。

 

それだけで月に12万円以上が、車の費用に消えます。

そうなると、月の給料20万から12万円引いて残り8万円。

親の負担分が無ければ買えもしないのが納得です。

 

加えて、

  • 物への衝突による事故
  • 人をひいたなどの事件
  • 付きまとう「どこに停めるか」問題

そう言うことが定期的、もしくは突然起きるようでは、心もなかなか休まらないはず。

 

ぼく自身、人を傷つけるのは嫌ですし、毎月10万円以上が負担になるのも嫌です。

そうなると、車のメリットって、「移動しやすくなる」ことただ一つ。

 

もし車にあまり乗らないなら、

  • カーシェア(人に車を貸してその分の代金を受け取る)に出す
  • 車を捨てて電車で生活できるようにする
  • 生活に困らない場所に引っ越す

などの手段もあります。

そうなると、車の唯一のメリットもなくなっちゃうんですよね。

 

そう言う代用が出来るのに、

なぜ車は必要なのだろうと、ぼくは思います。

 

そうした趣味やステータスとして持つのは良いですが、

なぜ必要かを考えるのも、一興かもしれませんよ?

 

ではでは!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。