読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

ブログの方向性を決めるなら、まず1日4記事以上書こう

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170417185708j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です!

今回は、「本当にじぶんが何を書きたいか分からない!」と言う方々に向けて、最近人から学びつつ、じぶんで経験したことを語ります。

 

たとえば、ぼくは2016年5月にブログをスタートしてから、

  • アフィリエイト記事書かないと
  • 読まれる記事書かないと
  • ファンを作れるネタ記事書かないと

とばかり考えて、結果的に一番肝心なブログの方向性が一切決まってませんでした。

ぼくは「20代がローカルから始められる起業情報と必要な習慣」なんてのをテーマに書き始めたのは、実のところ、ここ最近。2017年の2月くらいからでしょうか?

 

そうやって、

  • テーマわかんないけどブログ続けてれば成功するんでしょ系の人
  • たまたまヒットしたテーマに沿ってるけど書きたいことじゃない系の人
  • その他本心で何書きたいか分からない系の人

と言った、テーマが定まらずにとりあえず雑記ブログやってる人、結構多いと思います。

 

そもそもここが決まらないと、

  1. 集客
  2. ファン作り
  3. 取り扱うアフィリエイト商材

を選ぶのに、かなり苦労するんですよね。

 

しかし、じぶんが本当にしたいことを見つけるのは、やれば案外簡単です。

 

今回紹介する手段はスパルタ方式ではありますが、「じぶんがどういうテーマで記事書き続けたいか」を決めるのにはうってつけなものの1つだとぼくは自負しています。

と言うわけで、参りましょう。

今あなたはまさに「にごった情報を溜め込んだ状態」にある

一旦この記事に興味を持っていただけたなら、まず水槽をイメージしてください。

それはあなたの脳内であり、どんな情報を溜め込んでいるかを見ることができます。

 

f:id:dashchan8318:20170417185911j:plain

水にも軟水、硬水とあるように、含まれる栄養やよごれも人それぞれ。

ある人に「良いなこれ!」と思ってもらえる水槽は、その人向けの情報を溜め込んでいます。

しかし、

  • あなたが売れると勘違いしている情報
  • 世間のものをただまねているだけの内容
  • あなたが当たり前と思っている間違い

などでにごった情報は、一貫性が無く、じぶんが見てもにごっていることがよく分かるから、だれもその水槽を求めはしないんですよね。

 

f:id:dashchan8318:20170417190158j:plain

これが、「にごった情報を溜め込んだ状態」。

これだと、中身が本当に害の無い情報なのか読む人だって分からないし、じぶんだって、その水槽の最深部にある「じぶんの本心」には決してたどり着けません。

 

そうなると、その本心にたどり着くには、余計な情報を出し切る必要があります。

 

じぶんの本心に気付くために余計な情報を出し切ろう

これは、ぼくの友人から聞いた、昔だれだってできて今出来なくなったことの話。

子供は本当に純粋無垢。一切の偏見や差別を知らず、じぶんのやりたいことに素直です。

それが大人になるにつれ、

  • 社会常識
  • 偏見、差別
  • システム

などにこだわっていくせいで、かつてじぶんが知っていた「本心」を忘れちゃうんです。

 

そうなると、ここからが荒療治。

じぶんの原点に返るには、半日でも1日でもかけて、すべてをノートに書き出す手段しか、いまのところぼくは知りません。

 

f:id:dashchan8318:20170417190444j:plain

先ほどの水槽の話に戻るなら、いっぺん溜め込んだ情報をすべて吐き出して、からの水槽から何が見えるか見つめなおすしか無いんです。

たとえばここで「水槽の水を取り替えればいい(情報を取り替える)」と思う方も多いかもしれませんが、それだと次の水(情報)が新鮮か汚れているか保障が出来ません。

 

f:id:dashchan8318:20170417190635j:plain

なにより、そうした本心を見つめなおせば、

  • じぶんがどうしたいか
  • じぶんが何をしなければならないか
  • じぶんがどの分野で生きていきたいか

そんなことがクリアとなり、一色に染まった水が、勝手に水槽の奥底にある本心からあふれてきます。

そうやって初めて、「ぼくこの水(情報)好きだな」と言うコンテンツが溜まってくるのです。

 

その結果、(ブログとは一切関係ない)ぼくの友人は「人に尽くしたい」と言う本心に気付き。

ぼくで言えば、「20代に向けて情報提供したい」と言う本心が残りました。

 

なぜ1日4記事がテーマ作りに最適か

さて、ブログの話に戻ります。

1日4記事という作業をたまたま1週間取り組んだことがあるのですが、とにかくキツイ。

一応これにも理由はあって、

  • コンテンツ数を増やせる
  • 閲覧数を伸ばせる
  • 記事作成を習慣化できる

などのメリットがあるわけですが、ぼくはこの「1日4記事」が余計な情報を出し切り、じぶんのブログの方向性を決めるのにうってつけではないかと思いました。

 

手順は簡単で、

  1. 1日4記事を1週間以上続ける(ネタを出し切るまでなので、記事数や期限を設けたらダメ)
  2. 1日4記事だとSNSなどでネタ集めしても尽きてくるので、そこまでがんばる
  3. 「どうしても4記事書こう!」と思うと、最後のほうが数稼ぎのための「じぶんだから書ける記事」になってくる
  4. そうした最後のほうで思っていた方向性がじぶんの本心となるため、そこを軸に展開していく

と言う感じ。

これを見る限り、ブログ継続が習慣化していない方にとっては、かなりスパルタとなってしまいましたが。

世の中のだれもが、じぶんのことを喋りきった後でないと、じぶんの本音が出てこないものです。

 

好きなものとか、

やってきたこととか、

ありとあらゆる全部を出しきって。

それでも「しゃべって?」と言われると、そうした後に出てくるのが、子供のころに感じた純粋な想いだったりするのです。

それこそが、純粋なあなたの本心。

 

人の「好き」とはじぶんが一番分かっていながらも、そうした分析を用いないと本当に分からないものなのですから。

 

もちろん、ネタのストックもいいことですが、それでは他人やじぶんが思ったことをただトントンと記事として書いていくだけ。

切羽詰ってこそ、

  • じぶんが求める情報
  • じぶんが必要とする技術
  • じぶんが一番好きな想い

と言うじぶんの本心と向き合えるのです。

 

これはあくまで1つの提案ですが、それでもやるとやらないでは大きく差が出ると思いますよ?

 

実践しましょう!

ではでは!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。