まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

友達500人増やす中でfacebook「いいね!」が役立つ訳

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170419214352j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です!

最近Facebookの友達を500人ほど増やしたのですが、増やし過ぎてアカウント停止一歩手前まで来てしまいました。

幸い、その一歩手前と言うことで今日もFacebookを便利に使えているわけですが。

そんな中で感じた、「いいね」ボタンの利便性。

 

単純にその投稿が「いいね!」と思ったら押せる便利なボタンですが、

そんなボタンも、いろんな所に効果を出してくれるものなのです。

 

今回は、そうやって感じた「いいね!」の利便性を、お伝えできればと思います。

ぼくも普段から、挨拶感覚で使っている「いいね!」ボタン。

そもそもぼくが友達を増やし始めたのは、ブログをより宣伝したかったからであり、とにかく最近はどの投稿も可能な限り目を通し、可能ならコメントもしていますが。

とにかく「いいね!」ばっかりしていると、いろんな変化が現れるのです。

 

純粋に喜んで貰える

これはぼくとしてもうれしい効果。

皆さんの投稿こそぼくは素晴らしいと思い、よく「いいね!」としますが、

「いいね!をいつもありがとうございます!」

と返信いただくことも増えてきました。

 

そう言うことが出来ると、

相手があなたに興味を持ってくれることもあるし、

なにより相手に喜んでもらえるというメリットがあります。

 

友達申請がシステム上しやすくなる

これはシステム上の話。

おそらく、と言う不確定情報ですが、

FacebookTwitterも、友達申請しすぎないよう、その申請ポイントを「いいね!」などで稼げるようにしています。

ぼくは下記のリンクを参考にしました。

Facebookには、いくつかの利用停止ペナルティが有るようです。

 

早い話、営業等にSNSが使われないよう、いいねやコメントなどでポイントを稼ぎ、友達申請するとポイントが減るように設定されているようです。

もちろんこれも度が過ぎるとアカウント停止の理由となってしまいますが、少なくとも「いいね!」やコメントをキチンとしていると、友達が作りやすくなるとも言えます。

 

勧誘サイドがじぶんから告白してくれる

意外だった3つ目。

「いいね!」ばかりしていると、まれに相手が勧誘系の人だったりすることも。

そうした相手ほど、「いいね!」をしてくれた相手には積極的に売り込みます。

 

よくあるケースで、ちょっと例えを作ってみましたが、

だちまえ様

 

沢山のいいね!、ありがとうごさいます。

もしよろしければ、わたくし稼ぎ方のセミナーをやっておりまして、

よかったら一度ご覧になりませんか?

 と言うメッセージがいきなりMessengerにてくることも。

ラインやその他SNSでの会話を提案してくる人たちもその具体例でしょう。

 

ちなみにこの記事を書く1日前には、

「いつもいいね!ありがとうございます。

ぼくMLM肯定派なので、よかったら一度お会いしませんか?」

とか言う変な企業コンサルの方から連絡を貰ったことも。

 

えっと?と、さすがになったのですが。

いくらぼくがMLMに関して否定的な記事をたくさん書いてても、

それ、あなたに会う理由になってないよ?

と突っ込みながら、

そのまま友達解除するぼくです。

 

 

そうした早めの区別をつけられるようにもなるのです。

 

まとめ

「いいね!」はやりまくりましょう!

友人に喜ばれるだけでなく、変な友人の区別にも役立ちます!

 

ではでは!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。