まえを向いてテンパろう!

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

上原さんに不倫の後ろめたさは無かったのか。防げたTENNさんの自死について

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170810155144p:plain

どうも、だちまえ(@dashchan8318)です。

そばにいながら苦しみに気付けないと言うのは、

人としてどうなのかと感じてしまいます。

www.news-postseven.com

ことの発端は、上原多香子さんの不倫が、夫のTENNさんの遺言で発覚したこと。

その不倫がいかにして発覚したのかは分かりませんが、LINEの内容はすさまじいものでした。

 

そして、思います。

TENNさんがこの世を去るきっかけも、防げたのでないかと。

 

夫婦だからこそ一緒にいたい。その気持ちを大切に

上原《トントン(不倫相手の阿部力さんの愛称)に会いたいよ。旦那さん、大事だけどそれ飛び越えてる。》

これは、上記記事より抜粋した、上原多香子さんと不倫相手の阿部力さんとのLINEの一言。

この一言、この想いが、TENNさんを追い込んだことはほぼ間違いないでしょう。

 

元SPEEDであり、俳優としても声明のある上原多香子さん。

そして、月4万円と言う収益で生活し、体の問題で子供を作れない体だったTENNさん。

 

そうした状況がお互いを引き裂き。

子供も作れ、俳優としても声明のある阿部力さんと上原さんとの不倫が始まった。

 

そうした話を聞いて、こう思いました。

 

愛って、そんなもんだったかと。

 

子供が作れない。

収入に差がある。

だから不倫しました。

そんな理不尽な言い訳が通用してはなりません。

 

誰かが苦しんでいるのが分かっているのに。

そうした合理的判断をするのって、

人が一番やってはいけないことではないでしょうか?

 

愛とは何か。

ぼくはぼくで、その言葉を胸に。

人を苦しみから救えるように、生き続けます。

 

TENNさん、ご冥福をお祈りいたします。

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。