マエタビ-人生マジメにズル休み!-

ローカルから始められる20代向けの起業の情報と、それに必要な習慣を、定期的にハゲが配信中。

MENU

幼稚園児が変態に目覚め、27年も変態性がぼくを生かしている

記事を書いた人:Dachimae あとで読む
f:id:dashchan8318:20170821083613j:plain

だちまえ(@dashchan8318)です。

ぼくの人生の1/4は「変態性」で埋まりきっていて、

そんな変態具合は幼稚園時代のとある事件から始まりました。

 

今思えば、その事件もかなりのパワハラでしたが。

その時目覚めた変態性が、いまだにぼくを

生かしていると思って書いた今回の記事。

 

変態だとか。

考え方変だとか。

いろいろ言われるかもしれませんが。

そう言う考え方もモラルさえ守れば、

あなたの最強の武器となるのです。

 

※今回の内容を絶対に外でやろうとは思いませんのでご安心ください!

 

ぼくは全裸体罰を経験して変態になった。が、そのおかげで生きている

その事件が起きたのは、この記事を書いている夏。

プール開きの時期。

 

詳しくは5歳当時の話で覚えていませんが。

たしかプールの中でイタズラしたか何かで。

全裸で中身丸見えの倉庫に閉じ込められたました。

下記、事件現場。(図は自作)

f:id:dashchan8318:20170821080957p:plain
(訂正:下のカガミと書いた部分は窓ガラスの間違いです。)

 

いまだになぜそんな状態になったか思いだせませんが、

  1. イタズラしたからプールから遠ざけようと思った保育士
  2. 濡れた海パンは良くないと、まず子供に脱がせた保育士
  3. 倉庫に閉じ込める前にバスタオルを持たせ忘れる保育士

とまあ、素晴らしい判断を下してくれた保育士が居たのです。

 

当然、画像の肌色の人影は全裸のぼく。

しかも、重い段ボールは全て部屋の奥に押し詰められ。

股間を隠すものが一切ありません。

 

その結果、プールの授業も終わり、

男の子:「うわ、あいつフル⚪ンだ!」

女の子:「うわー!はだかだー!」

と、男の子にも女の子にも見られながら。

 

ぼくは恥ずかしさに負けそうになりながらも、こう思ってました。

 

 

 

 

「こ、これ、ヤバいな…⤴」

と、合法的露出の緊張感を覚えてしまったアホウがここに1人。

(だって、一応ぼく全裸で閉じ込められた被害者ですし)

 

その後もまあアホなことをしでかしまして。

全裸のまま窓ガラスを20分ぐらいたたきまくり、

まさかの窓ガラスを素手で割り、

逃走してしまうという。

幸い園内で捕まえられたものの、

そのまま外へ逃走しなかった当時のぼく、グッジョブ。

 

これが本格的に覚醒するのは社会人になってからでしたが。

不幸中の幸い、そのころには「やってはダメなこと」もキチンと覚えていて。

これを外でやろうとは絶対思いません。

きちんとブログ更新したいので、つかまりたくありません。

 

 

変わった経験も見方を変えれば行動力になる

正直一つだけ厳しいことを言うなら、こういう「しつけ」は絶対あってはなりませんが。

ですが、過去に何があっても経験そのものは将来に生きるかも知れないことが重要で。

このような全裸経験をしていたおかげか、

  • 恥ずかしさをネタに出来るようになった
  • じぶんの武勇伝のひとつとして語れるようになった
  • 後で思い返し笑いするような「じぶんを笑わせるネタ」になった

などのことで、ぼくは27年間勇気をもって生きています。

 

たとえば今回のように、「幼稚園時代にこんな問題がありました」と経験することで、

  • 大人の「自称しつけ」の問題がよくわかる
  • 同じことを大人がしないように注意できる
  • じぶん自身のネタに出来る

と言うことが色々できるようになるのです。

 

だからこそ、過去の嫌な想いでも、見方を変えるだけで強い力となります。

 

人の思い出は全て、おのおのの遺産。

その遺産を良いものとするか、悪いものとするかで、

その人の生きる勇気にも変わるものなのです。

 

以上、じぶんの変態トークを良い話風にした内容でした。

 

ではでは!

※まえを向いてテンパろうは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。