マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

【超初心者向け】ブログ始める人が1年で結果を出せない落とし穴8選!

記事を書いた人:まえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20170915140254j:plain

 

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

久々にまともな記事をかけて嬉しくなっています。まえ(@dashchan8318)です!

今回の話は「どういう風にブログを書いていけば良いか」と言う話について。

 

たまにブログの相談を受けると、

テーマ無いけど色々書きたいです!そのほうが長続きするので!

f:id:dashchan8318:20170822230756p:plain
ブログ初心者

と言う人がいるけれど、この状態が3ヶ月以上続くとヤバい。

※毎月約15記事、3ヶ月で約50記事と更新したと考えて。

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

ブログは適当に書くと、半年後、1年後に後悔するよ~(汗)

ブログとは、長年の積み重ね。

本当に適当に書いていると、1年以上頑張っても結果出ないっす。

それどころか、ブログを書いていて苦しむ理由が8つも生まれます!

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

ブログは良いことも悪いことも「積み重ね」が原因!

ブログも楽しく書きたいなら、「楽しみ方」と言うのがあるのです。

ぼくはそれを知ってから、苦しまずに1年以上ブログを継続できるようになりました。

 

なら、「結果を少しでも出しながら楽しむ術」、知りたくないですか?

そんな内容を、今回はお送りします。

 

テキトーブログは1年経っても「あんた誰?」

適当な雑記ばかりする人は、何の人なのか何年たっても分からない。

これが、底辺ブログが人気を作れない最大の理由。

 

たとえばぼくの場合、ブログを始めてから、

  • ダイエット
  • オピニオン
  • アーケード
  • 恋愛系
  • マ〇チ注意喚起 などなど

なんてのを、この1年ほぼ毎日更新してきましたよと。

でも、1年経ったから気付くんです。

結局このブログの人って、何の専門家なの?

f:id:dashchan8318:20170822230756p:plain
読者

ブログがなぜ読まれるか。

それは、「専門性」を持っているから。

その専門性が、読まれるブログと読まれないブログの大きな差です。

 

結果を出した人と出せない人との違い

加えて、専門性を磨こうという人も多い。

 

たとえば最近ぼくもびっくりした「天津向さんが実は年間800万円稼いでました」な件。2008年頃に「あると思います!」で大ブレイクした「エロ詩吟」の方ですね。

一部有料パートもありますが、結構気付きが多くて読むと面白かったです。

cakes.mu

 

この方もおっしゃっているのは、

「じぶんが教科書になろう」

と言うこと。

(たぶん今は有料化された部分)

 

教科書が読まれるのは、そこに必要な情報が書いてあるから。

だから読む。だから買う。

ブログも同じで、ぼくが知る範囲でも、

(ここではあくまで、ぼくの持っている印象ですが)そう言う「パッと見」での独自性が強い。だから爆発的に読まれる。

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

テーマはマジで絞らないとダメ!

色々書いての雑記ブログも同じで。

なるべく近いテーマ3つくらいに絞って記事を書かないと、あとで「何の人?」と言われてもおかしくは無くて。

それどころか、テーマを決めずに1年以上続けると、後が大変なことになります。

 

テキトーブログが開始1年後に陥る落とし穴8選

まあいかんせん、このことに最近ようやくぼくも気付いた訳ですが。

いくら「継続が力なり」と言われても、

テキトーにやって結果なんぞ出せるわけが無いんです。

さて、そんな「方向性が無い状態」を1年間貫いたぼくが、その後悔を余すところなくお伝えしましょう。

 

1.1年経ってもファンが増えない

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

やっぱり専門性が無いとファンがつかないよね~

ぼくも一応1年以上頑張り続けているので、そうした努力を応援してくれる人はチラホラいます。

本当にありがたいことです。

 

しかし、先ほども語ったように。

ぼくらが目指すべきは「生きた教科書」。

なんの情報も無いチラシ、広告には、誰も興味を持たないのです。

 

2.検索キーワードを選ばなかったので「調べられない」

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

調べられるブログを作るならキーワード選定はキッチリと!

ここ最近は好き勝手気ままに書いている本ブログですが、一応この記事のように、ガッツリ書く時はタイトルからキッチリ書くようにしてます。

なぜか。じゃないと調べられないから。

 

適当に書いたコンテンツは数稼ぎの「パンくず記事」にしかなりません。

と言うことで、記事を書く時はバズ目的にせよ、検索目的にせよ、「記事を投稿した後の調べられ方」をキッチリ意識して書きましょう!

 

3.自分自身何のテーマを強めて良いか見えない

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

適当に書いていると何のテーマに専念していいか分からないよね…

テーマを色々取り扱う人の多くが、こういう風に語ります。

色々記事を書いて、ヒットしたテーマを中心に書いていきたい!

f:id:dashchan8318:20170822230756p:plain
ブログ初心者

ただこれだと、完全に後手に回ります。

なぜかって、そもそも興味のないテーマ、批判系のテーマが人気になったらどうするのって話。

批判系を書き続ければ、個人のマイナスイメージが強くなるし、興味のないテーマだとそもそも書いていて楽しくなくなる。

と言うことは、結局批判されるか長続きしないかでブログ自滅コースまっしぐら。

 

取り扱いテーマをじぶんで決め、まずはそのテーマで30記事くらい書いて、その専門性で売り出すほうが本来好ましいのです。

さもないとぼくのように、マ〇チ批判、ガッツリ食事などの読者からの変なイメージに振り回されるハメに…

 

4.意図していないイメージが定着する

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

テーマも決めずに書いていると、変なイメージが付いて回ります!

これはぼくがすごく反省していること。

  • マ〇チ批判
  • オピニオン
  • サラリーマンってどうなの系

これらを書きまくった結果、ブログ炎上は何回か起きたし、マイナスイメージはついて回るし、最終的に「マ〇チ批判の人」と言うイメージが強くなってしまう結果となりました。

マ〇チ批判専門家って、ぼく自身聞いてて楽しくない。

でも、そう言う記事を書きまくったからそうなったわけで。

 

ブログテーマを決めずに書きまくり、読者にイメージ決めを任せると。

あとで絶対変なイメージが定着します。

 

5.イメージ変更に時間が掛かる

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

一度決まったイメージって、なかなか取り返せません…

上で語った「変なイメージが定着する」の続きですが、良いイメージならとにかく、マイナスイメージは人の中から消えるまでに時間が掛かります。

そのイメージを取り払うために記事をたくさん書き直しても、検索結果や人の心にその意図が伝わり始めるのは、2ヵ月~6ヶ月くらい後。

はじめから良い印象を付けたいなら、はじめから意図したイメージを付けるよう動き回らないとまずいのです。

 

6.削除・内容変更依頼が来た時に対応できない

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

読まれる記事を捨てたくなくて、ケンカが起きる可能性だってあります

これは本当に起きたことで、先日マ〇チ批判の記事を法律事務所から削除するようにと、ガチで申請がありました。

そう言う記事を書いたぼくの責任なので、ブログが凍結、もしくは訴えられるよりかはマシかと記事を消し、ブログの日間PV数の2割を捨てるはめになりました。

 

読者にイメージの選定を任せると、こういうケンカの事態に対応できません。

ブログのイメージが定着しているなら、「他にも同じような記事を書いているんだろう」と他の記事も読まれ、ダメージは小さく済みますが。

ヒットしている記事に頼りっぱなしでは、その記事を守らんがためにケンカも起きてきます。

そんな小さなブロガーになるのは、いかがなものかと。

 

7.まとめ記事が作りづらい

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

当然、まとめ記事なんて適当に書いていたら作れない!

まとめ記事。

それは教科書の目次であり、受付窓のようなもの。

例えば、こちらのゆきひーさんのはてなブログ用コードまとめ記事のように、「ここさえ読めばカンペキ!」と言うまとめ記事を作れれば、もはや専門家としては万全。

しかし、適当に雑記したブログでは、まとめ記事すら作れません。

なんでかって、まとめる記事が足りないから。

当ブログで行ってきたはてなブログデザインカスタマイズまとめ! - Yukihy Life

 

ブログを書くなら、まとめ記事を作るために頑張ってみても良いでしょう。

そのために必要な記事を大量に作れるのですから。

 

8.最悪、ブログがあなたの悪評を広め始める

f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

こんな最悪ケースも実際に起こりうるのです!

ブログとは、記事を積み重ねてなんぼ。

つまり、過去に書いた記事もどんどん積み重ねられて。

その積み重ねた記事が、全部批判やオピニオンだったらどうしますか?

 

たぶん、そんなブログは読んでいてこうなります。

この人とブログ、気持ち悪い!

f:id:dashchan8318:20170822230756p:plain
読者

プラスなイメージを積み重ねるには、プラスな記事をたくさん作るのが当たり前。

と言うことは、プラスなテーマづくりを最初にしておくことがセオリーと言えるのです。

 

テキトーブログが結果を出せないのは「戦略が立てられない」から

なぜ適当に毎日更新したブログが人気を稼げないのか。

それは、「今も昔も戦略が立てられないから」。

昔は昔で読者のイメージ任せで書き続け、

今は今で色んな方面に手を出し過ぎたせいで、どの分野を攻めて良いのかかえって分からなくなっている。

 

ぼくが進んだ一年間と言うのはまさにそれで、今のところこんな感じです。

  • 独特なオピニオンのせいで炎上数回
  • マ〇チ批判の記事でブログの何割かが埋まっている
  • いまだにテーマが決まっていない

コレの何が困るかって、やっぱり最初に語った、

「1年間やってるのにあんた誰なの?」

に行きつくんですよね。

しかも、そのテーマを改めて定着させるのにまた半年もかかってしまう。

だから、最初の内からテーマを決めた記事をためていくことが大切で。

 

というわけで、ぼくはこの頃「暇」をテーマにした記事を更新するように心がけています。暇が大好きなので。

また、こうしたブログ記事も、コンサルなどに向けて書いている状況です。

時間が掛かるかもしれませんが、方向性ややりたいことをはっきりさせておくと、ブログの記事を書く時にテーマを決めやすくなります。

戦略を後々立てやすくするためにも、最初の内から方向性を持った記事づくりを心がけましょう!

 

まとめ:「どう読まれたいか」をイメージしながら記事を書こう!

やはり人生何事も、イメージが重要。

そんなイメージも「専門性」から来るのです。

 

ブログをやるうえでやってはいけないのが、

  • テーマを決めないこと
  • 多方面に手を出すこと
  • 目標もなく続けること

この3つ。この3つは後々「もう続けるの嫌だ!」と思わせるきっかけに繋がるので要注意。

 

そして、ブログを続ける上でやりたいのがこの3つ。

  • テーマを決め、それに沿って記事を作り続ける
  • プラスイメージに繋がる記事をブログにため続ける
  • どういう人物として知られたいかを常にイメージする

こういう考えを戦略と言い、戦略を持てればアフィリエイト、コンサル、その他じぶんから始めるサービス展開への大きな力となることでしょう。

 

  1. 「どうブログを読まれたいか」
  2. 「どういう教科書にじぶんがなりたいか」

この2点を抑えておくだけで、人気者になるまでの期間はグッと縮まりますよ!

 

なお、下記の本はその点の重要性を結構書いてるのでお勧めです。

時間があったら読んでみると良いですよ~

ではでは!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。