まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

あなたの「夢」、期限付いてる?

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170419214009j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です!

これは最近、とある「夢を語り合おうぜ!」と言うイベントに参加したときのお話。

意図としては、夢ある若い人たちの意見を聞き合って意識高めようぜ、的なやつです。

 

一応言っておくと、それはオフ会の1つなため、そこまで高い意識を求めてもしょうがなかったのですが。

6人くらいいた人たちの語る内容が、

「ぼくの過去はこうだったので、ぼくの夢はこうです!」で、終わり。

個人的に「え?」となってしまったのですが、

  • どこを目指しているか
  • 期限はいつか
  • それだけ数字の出せる方法を使っていくか

と言った情報が、全部抜けてるんですよね。

 

そう言ったのを聞くと、ぼくは思う。

その夢、叶うのかなり先だべ?と。

今回のオピニオンは、そうやって「夢」を「夢」で終わらせようとしている20代以降の方々へお送りします。

夢って、何だっけ?あなたはその答えをよく知っている

夢って、なんだったか。

あいまいなことばかり考え、いつもじぶんが思っていることと違うことをやっている皆様に、そのことを是非考えて頂きたい。

 

例えば先ほどの話の続きで、ある若者たちが集まるオフ会に行き、その主催の発案で「それぞれの夢を発表していこう!」となったのですが。

A:「ぼくの夢は募金活動に困っている方々へプラットフォームを提供することです!」

B:「わたしの夢は株で成功することです!」

C:「ぼくの夢は借金を全返済することです!」

 

聞いている限り、そこに一切の期限が無い。

加えて、

  • 夢を叶えるために何をやっているか
  • その夢にどんな価値があるか
  • 動いた結果としての効果は表れているのか

そんな情報も一切なし。

あるとしたら、「ぼくやわたしにはこんな過去がありました」。それだけ。

 

ぼく自身、そう言った話をしたかったわけではなく、

「もっとこういう動き方なら〇〇円の売り上げを伸ばせるんじゃないの?」

と言うディベートを繰り広げたかったのです。

そのほうが、じぶんを磨いて取れる手段を増やすことが出来ますから。

 

そう考えると、いまの20代のほとんどの「夢」の認識が、

過去を語って何も叶えず誰かに慰められればOK

と言う状態になっているんじゃないだろうかと危惧してます。

 

そんな時ほど、夢ってそんなに安かったっけ?と思うぼく。

やってみて、感動して、やってみたくて、で、終わり。

それは夢ではなく「何となく思った発想」に過ぎない。

 

数字出せや!未来語れや!

いつまでに遂げるか言えや!

その行動の先にこそ、目標の実現が待っているんだから!

 

夢も叶えてこそと、皆様も学ばれていると思います。

その言葉の意味が分かっているなら、その本質を貫いても良いと思います。

 

夢は夢でこそ叶える行動をとりましょう!

ではでは!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。