まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

マルチの人!その逝った目で「楽しいよ」と詰め寄らないで!

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170608134109j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

最近、褒めてるのかけなされてるのか良く分からないコメントと一緒に、

記事をシェアされることがあるのですが。

 

その人達のプロフィールを良く見ると、

  • 個人事業主
  • 背景がビジネスセミナー終わりみたいな集合写真
  • お金のことばっかり書いてる(これはケースによる)

 

なんてことになるので、(特にA社とN社がコレ)

「君、ネットワークビジネスの人じゃないか!」

となり、久々に腹いせついでに書いてみました。

※ぼくらの言うマルチを、彼らはカッコよく「ネットワークビジネス」と言い換えています。「マルチ」と言う言葉を使うと警戒されますからね。

 

ぼくも飲み会や婚活イベントとかでよく彼らと出会っていて、

最終的に「一緒にビジネスやろうよ!」と言ってくるのですが。

 

普通の人が、(マルチ関係無しに)「一緒に面白いことやろうよ!」と言うときの顔はコレです。

f:id:dashchan8318:20170607122555p:plain

 

ネットワークビジネスの人たちの言う「一緒にビジネスやろうよ!」のときの顔にジャストフィットな画像がこちら。(分かる人には分かるやつ)

f:id:dashchan8318:20170607122906p:plain

洗脳研修!ゲイビデオ出演疑惑!新卒で入った会社を14日で退社してきた(前編) – ロカフレ

(ジャンプ力の前田さん、ロフカレさん、ごめんなさい。あまりに画像がフィットしすぎてたので、リンクと一緒に使わせて貰いました。特に目の辺りが超フィット)

 

もう見て分かりやすいのが、

  • 目がイッちゃってる
  • 途中から勢いづいた声
  • 喋っている内容と立ち振る舞いがかみ合っていない

そうやって出来上がったのが、上の画像のような「逝った目」である。

(もちろん洗脳が原因なので、本人の責任とは言い切れない部分もあるのだけど)

加えて、「寝る時間削ります!」は、まさにマルチのアホウが言っていることと一言一句、同じである。

 

その状態で、よく

「楽しいよ!」

なんて言えるよねって常々思います。

 

そんなわけで、前置きが長くなってしまいましたが。

どうしてこうなってしまうのかを、今回は解説してみました。

2017年現在のマルチの実情

さて、こうした話を始める前に。

ある勧誘された人に聞いたのが、2017年6月現在。

両親、もしくは身内の許可なく、勧誘されたところでネットワークビジネスをはじめることは出来なくなってしまったそうです。

いわば、マルチはじめた子供と両親とのケンカが多発した結果がコレ。(M社情報)

 

もうぼくはこうした「ビジネスとして成立しなくなる」流れを、ネットワークビジネスを辞めた2015年から予期していましたが。

トラブルしか起こさない環境って、やっぱりこうやって顧客を失っていくんですよね。

素直にマルチのシステム捨てて、会社自体がテレビやネットCMに手を出せば良いものを。

 

で、これも同じM社の話ですが。

「毎月15万円支払いながら借金してでもネットワークビジネス続ければ、君にだって成功できる!」(相談者から頂いた省略無しの原文)

って、今フツーに新しく始める人に言って回っているみたいですし。

 

ぼくだってこれを聞いた瞬間、

「はぁ!?」

ってなりました。

ネットワークビジネスも法律守ってるから、借金してるなら続けさせない!」はどこ行ったんだよ。法から逃れるためだけの名目?ってなりもします。

 

こうした出費の名目は、「より良い教育を受けるためにはポイントによる実績が必要。その実績は製品を購入するかさせるかでしか生まれない」と言うことでの、「買った分+買わせた分」での15万。

で、初心者はそもそも誰も勧誘できていないので、

「じゃあ初めから15万だそうか!」

となるのですが。

言うまでも無く、ふざけてます。

 

さて、こうした行いで一番儲けているのが誰かといえば、

言うまでも無く、ねずみ講で言う「上の人たち」(アップラインとか彼らの環境では言いますが)。

f:id:dashchan8318:20170415045819j:plain

 

そうしたトップのことを「あの方々は悪いことは何もしていない!自分の大好きなビジネスを提案しているだけなんだ!」と、洗脳された「自称」個人事業主、改め、営業マンたちは言いながら、

  • ぼくらに色々教えてくれる!
  • 全体会議(M社ワンダーランドによる月末弾丸洗脳ツアー)でパンを安く販売してくれる!
  • 毎月1億円とか売り上げる実績を持っている!

なんて言うのですが。

そもそもその金の出元、あんたらの金やんと。

もう、洗脳されているから、毎月20万単位で借金してる状況を何一つ疑うことなく受け入れているんですよね。

 

その状況でよく「尊敬している人」とか言うよ。

まぁ、周りもそう言ってるからと受け身になってるのは分かるけど、ぼくのような素人だって知ってるのは、ビジネスって受け身になった時点で敗けだからね?

搾取される側から抜け出せない、と言う意味で。

ぼくはそう言う部分から、「師匠と弟子」の関係をあまりよく思わないわけですが。

 

なんでマルチ(ネットワークビジネス)の人たちの目が逝っちゃうか

さて、長い前置きはさておき、ここからは「なんで彼らの目はイッちゃってるのか」を説明できればと思います。

まあ早い話、

絶望的な状況に追い込まれているから

なんですよね。

 

先ほども挙げたとおりですが、

  • 毎月15万円以上をマルチに使い、どうしても投資した分の利益を出さないと、食事どころか住む場所すらなくなってしまう(正直、ギャンブルと同じ心理ですが)
  • マルチの人たちは1年以上借金しながら続ける場合が多く、300万、500万と、膨れ上がった借金を返済する術を勧誘以外に知らない(バイトも内職も、そう言った意味では頑張れば10万とか稼げるのに、「そんなことやってもムダだよね」と洗脳されるからしょうがないのだが)
  • 1年以上誰も勧誘できないと、結果を出せないからと師匠から見捨てられる恐怖に襲われる(肉親に見捨てられるあの感覚なのだが、なんのメリットもなく約20万円を支払わせるアホウに見捨てられることの何が怖いのだろうと超感じる)

そんなわけで、

  1. 借金が返せない
  2. (自立の唯一の手段と洗脳されている)マルチで結果が出せない
  3. 師匠や仲間に見捨てられる

そんな切実感から、

 

f:id:dashchan8318:20170608120428j:plain

鏡の前で「俺は出来る!俺は出来る!」と無理やり目を開き、師匠や教わったことを身につけようとするマネキンの出来上がり。

 

で、出来上がるのが、

この顔。

 

 

 

f:id:dashchan8318:20170607122906p:plain

洗脳研修!ゲイビデオ出演疑惑!新卒で入った会社を14日で退社してきた(前編) – ロカフレ

(ごめんなさい。二回目)

 

ぼくもこういう問題児の説得に、両親の同意の下、立ち合わせてもらったこともありますが。

そういう問題児ほど、絶対両親に、

「目が怖くてまともに生活できてるようには思えない」

と言われていますが。

 

そりゃあ「そんなことないよ!」なんて言いますけど、絶対言われるよ。

そう言われる喋り方と目をしてるんだもん。

 

お願いだからその逝った目で、じぶんすら出来るかわからないビジネスを押し付けないで欲しい

そもそもの話、マルチ勧誘を推し進めるやつらには本当に気付いて欲しいことがある。

 

たとえば、

  • うちの師匠、じぶんの事業で20万円とか稼いでるんだ!
  • その上の師匠は年間1億とか稼いでるんだ!
  • 好きなことで働けば不労所得で(=勝手に)20万以上が入るって最高じゃない!?

とか言うけれど。

 

そうした話をして一番得してるの誰やねん、と言う話。

 

その説明をするには、この図をもう一回見て欲しい。

f:id:dashchan8318:20170415045819j:plain

 

このピラミッド、下のほうに行くと、嫌な顔している人多いでしょう?

そんな顔しているみんなは、

 

f:id:dashchan8318:20170608124037p:plain

これです。

 

(違うというなら、まずは君らの言うクモの巣をランク別に揃えるとこういう形になることを勉強してください)

 

洗脳しておけば、勝手に彼らATMはお金を出して製品を購入してくれます。

そうすれば、上の人たちはそのポイントを現金にすることが出来る。

 

さて、そんなATMにお金が無くなればどうなるかといえば、

捨てればいいのです。

形式的にこの場合、そのATMさんは「借金がかさんでビジネス続けられなくなりました」と言うのでしょうが。

それはそれでも、上の人はほぼ困りません。

 

なぜかといえば、そんなATMたちがすごいのが、彼らには手足と口がある。

上の人たちが使える新しいATMを持ってきてくれるんですよね。

その連鎖の繰り返し。

完全に、上の人たちだけが楽できる状態が出来上がっています。

だって、勝手に洗脳された奴隷たちが新しい人たちを連れてくるから、

その人たちを巻き込むだけなんだもの。

 

そうした流れで一番得するのって間違いなく、

頂点の人と、その契約先の会社だよねって話。

ぼくはそんな「お金取られてばっかりの状況」、だいっきらいです。

 

そもそも、こうした流れがうすうす分かってくると、本来気付くはずのことがいくつかある。

それは、

  • 5年前と今とでは、勧誘できる人の数に莫大の差がある(ネットワークビジネスを知らない学生世代にも広まりきってるし)。
  • 仮に自分が儲けようと、より得するのは紹介者や上の人。
  • 気付けば500万1000万レベルの借金がある。

それ、間違いなくうまく行ってないよねと。

そうした疑心暗鬼と戦いながら、それでも教祖的師匠には「君にならできる!」と言われまくった結果、

 

目が逝く。

 

ようは、「マルチはもしかしたら成功しないんじゃないか?」と、うすうすみんな気付いてるはず。

そもそもほかのチャンスを考えない状態で、借金まで組まされて、やらされて。

よく「マルチを愛してる!」なんて言えるよねって思います。

 

そもそも、

女性:「(たとえば)私、医療状態をよりよくする会社を立ち上げたいんです!」

師匠:「よっしゃ!ならビジネスの基礎を学べるネットワークビジネスやろうよ!」

とか言うそもそもの話がかみ合っていない勧誘をすごくしてるらしいけど。

 

そもそも最初から医療関係者紹介しようよって話だ。

少なくとも、ぼくだったらそうしないと遠回りさせるから超失礼と感じる。

 

そもそもそうやって、

  • 話をほぐらかして
  • 自身を持てず
  • 師匠に嫌われるのが嫌だからやっている

そんな状態で目が逝ってるのに、

確証の無いビジネス紹介してくんなや。

 

これが、ビジネスに対して「絶対良い方法あるから教わるまで待っていよう!」と受身になった方々の末路です。

みなさんこそは主体的(自分のやりたいことをかなえる様に動くこと)になって、気をつけてください。

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。