マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

応募した企業に5分で「帰ります」と伝えた話

記事を書いた人:まえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20171017120032j:plain
f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

絶賛就活中のまえ(@dashchan8318)です。

今回、訪問した企業に5分で「帰ります」と告げました。

 

これも好き嫌いの話なんですけれど、5分で帰ろうと思ったのはたぶんこれが初めてじゃないかなーと。

そんな出来事のいきさつを、今回まとめてみました。

 

最近バイト生活も「何か楽しくないなー」ってなり。

「そうだ。ライターとして勤められる企業探そう」と思って。

そんなわけで、企業探しに励むことに。

 

そんな中、応募した企業に「是非訪問しませんか?」と言われ。

そんなわけで心ウキウキして訪問してみたのですが。

 

こんな会話をしたんです。

 

前田さん、ライターされてるんですね!

f:id:dashchan8318:20170910092554p:plain
会社さん
f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

はい!御社がライターを募集されていると聞いて、応募しました!

そうなんですね!ではウチの説明をさせて頂きます!

ウチは情報商材の広告を作ってます!

f:id:dashchan8318:20170910092554p:plain
会社さん
f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

…へ?

 

 

えっと。

情報商材の広告作成メインです」って、何処にも企業概要に書いてなかったやんと。

そんなことを思ったんです。 

 

一応説明しとくと、情報商材って「FXとか不動産とかで成功する方法教えるから、ちょっと高いけど授業料支払ってね!」的なやつ。

 

先に言っておくと、ぼくは情報商材と言う言葉を聞くと元気がなくなる。

なんでかって?

そもそも情報商材って成功するかどうかは人次第だから。

そんな確証がない情報商材の内容を前向きに書くなんて、ぼくにゃ無理だ。

 

そうした点、ブログや動画配信などの情報発信はあくまで「じぶんの好きなことや商品情報の発信」に過ぎないので、最初こそメリットは生まれなくても損は無まれない。 

(だからと言ってぼくは教えることに向いてはいないけど)

だから好き。

 

そんなわけで、訪問した会社に「情報商材を取り扱っている」と言う話を聞いた瞬間、こう思った。

 

「帰ろう」と。

 

理由は単純。

じぶんに嘘をつくのはもうこりごりだから。

(あと、某youtuberしかり、仮に情報商材を取り扱えば、絶対どこかでネット住民にバレる時代だよなって思って)

 

「やりたくない」と言う心に嘘をついた瞬間、それはもう失敗でしかない。

それが分かっているからこそ、ぼくはせっかくの面談を蹴ってさっさと帰った。

 

もちろん、怪しい業界ほど人材不足で人手が求められるし。

楽にお金を稼げる手段になったかもしれない。

でも、好きになれないことのために頑張る理由は、ぼくには無い。

それだけは、言い切れます。

 

…と言うか、こういう情報商材との絡み、ホントーに無くしたいです(泣)

 

ではでは!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。