マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

急にやってきた恐怖の都民税・市民税。その額何と〇〇万円!?

記事を書いた人:だちまえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20170618161512j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

これは普段通り、何人かで楽しく飲んで自宅に帰ってきたときの話。

 

たまたまポストを開けると、こんな封筒が。

f:id:dashchan8318:20170618161128j:plain

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
だちまえ

税金?いや、払ってるでしょ(会社勤務だし)

 

と思って中身を見た、このたった一通の手紙。

しかしそんな手紙にぼくは恐怖のどん底に陥れられました。

 

この話は転職や引越しに伴う重要な話なので、

そうした方には必ず注意して頂きたく思います。

都民税、気付けばバッチリ取ってくる

税金とは一般的に、

などがありますが。

 

消費税はとにかく、こうした税金の支払いを会社に任せている方も多いと思います。

(会社勤務の利便さの1つ)

 

ぼくも同じようにこれまで税金の支払いを会社に任せていたため、こういうのを一切気にしなかったんですよね。

そしたら、トラブル発生。

 

f:id:dashchan8318:20170618161128j:plain

こんなのが届きました。

 

さて、これが今回の地獄の封筒。

都民税です。

 

その額、何これ。

…15万円?(4回分割したときの合計)

今貯金8万円しか無いんですけど(;´・ω・)

 

住民税は会社への申し出をしていなければ毎年6月にやってくる 

こうした税金関係の書類は本来、転職時などに、

  • 住民票の移動
  • 会社への税金関係書類の提出
  • 会社にこうした税金を天引きしてくれと申し出る

などしていれば、本来来ないはずの書類。

実際、税金関係は給料からバッチリ天引きされていたはずです。

 

しかし、もし会社が所得税しかひいていなかったら?

じぶんから特別徴収(じぶんでの支払いを普通徴収、会社からの天引きを特別徴収を言う)の申し出をしていなかったら?

そうした結果、この書類が届くわけで。

 

そうした会社への確認は、今後のためと、税金に関する勉強のためにも知っておくのが吉です。

 

支払い拒否の問題点

こうした住民税、「俺は支払わねえぞ!」なんて言っていたら、

  • 引越ししても追ってくる
  • 最悪勤務先や個人事業の給料差し押さえが待っている
  • 間接的に人間性を周囲に疑われる

なんて状況が待っているので、ご注意を。

 

ぼくだってこういう無駄な出費嫌いですけど、

今給料を差し押さえられちゃうとたまったものじゃないので。

 

こうした場合の対処法

さて、こういう場合、きちんとしておきたい

  • 原因確認
  • 対処法

この2点。

もしかしたら2重に支払っている可能性もあるので、そうした原因はきちんと確認しておきたいところ。

 

加えて、その対処法として挙げられるのは、

  • 4回分割をさらに分けてもらえるよう、該当市役所、区役所へ申請(10回とかに分割してもらえるケースも)
  • 会社→区役所の順で事実確認(あくまで税金の天引きが出来ているかなので、支払いに変わりはありませんが)

と言う行動。

 

面倒なのは分かりますが、分からないことがある時ほど学びになるものです。

是非、積極的に動いてください。

 

まとめ

こういう国のシステムほど嫌になるものはありませんが。

そうなると、絶対国や市役所が生活に干渉してくるので、そうした干渉が嫌な場合は、とりあえず支払う前提で動いてみたほうが良いでしょう。

 

加えて、安く、支払わずに生活できるならそれがベストかもしれません。

 

ではでは!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。