まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

【イベント】3回連続イベントに美人が来なくて災いすら感じる件

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170509210700j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

最近、イベントの作業も増えたりして、良くも悪くもブログの更新が遅くなっておりますが。

 

ココのところすごく思う。

イベントに美人どころか女子こない(泣)

3回やって参加者20人中1人しか来ないってどないやねんと。

そんな、世間のニーズを的確に捉えることに苦労しているこの頃です。

女子が来るとイベントも繁盛する件

最近、念願のイベンターとしての活動が始められてウキウキしていて。

本当に週末が待ち遠しいこの頃ですが。

 

イベントも何も、基本的に。

女子が居ないと誰も来ない。

と言うことをこの頃すごく実感します。

 

例えば、

 

【皆立ち寄れ!居酒屋で飲み会!】

 

と言う告知と、

 

【女の子2人いるよ!居酒屋で飲み会!】

 

と言う広告。

日本男児の皆さんだったらどっちに行きたいって話。

 

 

 

f:id:dashchan8318:20170509210817j:plain

もう答えずとも、世間は基本的に、

女の子がいる方を選びます。

そうしたところに下世話な世論の心を感じつつも、いつまでも「生理的に無理」なイベント主催ではいられないのだなと実感するわけで。

 

テクニックとしては、「今〇〇人から予約入ってるよ!」とか、「値段〇〇(安い値段)だよ!」とか言う触れ込みに触れておくのも手ですが、やはり女子の存在には勝てないのが本音(泣)。

 

世論のニーズに応えるのは一苦労

さて、ではどうやって女性をイベントに招くか。

それはいくつか手段があって、

  1. 女性が来そうなイベントを作る
  2. 過去の参加者にイベントを告知する
  3. (参加者じゃないけど)主催側に女性を付ける

そんな知る限りの手段もたくさん思いつけるわけですが。

 

今現在、

  • イベントの回数が少なく、リピーターが居ない
  • 協力してくれる女性主催が居ない

と言う感じなので、必然的に、

「女性が来そうなイベントを行う」

が現状の手段になってきます。

 

と言うわけで、今やっている飲み会でも、女性値引きは優先してやっていますが、それでも来ない。

経験がないのと、主催が男性として残念なのでご愁傷様。

 

そんなわけで、最近こんな画面(フォームメーラーと言う集計サイト)をずっと見ながら「連絡無いかなー」と楽しみにしているのですが、

f:id:dashchan8318:20170509210220p:plain

女性来い!

と、スロットで当たりを期待するかのように、画面とにらめっこする毎日が続いています。

 

イベントも発想力の勝負。

そこから先は、周囲のイベンターとの協力が必要不可欠になってくるのでしょうが。

とりあえず、最近はすごく楽しいです。

 

そんな、最近の出来事でした(;´・ω・)

 

ではでは!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。