マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

暇つぶしとは、70年以上続くカッコいい人生である

記事を書いた人:まえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20170828110300j:plain

だちまえ(@dashchan8318)です。

無職になってから、

ライター記事作ったり、

デザイン勉強したりと、

とにかく暇を埋めるような毎日が続いています。

 

もう完ぺきに、理想の「グータラ生活」からかけ離れていますが。

気付けば、わりと楽しんでいて。

何でかって、暇な時間が完全に消えたから。

 

ぼくはそんな体験から、

人生は大きな「暇つぶし」だからカッコいいと考え始めて。

この暇つぶしこそが、人生の面白さだと感じるようになりました。

 

人生とは「死ぬまで続く暇つぶし」

「暇つぶし」と言われると、

暇潰し(ひまつぶし)とは、時間的余裕が生じた際などに、本来要求されていない行為・作業などを実施することによって時間を消費する代替行為の一つ。

weblio辞書"暇つぶしとは"より引用

と、時間の余裕を埋めるためにする作業のようなものですが。

そんな「暇つぶし」の時ほど、人は脳みそをフル回転させています。

 

暇つぶしと一言で言っても、それは無限の宇宙。

限られた財産と時間の中で、

砂漠のひと砂をつかむがごとく、

数ある選択肢の中から「コレ!」と言うのを考えようとしているのです。

 

本当に思います。

超ハードルたけぇなおい。

 

例えば、会社のお仕事で、

「コレの回答、明日までに出しとけよー」 

って言われるサラリーマンも多いことでしょう。

その回答を考えるのって、かなり難しくありません?

 

だって、じぶんも他人も回答を知らない。

だからまずはじぶんで考えまくるしか無くて。

で、2時間3時間と考えまくって、

脳みそエンストしながら、

ようやく一つの答えにたどり着く。

そのくらいの難しさ。

 

そんな答えを求めようとするから、

暇つぶしカッコいい。

 

ついでによくよく考えると。

仕事だって「必要だから」と教えられているけれど。

結局「お金貰いつつ、何かして心を安らげたい」と、

多くのサラリーマンと暇つぶし感覚で仕事をし始める姿を何度もぼくは見てきました。

 

結局、誰だって、

動いている方が安心できるのです。

そう考えると、

いかにじぶんから動くか考え始めるのも「暇つぶし」ではないか?

そんな風に思うようになりました。

そんな暇つぶしが人生70年以上も続くわけで。

 

是非、皆さんも暇があることを悪いことだと思わずに。

暇をつぶすじぶんがカッコいいと思って、動き始めましょう!

暇を出来ることで埋め尽くすあなた、カッコいい!

 

と言うわけでぼくはぼくで、

ハガレンでも読んでからお仕事頑張ろうと思います。

やっぱり少年時代のワクワクを思い出すの、最高です!

ではでは!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。