マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

今の就活生がスキルアップできる会社を選びたい理由は5つもある

記事を書いた人:だちまえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20170727203636p:plain

どうも、だちまえです。

私事ですが、就活に失敗して縁故に終わった実績があります。

多くの方がそうかもしれませんが、そうやって就活とは1,2年の活動で終わるもの。

目指したい企業とて、それまでのイメージなんてもので選ばれることも多いでしょう。

 

そんな就活で選ばれる多くの企業は、こんな感じでしょうか?

  1. 有名な企業
  2. お金沢山貰えそうな業界
  3. とりあえず「大手」

「それ絶対やっちゃダメだ」

今だったらガッツリそう言い切ってやりましょう。

 

人生80年も続くのにスキルアップを考えない就活は非常にヤバいです。

 常にスキルアップしないとヤバい理由は5つもある

なんでスキルアップを視野に入れないと将来ヤバいかって?

細かく分けると理由は5つ。

  1. 会社では営業や設計、経理など、特定の仕事しか経験できない。それ以外の経験はじぶんでするしかない
  2. じぶんでスキルアップできないと、一生会社が生活を支えてくれると甘えた大人になる
  3. 精神的な問題を抱えた時、会社を辞められない。会社以外の稼ぎ先が無い
  4. 付き合いが狭くなる。一生会社以外での関係が作れなくなる
  5. 一生じぶんの判断で行動できなくなる。すべて会社のことが優先

そうした理由を一つにまとめると、

会社に依存し、かつ仕事一本に選択肢を削ぎ落されるので、一生その会社でしか生活できなくなる。

と言う、ふと気付くとかなり怖ーいものが待ってます。

 

例えばぼくなんて、「お前やる気無いの分かってるんだからさっさと帰れ!」とののしられるくらい、1つ目の会社でかなりのパワハラを受けました。

なのにそのブラック企業を辞められなかったのは、そこ以外の稼ぎ先が見当たらなかったから。

転職先も1週間2週間で決まるはずもありませんし、25歳の当時は貯金なんて一切考えませんでしたからね。

 

そうしたとき初めて、

「副業やっとけばよかった…」

となりました。

 

それが必ずしも選択肢ではないにせよ、じぶんで副業などを通してスキルアップしておくと、

  1. 転職などでアピールできることが増える
  2. 収入源を1つに絞る必要が無くなる
  3. スキルを通して同じ関係の人と仲良くなれる
  4. 会社を辞めても自力で生きていく手段を持っている
  5. 多方面で活かせる技術を磨ける

そうしたメリットが大量にあるものです。

 

会社で生活しているうちは、会社に指示されたスキルしか学べないものですが。

じぶんの意思で活躍の幅を広げることで、「いざという時何も知らない」と言う情報弱者にもならなくなります。

 

だからこそ今の時代、就職先をお金や肩書で選ぶべきではなく。

将来を見据えたスキルアップとして、「何を学べ、どうその技術を活かせるか」と言う筋書きまで考えてこそ、この広い世界で活躍できるものでしょう。

そうした「将来の準備」も、是非計画的に。

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。