まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

依頼主に告ぐ。いい加減5秒でビジネスする「依頼詐欺」止めよ?

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170516220050j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

ブロガー界ではあるあるかもしれませんが、「出版詐欺」ってあると思います。

いわゆる、「あなたのブログ面白いから、こちらの教える方法+10万~50万とかで電子書籍書きましょ?」的なオファー受けるヤツです。

 

ちょっとケースは異なりますが、こういった話、「結局儲けられるから良いでしょ?」、とは、

ならない。

 

今回は、そんな変な依頼に応募したときの話です。

ライター騙しもいい加減にして頂きたい 

元々今回の話は、とあるSNSを活用しての話で、

「ライターを5万円の成果報酬で募集してます」

と言う内容でした。

 

そんなSNSの中での会話がコチラ。(画像3枚)

f:id:dashchan8318:20170516212447p:plain

f:id:dashchan8318:20170516212544p:plain

f:id:dashchan8318:20170516212646p:plain

 

うん。まあ、

「最終的に依頼じゃ無いけど、5万稼げる方法教えるからぼくのところで学んでよ!

とか言い始めたから、

 

即刻通報。

 

一応、アカウントなんて複数作り直せるにせよ、

このアカウントは停止と言うオチになりました(;´・ω・)

 

 

本当にこういうの、いい加減にして頂きたいのが、

  • ブロガーはあなたのビジネスのエサではない
  • ライターを低く見ないで頂きたい
  • お金の話を出せば人を簡単に誘導できると思わないでほしい

それだけこういう話をする依頼者ってこう言ったことを自覚せず、相手を低く見てるんだよねと。

 

ビジネスチャンスを提供することが相手の一番の幸せにつながると信じて。

そうやって良い話風にまとめるのは結構。

しかし、

依頼する側は間違いなくお金を消費するのだ。

それが借金と言ったケースの場合、なおさら相手を不幸に招き入れてしまう。

 

そうしたことからぼくが思うのは、

支払った分のサービスは、共倒れする勢いで全力でやれよと。

相手がやらないならとにかく、「やりたい」と望んで応募した相手をないがしろにすんじゃねえぞと。

 

もし、お金だけ貰って後は「頑張ったらできるよ!」としか言えないサービス業者が居ようなら、その人を本気でぶっ飛ばしてしまいたい。

それくらいの想いを、こういう行為に感じました。

 

意思ない相手を誘導して、ビジネスに繋げて。

その後のサポートは「あなたが頑張ればなんとかなる」としか言えない。

そうした中途半端な想いで活動しているからサービスが世間に定着せず、依頼と偽ってビジネスに繋げるしか無いんじゃないか。

 

これを読まれている方にも是非考えて頂きたいのが、

そうした活動を良しとできるか。

と言うところです。

 

お金とは信頼を数値化したもの。

それに応えられてこそ、表舞台で堂々と胸を張って活動できるようになるのです。

 

考えましょう!

ではでは!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。