まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

世の中無料化が進むからって、作者に無許可はダメだよアマゾンさん…

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170729133015p:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

アマゾンさん、これは流石にダメでしょう…

 

 

こうしたツイートが流れていたので、記事に起こしました。

流石に、もう言葉が出ない。

利益とか損得とか実のところ「信頼」の前ではどうでも良くてこうした「身勝手さ」はあってはなりません。

「身勝手さ」は本当に失ってはいけない信頼を失う

マンガや書物無料化。

そこには、「感動が人の手に届きやすくし、その思い出を見返せるよう、また、続きが読みたくなるようにする」と言うものがあります。

こうした手法はすでに各メディアが取り扱い、キンコン西野さんだって「感動をより多くの方へ」と言うことで、絵本の原画を無料公開しているくらいです。

 

こうした活動そのものは素晴らしくも思います。

でも、そこに「作者の意思」が含まれていないのって、おかしくない?

 

いくら多くの人の喜ばれ、その時の売り上げが上がろうと、その作品を作った本人が許可出してないならそりゃダメだろうって今回は流石にキレましたね。

時代の流れがどうであろうと、こうした「身勝手さ」は、相手への冒涜です。

 

そうした評価や信頼を何にも思わず行動すれば、

もうこいつらに協力してたまるか!

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
作者の皆さん

と、誰だってなります。

 

そうした矢先、だれも支援してくれなくなる状況を、ぼくは何度も経験してきました。

自業自得とは言え、そうした経験がある方こそ言えるのです。

 

信頼は全て、大事な「想い」そのもの。無碍にすれば、すべてを失うも同じです。

せめてこうした行いを、作者を尊重した上で行えないのでしょうか…?

 

ではでは!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。