マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

【確定】ネットワークビジネスで脱サラムリ。8つの理由で10年以内に痛い目みる

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170808212651p:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

最近、色々反省しながら生きてます。

と言うのも、実績や成果がない仕事や手段で生活しようと夢見ていたから。

 

例えばアドセンスで10万円稼いでます。

例えばアフィリエイトで10ヶ月連続で5万円稼いでます。

そうした実績が無い以上、ゼロはゼロです。

そんなわけで、

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
だちまえ

行動力があるのは良いけど、根拠のないことに依存するのはやめよう…

 

と、意気消沈中。

 

そんなときふと思ったのが、ぼくのマルチ時代の話。

脱サラ(サラリーマンを脱すること)を目指すならネットワークビジネス

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
マルチの皆さん

と言う無責任連中は2017年現在も、都内にとにかく多いですが。

 

そうやって言う連中自身が、無職になったときのことを考えたことがないのです。

そんな安易な状態で脱サラなんてすれば、その後10年でヤバイことに。

(マルチはあくまで「会社に登録しているだけ」で、会社の従業員ではない)

 

そうした無責任な台詞に惑わされる新規の人が増えないように。

また、無責任なセリフで大勢を被害に巻き込む人が居なくなるように。

今回の記事は、ネットワークビジネスで脱サラリーマンが出来ないことを説明します。

 

そもそも何故「ネットワークビジネスで脱サラ」なのか?

さて、なぜ「ネットワークビジネスで脱サラ」と言うキーワードを選んだのか。

 

それは、勧誘する全員が、

ネットワークビジネスは企業や脱サラに向いている、初心者向けのビジネスだ!

f:id:dashchan8318:20161211134151p:plain
マルチの皆さん

そう言って勧誘するから。

 

しかし、ネットワークビジネスを辞めて気付いたのは、「脱サラ」ってそもそも何やねんと。

もし脱サラリーマンが「会社の給料無くして生活する」ことなら、ネットワークビジネス専門の場合、現実的にムリな理由が多すぎる。

 

その理由を、次の項目にまとめました。

 

現実的にネットワークビジネスで脱サラがムリな理由

これらは本当に「やったことがあるから分かる」理由。

いっけん信じられない内容も多く含んでいますが、なるべく分かりやすくお伝えできるようにまとめました。

 

1.スキルがない

その1。スキルがない。

 

大きくわけるなら、肉体労働やパソコンワーク、職人技などの経験や実績を「スキル」と言いますが。

スキルを活かすこと無く「勧誘すれば良いのがネットワークビジネス!」と言っても、ネットワークビジネス専門の人たちには、いざというときサービスできるスキルが一切ありません。

 

お金がたまりはじめて「脱サラします!」と言っても、あとでも語りますが、「紹介した人が半減、もしくは全員いなくなった」と言うのは絶対ありえます。つまりはお金の出どころが消えるわけで。

 

そうしたとき、スキルもないのにバイトや社員として雇われなおす実力、ありますか?

もちろん、500万円、1000万円と言う借金を込めて、です。

 

ネットワークビジネスの人たち全員が大好きな「お金」は、サービス、つまりは尽くした対価として支払いされるもの。

そのスキルが無い以上、ネットワークビジネスにすべてをかけた人がやり直すのはかなり難しいです。

 

2.人からの信頼がない

その2。人からの信頼がない。

 

ネットワークビジネスの人は、パーティ野郎として合コン、パーティなどをできる人としては信頼されるかもしれませんが、ビジネスマンや経営者に対してはどうでしょう?

ぼくの経験談ですが、ネットワークビジネスに寄り添う人は、全員何らかのビジネス紹介系。

一般人には信頼されません。

 

「勧誘も手段」と考える人にとって、月15~20万円を何も知らない人に押し付けるような考えになっているので。

新しく事業を起こしてお客さんや出資者を求めても、さて、お金出してくれる利用者、現れるでしょうか?

 

人との食事すら割り勘で済ませるようで。

信頼してくれる人なんてのは、一切生まれません。

 

3.社会的信用がない

その3。社会的信用がない。

 

脱サラリーマンとはつまり「無職」になるということ。

当然ですが、無職は定期的に支払われる給料もなく、物件やカードローン、その他一切の契約をする力は一切ありません。

なら、開業届けを出すか?

一年未満であり、20万円未満の結果しか出してない人が、そうそう信用されません。

 

計画性もなく脱サラすると、住む場所すら探せなくなります。

 

4.確実性がない

その4。確実性が無い。

ネットワークビジネスは人を紹介するだけの簡単なお仕事!」

と、誰にでもすぐ出来る印象を、何も知らない人に植え付けますが。

 

  • 「怪しいことに巻き込まないで!」
  • 「マルチでしょ?ヤダ!」
  • 「じぶんのやってること隠して関わる人、イヤ!」

 

と言って勧誘を拒否する人が、今の時代50人中49人だとご存じでしたか?

もちろん、勧誘経験のある人はおおよそご存じだと思います。

 

これで「ネットワークビジネスでも20万円以上を一年で出せる!」と言う確実性があると言い切れますか?

 

そもそもお師匠さんの言う、

「2人に1人は、ビジネスやるやらないの話にまで持っていける」

は、彼らが20万円と言う騙して得た実績と、その上にいる月収1000万円と言う人たちとの師弟関係があってのこと。

 

実績ゼロの人に、そうやって「簡単だ」と持ちかけるのは、本当にダメなこと。

 

5.借金しかない

借金と言えば、例えば30万円借りれば月1万円の返済。

50万円借りれば月2万円の返済。

それ以上となれば、月5万円10万円と言う返済が毎月のしかかります。

それを、普段生活しながらやらねばなりません。

 

なのに今の時代、おおかたネットワークビジネスで脱サラする頃には500万円、1,000万円の借金は貯まっていると見て良いでしょう。

 

さて、これを月20万円と言う額で出来るかどうかと言ったら、もやし生活を5年くらいやらないといけません。

もし30万円に増やしたいなら、さらにお金を10万円単位で毎月使うことになります。

 

それ、本当にできますか?

 

6.常識がない

その6。常識がない。

ネットワークビジネスにどっぷりはまると、

 

 

などとばかり考えます。

さて、もしこれをネットワークビジネスをやっている、もしくは興味を持っている人に聞きたいのは。

 

目の前の会社員が、あなたの価値観を受け入れてくれると思いますか?

 

数打てば当たると言いますが、それが拒否される考え方だと言うのは、言うまでもありません。

常識がないと言うのは、そうして聞いて良いことか、聞いても嫌われる可能性が低いか等の「当たり前」を、一切忘れてしまうことにあります。

 

7.金にしか興味がない

その7。お金にしか興味がない。

人のため世のためとネットワークビジネスの人は言いますが。

そもそもネットワークビジネスを始めた人全員が、お金の使い道もなくお金持ちになることが夢なので、やっぱりお金に走ります。

 

でも、お金ばっかりに走るとやっぱりつまらないです。

 

例えば、ある日脱サラして。

嫌われまくりながら、一人紹介しても3万円しか貰えないことに不満をもって。

紹介した人の活躍も、そこまで期待できない。

 

そうしたとき、ふと気持ちが萎えて。

脱サラしようとした時の情熱が消え、いつビジネスを辞めたくなるか分かりません。

 

じぶんも一回辞表を出して思ったのは。

モチベーションって、いつ切れるか分からないですよ?

 

8.ダウンが辞めない保証がない

その8。ダウンが辞める保証がない。

ダウンと言うのは、「じぶんが勧誘した人」を指します。

一般的にネットワークビジネス業界で言われるのは、ダウンを9人10人作れば確実と言う風潮ですが。

 

しかしその状態で脱サラするなら、9人10人全員が結果を出すまで、

2年以上は全員をだましだましで勇気づけ、管理していくしかありません。

 

でも、現実問題。

日本一と言われるアムウ〇イでさえ、6人7人いたダウンがある日全員いなくなったと言う話もよくあります。

ぼくだって、7人もダウンがいた人が半減して収入が激減したと言う結果を何度も見ました。

 

仮に成果を出して脱サラして。

そのあとでもダウンが辞める可能性は本当に高いのですから。

 

ネットワークビジネスで痛い目にあっている実例

1.家族を巻き込んで借金している

ぼくが知る実例その①。

ネットワークビジネスを5年間続け、師匠の話を聞こうと月15万円もの商品を買い続け。

お金の足りなくなったその人はネットワークビジネスに専念するためと、会社をやめた上で、身内の名前を勝手に使って借金したそうです。

加えて、ダウンの数を水増しするために、家族を勝手にダウンとして登録。

ある日急に家族あてに商品が届き、ネットワークビジネスをやっていることが発覚したおろかなケースです。

 

2.自己破産に追いこまれている

実例その②。自己破産に追い込まれている。

先にプチ情報を挟むと、いまカードローンを組もうとすれば、カード会社にめちゃくちゃ理由を確認されるので、簡単には借りれませんが。

一昔前はローンが「まだ」組みやすく、ネットワークビジネスをやっていくために、膨大な借金をしている人が多くいました。

 

そんな人たちが最終的に陥ったのが自己破産。

人生で一回だけ出来る借金帳消し手段で、帳消しの代わりに、社会的信用をすべて失うことになります。

つまりは、

  • カードが作れない
  • 借金ができない
  • 保証人になれない

など。

 

ビジネスやりたいのに、人としての保証が無くなってビジネスができなくなる。

そんな状態に、あなたはなりたいですか?

 

ぼくは今すぐネットワークビジネスをやめた方が良いと言い切る

いま、ネットワークビジネスはかなりヤバイ状況です。

たとえば、

  • 30歳未満の人を勧誘しようとしても、身内の承諾なしに勧誘できない。
  • ネットワークビジネスを知らない20代を20以上ある会社が勧誘しまくったので、また悪印象が広まった。
  • ビジネス中の借金が禁止であるにも関わらず大体が黙認し、それどころか借金を遠回しに促している。
  • 直接、間接を問わず、死亡事件も起きている。

さて、ネットワークビジネスに関わっている皆さん。

これらの説明、紹介者と関わった間に説明受けましたか?

 

↓参考↓(モデ〇アはワンダー〇ンドでは全体会議と言う土日セミナーが行われ、そのインターバルのダンス中に登録者が死亡した事件)

dailycult.blogspot.jp

 

仮にこの情報に確証がないと言うなら、ぜひ2ちゃんねるネットワークビジネス関連スレッドをご検索ください。

下記のような情報が、きっちり書き込まれています。

 

もう引き下がれない人多いよね、多分。

〇〇に、遠回しにローン組んで借金しろって言われたし、辞める話出たら、××に死ぬほど酒飲まされて家帰るなって言われたけど。

よくやるよね。

(掲示板より抜粋・名前編集)

 

 

アップは借金しろって直接言えないから、自分はローンで毎月の買い込み(一定のランクになるための買い込み、当時13万円程度)をやってるよ☆

って、遠回しにお前もローン組めと示唆される。

何事も、直接言わないで自発的に行動させるのが彼らの鉄板ね!

ボードゲームの例え話とか出してきて 『ジャンプする前って、必ず膝を曲げてしゃがむでしょ?成功にはしゃがむ行為が必要なんだよ!』 って、しゃがむ=ローン組んで借金してでもランク買えってことね。

(掲示板より抜粋)

 

 

意図的に借金を組ませたり。

根拠のないことを信じこませたり。

ぼくは、そうした人たちを信頼しません。

そして、信頼できない人たちから紹介されたネットワークビジネスを、ぼくは今すぐ辞めようと言い切ります。

 

まとめ

と言う感じで、ネットワークビジネスで脱サラがムリな理由でした。

ネットワークビジネスでの脱サラとは、あくまで夢物語での魚釣り。

人が辞めるわ、人を管理できないわ、人に全部説明して誘導しないといけないわで、仮に脱サラしても、100万円単位の借金を抱えた状態です。

 

ぼくだったらまずじぶんに出来るサービスを考えてから、そこに付加価値をつける手段を考えます。

そうした先に、脱サラの選択も生まれるものですから。

 

ではでは!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。