読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

今の20代の夢は「時給1,500」。その程度で夢を語るな!

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170417191415j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です!

たまたまSNS経由でこんな情報が入ってきたので、ちょこっと書いてみました。

 

今の20代、時給は1,500円が良いと、わざわざデモまで起こすそうです。

www.asahi.com

なんだかこれ読んで、

帰れやてめぇら。

とちょっとなっちゃいましたが。

 

そもそも誰もがお金の稼ぎ方について最初こそ素人とはいえ、

「副業」、「起業」

というキーワードだけは、20代にもなれば全員知っているはずなんですよね。

 

それを知っていながら、「現実的に稼がないとお金たまらないから夢が無い」と語る世の8割以上。

正直、そのレベルで夢や情熱を語らないで頂きたい。

やるかやらないかで時給1,500なんてすぐ超える

ぼくがこの記事を読んで思ったのは、

「だったら知ってることやってる?」

という感想だけです。

 

そもそも、今の世の中、

  • 30年40年同じ会社に勤めてようやく若干楽できるようになる
  • 10年以下の勤務の場合、特に稼ぎは出ない
  • 中小企業の場合、大手ほどの稼ぎは出ない

とか言うのは、事実かどうか確認してなくても大体の人が分かってます。

なのに、

  • 副業やれば会社に怒られる
  • 独立すれば経済的に苦しくなる
  • 借金しないと会社は立ち上げられない

とか言う理由を勝手に付けて、本人が分かっている「副業」や「起業」という可能性をあきらめてしまう。

 

結果、ほかの人たちと一緒にデモに参加するしかないんですよね。

(とはいえ、結局会社にバレれば給料や立場に響くはずなのですが)

 

そう言う流れが1発で分かるようになると、

株でも副業でも何でも良いから帰ってやれや。

という本音に行き着いてしまうのですが。

特に株なんてどの会社でも何でか認められてるでしょ?

 

第一上で挙げた「副業を諦める理由」についても、

  • 副業しても会社には怒られても、社会的には罰せられない
  • たかだか1万円から始められる起業もある(ブログなど)
  • 借金しないと会社が建てられないのはウソ(自宅を会社にするなら20万円くらいで法人化申請できる)

調べればそれだけ分かることは分かります。

 

加えて、「変な人に株やら不動産でだまされるのヤダ」なんて言っても、そもそもあんたら時給1,500円であれば夢があるとかだまされとるやないか、という話。

そもそも皆様にこそ疑問に感じていただきたいのが、なぜ入社時に勝手に給料これだけねといきなり提示されながら、その額で受け入れているのかと。

仮に生活費など込みこみでも、基本給が20万円であるべき理由はどこにもありません。

 

顧客が居て、サービスを提供できる状態なら、お店が無くてもサービス代2,000円を受け取るなんてフツーに出来ます。

そんなサービスを1時間で済ませれば、それだけで時給2,000円。

世の中、それだけ単純なのです。

実際、ぼくも過去の経験から、「イベント展開すれば時給1,500円も簡単」と気付けたほど。

 

  • データ集めしない
  • 人間関係を作らない
  • 必要な技術を磨かない

そんな人たちが給料増やせと言ってもそれはナンセンス。

国自体がフォローしてないの分かってるから怒っているなら、なぜそこの依存を抜け出そうとしないのか。

それこそが主体性(じぶんから動く心)の無さであり、そう言う状況に甘んじて受身(受動的)になっている以上、ムダ。

 

生きる理由も無く、ただ「1,500円稼げば人生楽になるから」などのあいまいさを「夢」というのを止めていただきたい。

その上で、時給を2,000円や3,000円、それ以上を稼げるようなことを「夢」と呼び、数値化したゴール(月500万円、など)を目標に動いていただきたいものです。

 

じぶんから動きましょう!

ではでは!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。