マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

【副業】超簡単に設定できる、目標の立て方の4ステップ

記事を書いた人:まえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20170418223552j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です!

これは最近、ぼくがサラリーマンを辞めるまでの道筋を立てるまでに活用した手段です。

 

例えば、世の中に「サラリーマン辞めたい!」と思う人は多くても、

金銭的に稼いでいく自信が無いから諦めてしまうものです。

ぼくとてこれまではそう言った方々と同様でしたが、

目標の立て方をきちんと理解できてから、もうサラリーマンを辞めるまでのある程度の道筋は出来上がったんですよね。

 

むしろ、これを理解しているかしていないかで、

  • 何をすればいいか
  • 何がノルマか
  • 何をもとにじぶんを磨くか

これらが一切分からず、仮に副業をしていても、いつ経済的に自由になれるかは後先遠くの話になってしまうかもしれませんよ?

 

と言うわけで、そんな簡単にできる目標の立て方を、ぼくなりのやり方でご説明いたします。

目標の立て方の4ステップ

例えば、

  • 1億円稼ぎたい!
  • 10万人以上に囲まれる人気者(スター、芸能人)になりたい!
  • 後世に語り継がれる偉業を成し遂げたい!

と言う方々は多いですが、

 

いつまでにそれをやるの?

 

そう言われると、多くの人が黙り込みます。

 

それは結局、本人が実現可能では無いことを一番知っているからかもしれません。

ぼくとてこの方法が分かっていなかったら、

「来月10,000PV(閲覧回数)を伸ばす!」

と言っても、何をどうすればそれが実現可能か見えなかったので、結局目標を先延ばしばかりにしていました。

 

しかし、きちんと目標を立てられれば、そうした非現実的な内容も、達成可能に大きく近づきます!

そんなぼくなりの目標の立て方を、今回ご紹介いたします。

 

1.まずは目標の数字と期限を決めよう

まずは、最初の話の続きになります。

仮に自力で20万円稼ぎたいとなったら、そこに期限を付け加えましょう。

 

例えば、月20万円なら、必然的に20万円を30日で稼ぐことになります。それでもOK。

その期限自体はいつでも構いませんが、成果を出すまでの期間は皆様にとっても短いほうが望ましいはず。

なので、現実的な期限の設定が好ましいです。

 

「期限を設定しろ」と多くの人が語りますが、その理由を説明してくれる人は多くいません。

しかし、ぼくは次のステップで、その重要性を理解しました。

 

2.日数で分割し、それをノルマとする

次のステップ。目標の数字を日数で分割してください。

目標が20万円なら、30日で分割すると四捨五入で約6,700円。

分かりやすい数字にするなら、毎日7,000円稼ぐ、と言うこと。

 

これをあなたが目指す目標のノルマとしましょう。

そうすれば、次のステップで「何をすればいいか」の考察に繋がります。

 

3.ノルマ達成に何をしなければならないかを考える

ここからがあなたの考えをフル回転させるところ。

仮に1日のノルマが7,000円ならそれをいかに稼げるかを考えましょう。

 

例えば、あなたが何か物を売るとして、それを単価7,000円にすれば1日のノルマ達成。それを30日続ければ、月21万円の手取りです。

そこから引かれる分が無ければ、純利益21万円。

そうすれば、今月の目標は達成です。

 

仮にそうでなくても、別々のサービス展開をして、1日7,000円稼ぐことでもOK。

そのうえで、

  • あなたが何を売れるか
  • あなたがどんな株などを取り扱えるか
  • あなたが誰のために働いてバイト費を貰えるか

など、色々考えたらできることなんてあるのです。

もちろんここでも可能な限り、じぶんが知る、もしくはそうしてきたデータのある手法で、稼ぎかたを考えてください。

 

例えばぼくとて、これまでの経験をフル活用して、

  • イベント
  • 人材コンサル
  • ブログ経験

などを「商品」として売ることができます。

その合計が売り上げ7,000円なら、月21万は行けるというわけです。

 

そうやって目標は立てられます。

が、そもそもその方法が本当に実現可能かどうか、あなたは知らないかもしれません。

そうした確認作業や自信付けのためにも、次のステップが重要になってきます。

 

4.やる。そしてデータを取る

ここからは、あなたの行動力が問われます。

あなたが思いついた方法を実践し、そのデータを取ってください。

もしその方法で7,000円稼げるならOK、そうでないなら、

  • 宣伝手段を変える(例:ネットだけでなくじぶんの足で宣伝する)
  • 宣伝量を増やしてみる
  • 宣伝効果を確認してみる

などをして、1日のノルマ達成を目指してください。

そうした経験こそがものを言い、じぶんの向き不向きや、実際に稼げるかどうかの確認にもつながってきます。

 

仮に「いくら頑張っても効果が無かった!」と言うのも期限の話。

即刻効果を出したいなら30日で様子を見る必要もあるでしょうし、

その手段がもともと時間のかかる手段だと分かっているなら、もう少し粘ってみるのも手。

 

そのあたりの確認のためにも、色々な事業家の意見を聞いてみると良いでしょう。

彼らほど事業にお金をかけてきた専門家はいないはずなので、その業界の善し悪しの確認を含め、色々稼ぎ方や評判を学んで回るのも良いと思います。

 

目標は30分でも立てれる。そこからは下積みだ

ぼくとて30分前後でやってしまった目標設定。

しかし、それは情報が少ないから、考える時間も短く終わってしまった可能性もあります。

そもそも、そうした「出来る出来ない」のデータがあってこそ、翌月や半年先、1年先の目標が立てられるようになるんですよね。

そうしたデータや経験を蓄える時間を「下積み」と言うのだと、ぼくは思います。

 

目標設定の良いところは、いくらでもできること。

仮に1ヶ月に1度(やりすぎては怠けに繋がるので、そのくらいがおすすめ)に目標を立てたとして、それが達成できないケースの方がとにかく多いでしょう。

しかし、翌月の目標設定の時期に、先月のデータをこみこみで目標が立てられる。

その繰り返しで、データさえきちんと取っていれば、半年先にはかなり目標に信憑性、実現性が付いてきます。

 

そのうえで、目標とは達成できるのです。

 

仮に副業でも起業でも、一度始めればほぼ一生続けるものです。

ならばこそ、そうした経験やデータを積み重ね、下積みが入念にやっていきましょう!

 

まとめ:目標はじぶんだから決めれるもの

多くの場合、人が目標の立て方を間違えるのが、

  • 数字さえ決めればカッコよく見える
  • 目標があればだれかが相談に乗ってくれる
  • 数字なんてなくても続けてればどうにかなる

そんなレベルでは「どれだけ頑張る必要があるか」が一切分かりません。

人はゴールに向けて行動し、そこまでに全力を使うもの。

その中で、

  • 後どれだけのお金を稼がないといけないか
  • 後どれだけの集客が必要か
  • 後どれだけの情報や学習が必要か

そうした数字や期限、データがあってこそ、どこを目指せばいいかが見えるんですよね。

期限や数字のないゴールは、いくら走っても終わらないマラソンと一緒。

だから目標の立て方が甘い人ほど途中で歩みを止め、諦めるのです。

 

そうした目標設定、つまりは、

  1. 具体的な数字
  2. 期限
  3. 手段

それらを考えられるのは、あなただけ。

 

足りない情報は人に聞くなり調べるなり、じぶんに色々できる時代になりました。

あとはやるだけ。

そのためにも、目標の立て方は徹底的に理解しましょう!

 

ではでは!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。