マエタビ-人生マジメにズル休み!-

20代なぼくの暇つぶしから笑いを作れるような記事を配信しています。

MENU

続けることが楽しくなった日。月3万PV行けるぜコレ!

記事を書いた人:まえ あとで読む
f:id:dashchan8318:20171029131541p:plain
f:id:dashchan8318:20170303191812j:plain
まえ

まえ(@dashchan8318)です。

伊達に毎日更新してはいません。

 

いやー、最近ブログの閲覧数が落ち込んだなと思ったら。

1日約800pvが昨日1,400pvまで急上昇。

元々読まれてた記事が、急きょ検索ランクアップしたのが原因だったみたいで。

この記事を書いているこの最中も、うなぎ上りを続けてます。はい。

 

だからと言って、収益に繋がってるわけでは無いけれど、何かしらの結果に繋がる足がかりではある。

そんなブログを続けて良かったなぁって感じるこの頃です。

 

「適切な努力」は必ず実を結ぶ

確かに努力は重要。

しかし、その努力には善し悪しがあって。

 

例えばブログで言うところだと。

良い努力は、SEOや世間情勢の調査をした上で、求める記事を書くこと。(と言うか、成功者の基礎を守ること)

悪い努力は、人の倫理観に触れまくったり、反感をあおって人気になろうと書くこと。

ぼくも両方やってみて、ようやくそれぞれの違いが分かるようになってきました。

 

そんでもって、やっぱり良い努力も悪い努力も、結果は分かりやすいものです。

良い努力は、似たような情報を求める相手に頼られて。

悪い努力は、相手の反感を買うか、興味を持たれなくなる訳で。

 

別に「全世界に嫌われる人間差別ブロガー」を目指そうなら、それはそれでもいいと思うんです。

でも、それだとファンも、友人も、何も作れない。

じぶんの身勝手で終わってしまう。

少なくとも、ぼくは他人を不快にするだけで終わる何かが嫌でした。

 

そんなわけで、もっと人が必要とする情報を探して伝えることに努めよう。

そんな結果が、1日1,000pvに閲覧数を持って行ってくれたような気がします。

 

ここまで来るのに、1年半。

しかし、必要な期間だったと考えるなら、残りの20年30年以上も続く生涯が楽しくなってくるものです。

 

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

そんな言葉をつづりたかっただけの、暇つぶし記事でした。

 

※本当は、また何も書くことが無かっただけです。

 

では!

※マエタビは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設置されたアフェリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。