マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

誰からも嫌われてる人の特徴10個。30歳で一生ぼっちに!?

記事を書いた人:まえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20170719144700j:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

早速本題に入りますが、ぼくの経験上、20代30代で嫌われてる人って、40代50代になると間違いなく周囲から孤立してます。

もちろんこれは「じぶんからそうした」と言う意味ではなく、「関わりたくてもかまってくれない」と言う意味です。

 

現にぼくの家庭崩壊した一家の主役たる父は、じぶんの威厳に物を言わせて50代半ばなで生きた結果。

町内会が老後の唯一の交流の場になっています。

言うこと聞いてほしいからと怒鳴って、反発して、地位に物を言わせて。

その結果、20代30代の内から、

この人に関わりたくないなー

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
知り合い

と周囲に思われれば、もう赤信号相手に指摘される気も無くされれば、30代から一生嫌われてるボッチコース確定です。

この記事を読んでいるあなただって、嫌われてる人の一人かもしれませんよ?

 

それも嫌だよねって思い、これまでぼくが交流してきた人たちの間で感じたこと。

すなわち、誰からも嫌われてる人の特徴10個をご紹介します。

 

話を聞いてほしいけど、孤立するのも嫌ならこそ。

今回の記事をきっちり読んで頂きたいものです。

なぜ嫌われてる人が生まれるようになったか

まずこの話を始める前に、なぜ人が嫌われるようになったかを説明します。

ぶっちゃけその理由は、勉強以外に大人が何も教えなかったから。

 

皆さん子供の頃、コレが当たり前になってませんでしたか?

  • ルールや常識に従わなかったやつは黙って落ち込むべき
  • 人が怒鳴っているときは黙って話を聞くべき
  • 人は上司の言うことを聞いて当たり前

これが1つの流れや習慣、在り方として人になじんだ結果、「言うこと聞かせるにはとりあえず怒鳴って否定しよう」と子供世代は学び、育ちました。

親世代だって、「それが当たり前」だと言うでしょう。

でも、それって大人が適切な教育をしなかったことが原因。

 

「誰だって言われたら嫌に感じることも、社会に出たら当たり前」

そう言う考えで相手を否定するから嫌われるのであり、そうした当たり前の部分を、大人は「じぶんで考えれば分かる」と教育してこなかったのです。

 

・人が嫌われてる理由を把握すべき理由

  • 誰だって褒められたい
  • 誰だって対等に関わられたい
  • 誰だってじぶんが気付いたことをしたい

これは全員が知っていることであり、そうした人の意思を尊重するように教育する場所、今の日本には少なくともありません。

そうした結果、大人になっても「気に食わないなら怒鳴っていよう」となり、それを好めない人はやっぱり本能的に「あの人イヤだ」ってなるんです。

 

そうしたことも学んでおかなければ、「在り方を変える」なんて難しい。

だから、知る必要があるのです。

 

・育ててもらう立場で無い以上じぶんが変わるしかない

ただ、20代30台の大人が10代と同じわがままを言っているわけにはいかないのが現実。

20代を過ぎれば、じぶんで治したいと思うクセは自力で治すしかありません。

 

大人になれば、じぶんで行動してこそ他人に好かれます。

反対に、じぶんで在り方を変えなければ何も変わりません。

そうした点においても、他人に頼りっぱなしなのはダメ。

 

嫌われてる人の特徴10個

ぼくの経験上、40代50代になると特に強くなるこの特徴。

こうした年寄り世代になると、「言い聞かせるには」ではなく、「聞いてかまってほしいから」とワガママになるので、若い世代には特に嫌われます。

それを40年間ずっと気付かないのって、もったいないですよ?

 

と言うわけで、ぜひ知っておきたい「嫌われてる人の特徴10個」です。

 

1.「ねっ?」がちょくちょく会話に混じる

たまに会話を聞いていると、

ここはこうだから。ねっ?ねっ?

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
とある上司

みたいな「ねっ?」と言う語尾が混ざっている人がいますが。

これ、言うこと聞いてほしくて「共感」を求めていること丸見えです。

「ぼくはコレがやりたい。こうして貰いたい」ときっちり言わないと、カッコ悪い人に上下関係だけで振り回されることを人は大体嫌います。

 

2.「ぼく(わたし)やってるよ?」「人はやってるよ?」が口癖

おれ草むしりを休みの日に来てやってるよ!?

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
とある上司

と人前で自慢して、やらない人を否定したがる人がたまたま身近に居たのですが。

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
だちまえ

なら勝手にやったら?

と言うのがぼくのみならず、ほとんどの方の意見。

別に休みに出勤することが偉い訳ではなく、休日に出勤する義務があるわけでもありません。

 

本来そう言う行動は本人の好き嫌い、もしくは感覚の話。

仕事なんて、誰だって本人の感覚で選んでいるものです。

それを他人に強要しては、当然他人に嫌われます。

「人はやってるよ?」と決め付ける考えも同じです。

 

3.話が長い。ずっと話している

30分とか1時間とか、じぶんの話しかしない人はもう論外。

聞いている側は間違いなく退屈してます。

そうなれば、「この人と関われば話が長くなる」と思われるので、遠ざけられること間違いなし。

 

会話はせいぜい一言でまとめ、説明を求められたら要点だけを短く話すのがベスト。

「会話のキャッチボール」とも言いますが、話す側と聞く側の対話バランスが一致して初めて、人は仲良く出来るのですから。

 

4.話が早い。とにかく詰め込もうとする

じぶんのことばっかり話したいナルシストにほどこれが多い。

30分に3時間分の文字数をガッツリ詰め込んで話す人って、だいたい2時間50分くらいの内容が「じぶんの好き嫌い」。

その3時間分をキッチリ覚えてくれないと怒り出す。

 

で、結局何がしたかったかと言われれば「相手の自己満足。話を聞いてほしかっただけ」。

人が言葉で覚えられるのはせいぜい一言二言。それ以上の話題を詰め込むだけ、嫌われ値を稼いでいるようなものだとお考えください。

 

5.声がでかい。とにかく怒鳴っている

人に話を聞いてほしくて、聞いてないなら反感交じりの大声でしゃべりだす。

で、いつしか毎日怒ってしゃべるようになる。じゃないと誰も言うこと聞かないから。

しかしそもそも、毎日怒られることが好きな人間なんてまず居ません。

子供の頃、親の怒鳴り声を「嫌なもの」だと何回も認識しているでしょうから。

ましてはそれが個人の話なら、そう言う人からは距離を置きたがるのが人の心情です。

 

6.立場や威厳を気にする

会社勤務の人ほどよくある話。

人が言うことを聞かないなら、

こっちは上司だよ?

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
とある上司

と言えば、会社の規則上、従わざるを得なくなりますが。

そもそも魅力が無いのにしたわれようなんて、アホです。

そうした上の立場が無くなれば一人ぼっちになることを、聞いている側は絶対自覚しています。そう言う人についていきたくないからこそ嫌われるのです。

本当に部下に慕われる人は、その優しさや実績、気遣いなどの人柄で慕われるものなのですから。

 

7.ルールや常識を絶対だと他人に求める

ルールや常識をじぶんの意見に照らし合わせてじぶんの正しさをアピールする人が居ますが。

そもそもルールって何?

そもそも常識って何?

そう言うものとて基本的に「誰かによって作られた印象や決め事」であり「ルールや常識を絶対に守らなければならない」なんて道理はこの世にありません。

 

加えて聞いている側は大体、その人の好き嫌いで話を進めていることを分かっています。

意見をルールや常識抜きに説得できないのは、単なるあなたの魅力不足。

その魅力が足りないから、嫌われるんです。

 

8.否定しかしない。褒めない

誰だってやっぱり褒められると嬉しい。

ぼくだってそうです。

そうした褒め方が上手い人は、相手に適切な評価を下せているともいえます。

 

裏を返せば、否定しかしない人はじぶんの都合しか考えない。

その想いは口からも出ているはずです。

そう言う人に付いていっても評価されないし、何より怒られてばかり。

楽しくないのも当たり前です。

 

9.話を聞かない。じぶんの話しかしない

これは嫌われている人にとにかく多く、こういう人はじぶんの話しかしないせいで、相手の話を基本的に聞きません。

そう言う人の心には、

とりあえず聞いてほしいから話し続けます!だから納得のいく意見出してね!

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
とある知り合い

と言う承認欲求があるものです。

 

そうした行いをこの世は「ウザい」と言うのです。

じぶんよがりな考えも結構ですが、認められる認められないはじぶんの行動によって成果として示すべき。

 

話を聞いてほしいなら成果を示そう。

話がしたいなら、相手に時間を割いてもらうにふさわしい内容を持ってこないと失礼です。

 

10.じぶんの言ったことを実践できない

これは魅力の部分にも絡んできます。

魅力あふれるリーダーに備わっているのは、基本的に行動力。

言ったことをどれだけ実践してきたか次第です。 

 

にも関わらず、嫌われてる人ほど言ったことを実践しない。

たとえば「社長に進言してやる!」と言った内容を「やっぱり社長には失礼だよね」と本人を前にして弱腰になったり。

たとえば「これ明日までにやろう!」とじぶんで言った内容が「あれ?これやれって言わなかったっけ?」と他人主導になっていたり。

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
だちまえ

じぶんがやらないと分かっていることを自信満々にしゃべらないで頂きたい

そう言う行動力、そしてどの程度それを実現させるかも、嫌われている人は見られているのです。

 

まとめ:嫌われてる人の最大の特徴とその卒業手段

さて、今回10個に嫌われてる人の特徴を細かく分けましたが。

大きく分けると、

  • 言ったことが実践できないホラ吹き
  • 態度は大きいのに立場や見られ方をすごく気にする
  • ルールや常識を持ち出して共感を求める

と言う人としての器の小ささこそが、嫌われてる人の特徴ではないかとぼくは実感しています。

 

・嫌われてる人の最大の特徴を捨てるには

そうした器の小ささもここまで来れば

捨てたい!

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
読者の皆様

と思う人も多いでしょう。

 

その卒業方法として、ぼくは「赤の他人と友達になる」ことを掲げています。

月に1人、ビジネスや勧誘目的ではないまっさらな友人を増やしてください。

そして関わり続け、1年で12人程度と同時に関われるようであれば、もう完璧です。

そうした友人作りの過程で、

  • 話し方
  • 考え方
  • もてなし方

をどうすればいいかを、練習していけるでしょうから。

 

会社などの小さな環境であれば、人間関係を作るためにも上下関係や見た目を気にするものですが。

赤の他人となれば必要以上に関わる必要が無く、「関わりたい」と思う気持ち1つが、あなたと相手を結ぶきっかけとなります。

そうした「関わりたい」と思う心が、真の「信頼」といえるのです。

 

そうした行動が、一生物の友人関係になっていくものなのですから。

 

ではでは!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。